レーザー脱毛でやけど?腫れや赤みは大丈夫?



フラッシュ脱毛よりも脱毛効果・脱毛効率が高いと言われるレーザー脱毛、検討中という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

エステや脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛と違い、医療用レーザーは永久脱毛が可能、医師による診察を受けながら施術を続けることができるといったメリットがあります。

しかし、どんな脱毛方法も万能ではなく、何かしらのデメリットや懸念される点が存在します。今回は、レーザー脱毛でみられるやけどや赤み、腫れなどについて考えていきたいと思います。


レーザー脱毛で火傷・・・その原因は?



医療用レーザー脱毛は、稀に火傷ができる場合があります。この点については、カウンセリング時に医師から必ず説明がありますが、ここで一度要点を再確認しておきましょう。

レーザー脱毛で火傷が発生する原因

レーザー脱毛は、体毛の黒色・茶色の色素(メラニン色素)に反応する波長レーザーを照射して施術を行います。

このレーザーは、体毛内のメラニン色素と反応して熱エネルギーを発生させるのですが、この熱によって体毛の発生と成長を司る毛根の組織(毛母細胞)を破壊することで脱毛を実現させています。


医療用レーザーのこの仕組みをみていただけば分かる通り、医療用レーザーを受けた後は、皮膚や毛穴が軽い炎症を起こした状態となります。正常な施術であれば、この火傷はごく軽度なもので、日焼けの時にヒリヒリするのに近い痛みが感じられる程度のものです。

しかし、何かしらの理由で正常な施術・脱毛が行われなかった場合、想定外の高温が生じてしまい、皮膚や毛穴に火傷を負ってしまう場合があるのです。

医療用レーザーで火傷が発生しやすい状況とは?

医療用レーザー脱毛で火傷が起きるのは稀だとされていますが、実は火傷が発生しやすい状況や条件が存在ます。


1.硬い体毛を脱毛する場合

アンダーヘアやワキのムダ毛、ヒゲなどの硬く太い体毛を脱毛するためには、他の部位の柔らかいムダ毛と比べ、レーザーの出力を上げる必要があります。この時、出力を上げすぎると火傷が生じる危険性があります。

また、濃く太い体毛にはメラニン色素が多いため、レーザーの波長が強く作用してしまい、想定以上の熱を発生させるケースもみられます。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛で気になるデリケートゾーンの悩み!

2.日焼けしている場合

日焼けした肌にはメラニン色素が通常時よりも多く生成されているため、よりレーザー光の波長に反応しやすく、熱を帯びやすい状態にあります。この時、レーザー脱毛を行ってしまうと通常時よりも肌が炎症を起こしやすくなり、場合によっては火傷を負ってしまいます。

このため、医療レーザー脱毛の施術を受けている期間は、しっかりと紫外線対策、日焼け対策を行うよう指導されます。


3.体質、肌質が脱毛に向かない場合

医療用レーザーの施術では、肌トラブルのリスクを回避するため、冷却装置を使用して炎症を抑える、痛みの軽減を行うといった対策を実施しています。

しかし、元々メラニン色素の多い体質の方(いわゆる地黒の方)や、アトピーなど肌が弱い方、ケロイド体質の方などの場合は、どうしても火傷のリスクが高くなってしまいます。

体質や肌質的にレーザー脱毛が向かない場合は、その他の代替施術を提案されたり、最悪脱毛自体を断られてしまう可能性もあります。


火傷を負ったらどうれば良い?


なにはさておき、医師の診療を受ける

医療用レーザーで脱毛した後は、正常な場合でも皮膚が軽い炎症を起こし、2~3時間痛みや違和感、熱などを感じます。これ自体は脱毛施術の正しい反応と言えるものです。

しかし、

・明らかに炎症が起きている
・2~3時間経っても痛みや赤みが引かない
・水ぶくれができてしまった

などの症状や反応が見られた場合は、速やかに医師による診察を受けることが大切です。炎症や軽い火傷であれば、早急に適切な対応を行うことで、短期間治療で肌状態を改善することができます。


しかし、対処が後手後手に回ってしまうと、治療に長い時間がかかってしまうだけでなく、火傷の跡がのこる、色素沈着やシミができてしまうなど、深刻な肌トラブルがでてしまう可能性があります。

レーザー脱毛後にやけどの症状がみられたら、市販薬に頼る前に、まず医師に連絡し指示を仰ぎましょう。

<関連記事>
Vライン脱毛でありがちな悩みにお答えします!

通院費や施術代の返金について確認する

レーザー脱毛によって火傷を負い、そのことで治療や通院が必要となった場合、その治療費や脱毛施術の返金・補償について確認することも大切です。

レーザー脱毛で、やけどをはじめとした皮膚トラブルが出た場合の費用負担や補償については、契約書の該当条項を確認してみて下さい。


返金や補償については、契約内容に沿って請求や申請を行っていくことになりますが、補償に関して不明な点があった場合や疑問が生じた場合は、それを放っておくのではなく、逐一確認することが大切です。

万が一、費用補償や返金について誠実な対応が得られない、納得いく補償が行われないといった場合は、法律のプロである弁護士に相談されることをおすすめします。

<関連記事>
全身脱毛を契約する際の注意点!

脱毛の火傷に対して、施術費用の全額返還と慰謝料を含めた百数十万の損害賠償が認められた裁判例がありますが、この結果は弁護士がついていればこそです。

医療事故の慰謝料請求は非常に難しいとされていますので、「自力でどうにかしよう!」という考えは捨てた方が良いでしょう。


腫れや赤みにも要注意!



「やけどほど重篤な症状ではないけれど、腫れや赤みがでてしまった」そういった場合も、症状を甘く見ず、適切な処置を行うことが大切です。軽いからと入って放置してしまうと、乾燥肌を引き起こしたり、色素沈着やシミ、しわの原因となったりすることがあります。

施術後に腫れや赤みが出てきた場合は、まず保冷剤などで肌を冷やすことが大切です。こうすることで、皮膚に負った熱ダメージを軽減し、肌ダメージを軽減することができます。


また、赤みや腫れがでている肌は熱がこもり、肌が乾燥しやすい状態にあります。肌を冷やしたあとは速やかにローションなどで水分を補給し、乳液やクリームを塗って保湿するようにしましょう。保湿を行うと肌表面のバリア機能が回復し、赤みなどが引きやすくなります。

ただ、赤みや腫れは火傷の初期症状である可能性も少なくありません。できれば早い段階で医師の診察を受け、処置について指導を受けることをおすすめします。

    < まとめ >

  • レーザー脱毛は高温を発生させる施術のため、稀に火傷を起こす場合がある
  • 硬く濃い体毛をレーザー脱毛すると想定以上の熱が生じ、火傷になる場合がある
  • メラニン色素が多い体質の方やアトピーの方は火傷のリスクが高くなる
  • レーザー脱毛に日焼けは厳禁
  • やけどや炎症などが見られた場合、速やかに医師に相談することが大切



全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
シースリー
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円