産毛に効果的な脱毛法は?



ムダ毛の処理をするとき、真っ先にやっつけたい!と思うのは太くて濃い体毛ですよね。ワキや脚、腕のムダ毛はぱっと見とても目立つので、処理の優先度は高めです。

しかし、太く濃いムダ毛に気をとられて、顔や背中、腰などのうぶ毛の処理の手を抜いてしまうと、思いがけない時に目を引いてしまって大失敗!といった事態に陥る場合があります。

気になる人と急接近したり、急に背中の開いたドレスを着なくてはならなくなったりした時に、産毛がビッシリ生えていては色々と台無しです。そこで今回は日頃から気をつけたい産毛の処理について考えてみたいと思います。


産毛とは?



産毛(うぶげ)とは、その言葉の示す通り、生まれたばかりの赤ちゃんに生えている薄い体毛のことを指します。転じて、一般的には人の顔や首筋などに生えている、とても薄く柔らかい体毛を意味します。

産毛の量や濃さ、長さなどは個人差がありますが、手足やワキ、アンダーラインなどに生えるムダ毛と比較すると、色素がとても薄く、太さも細くて頼りない印象を与える体毛となっています。

ですが、その頼りなく儚げな印象とは異なり、産毛の処理や脱毛には厄介な点が多いという特徴があります。


産毛は脱毛施術でもなかなか抜けない?



エステやクリニックなどで脱毛を完了した方であっても、腕などをよく見ると、産毛がふんわり残っている場合がよくあります。

足や腕の産毛は目立ちませんし、手触りがザラザラするということはないため、多少残っていても差ほど問題はありません。しかし、産毛よりも濃く太いムダ毛がしっかり脱毛できているのに、細く薄い産毛だけが残っているというのは不思議ですよね。

脱毛が終わっても産毛が残る原因は、実はその色素の薄さにあります。

<関連記事>
Vライン脱毛でV全体の毛を薄くすることはできる?

エステなどで行われているフラッシュ脱毛や、医療機関で実施されているレーザー脱毛は、体毛のメラニン色素に反応する特殊な光を照射して、高熱を発生させて毛母細胞を破壊するという仕組みになっています。

つまり、色素がとても薄い産毛に対しては十分な効果が得られない可能性が高いのです。見た目は薄く、触った感じも頼りない産毛ですが、脱毛に対してはとても強い存在なんですね。

そのため、脱毛施術が完了した後も産毛は残っているケースが多く、目立たないことから特に追加の処理をしない方が多いのです。


とはいえ、顔や背中、腰周りや胸などの産毛は、できるだけ処理したい存在です。特に顔の産毛は、処理することで顔色がよく見える、肌がキレイに見える、メイクのノリが良くなるなど様々なメリットが得られるため、できることなら脱毛をしたい!と考える方も多い傾向にあります。

では、フラッシュ脱毛や医療用レーザーでの処理が難しい産毛を、キレイに脱毛するにはどうすれば良いのでしょうか?

産毛に効果的な脱毛方法・回数は?



先にご紹介した通り、産毛にはメラニン色素が少ないため、エステやサロンで主流の光脱毛や、医療機関で受けることができる医療用レーザー脱毛は効果が低いとされています。

光脱毛やレーザー脱毛で産毛脱毛の効果が実感できる目安は、以下の通りです。

・光脱毛の場合
3回目から効果を実感する方が多く、完了するまで10回程度の施術が必要。自己処理が楽になるのは6回目以降という声が目立つ

・医療用レーザーの場合
1~2回目から効果を実感する方が多く、完了まで8~10回程度の施術が必要。自己処理が楽になるのは3~5回程度という声が目立つ

これらの回数はあくまで目安ですが、産毛脱毛の場合、光脱毛と医療用レーザーは脱毛が完了するまでの期間などに大きな差がないようです。

脱毛が完了するまでに必要となる費用を考えると、エステ脱毛の方がメリットがあるという考え方もあります。しかし、産毛を永久脱毛したい、ツルツルな肌の状態を保ちたいという気持ちが強い場合は、医療用レーザーでも光脱毛でも少々力不足というのが実情です。

<関連記事>
全身脱毛するなら脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?


色素が薄い産毛は脱毛できないの?



光脱毛やレーザー脱毛では色素の薄い産毛をしっかり脱毛するのは難しいというのが現実です。

しかし、色素の濃さに影響されないニードル脱毛(電気針脱毛)であれば、産毛も脱毛可能です。ニードル脱毛は、毛穴に細いハリを挿入してごく短時間電流を流し、毛穴の奥の毛母細胞を破壊するという脱毛法です。

そのため、色素の少ない産毛や白髪でもしっかりと脱毛することが可能です。顔や背中の産毛にお悩みの方は、ニードル脱毛を検討するのも一つの手です。


<関連記事>
Iライン脱毛についてもっと知りたい!

産毛の脱毛リスク、硬毛化とは?

産毛の脱毛で気をつけたいのが、硬毛化です。硬毛化とはその名の通り、細い毛が硬く太くなってしまう症状のことで、産毛をレーザ脱毛・光脱毛した時に見られるケースがあります。

特に首回りや肩口、二の腕や腰周りなどの産毛は硬毛化が起こりやすいので要注意です。硬毛化が起こると、脱毛処理に時間がかかったり、施術が完了するまでの期間が長引いたりしてしまいます。

ニードル脱毛の場合はこの硬毛化が起こるリスクが低いため、心配な方は脱毛を始める前に、レーザー・ニードル療法に明るい皮膚科医などに相談しておくと良いでしょう。

    < まとめ >

  • 産毛は細く色素が薄いがゆえに脱毛が難しい
  • 光脱毛やレーザー脱毛は産毛処理には向かない
  • 産毛をしっかり脱毛したい時はニードル脱毛を検討しよう!
  • 光脱毛やレーザー脱毛で産毛を処理した場合、硬毛化が起こることがある


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
シースリー
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円