【全身脱毛のデメリット】女性ホルモンのバランスが乱れるって本当?

全身脱毛,ホルモンバランス

最近は耳にすることが少なくなりましたが、以前は「全身脱毛を受けるとホルモンバランスが崩れてしまう」といった噂が、まことしやかに流れていました。

このちょっと怖い噂の出所はハッキリと分かっていませんが、なにかのきっかけでこの噂を知った女性の中には、全身脱毛を受けることにためらいや不安を感じる方もいらっしゃるようです。


そこで今回は、全身脱毛をすると本当にホルモンバランスが崩れるのか?という点について考えていきたいと思います。



なぜホルモンバランスが崩れるという噂が立ったの?

ムダ毛,ホルモンバランス

全身脱毛を受けるとホルモンバランスが崩れるという噂の発生源はハッキリしていません。

なにか元となる話があり、それが広く伝わっていくうちに間違ったものへと変化したのではないかと考えられます。

男性ホルモンとムダ毛の関係は?

女性でも生活習慣の乱れやストレスなどが原因で男性ホルモンの分泌量が異常に増える場合がありますが、この時あごや鼻下の部分に濃く太い体毛が生えてくることがあります。

また、男性の薄毛の原因として男性ホルモンの過剰分泌が挙げられることもあり、男性ホルモンのバランスと体毛の状態に密接な関係があることは、今や常識とも言えるものです。


これらの話が混ざってしまい、「体毛が減る→男性ホルモンが増える→女性ホルモンが減少してホルモンバランスが崩れる」といった誤解が広まったのかもしれません。

それが「全身脱毛をすると(体毛が減るので)ホルモンバランスが崩れる」と飛躍したのでしょう。


確かに、女性ホルモンや男性ホルモンの分泌量やバランスによって、全身の体毛の濃さや太さが変化することはあります。

しかし、すでに生えている全身の体毛を脱毛したからといって、ホルモンバランスが乱れることはないので、安心して下さい。

<関連記事>:【全身脱毛の注意点】各サロンのキャンセル料はいくら?

部位ごとのムダ毛の種類とホルモンの関係性

体毛と関係が深い男性ホルモンと女性ホルモンは、その名の通り「女性らしさ」「男性らしさ」といった身体的特徴を形成する物質として知られます。

勿論、男性ホルモン・女性ホルモンという名前はついていますが、どちらも男女共にそれぞれ分泌されるものです。


なお、女性ホルモン・男性ホルモンをまとめた総称として、性ホルモンという呼び方もあります。

実は全身の体毛は以下のような3種類に大別され、それぞれ対応する性ホルモンが異なるとされています。

  • 無性毛(まゆげ、まつげ、手足に生える毛、髪の毛など)
    性ホルモンがほとんど関係しないと考えられる体毛
  • 両性毛(わき毛、VIOラインなどのアンダーヘアなど)
    濃さや太さに性ホルモンが関係している体毛
  • 男性毛(ひげ、胸毛、腹毛、背中の毛、耳毛など)
    発毛に男性ホルモンが関係している体毛


このように、各部位に生えている体毛は性ホルモンの影響を受けるもの・特に受けないものがあり、さらに男性ホルモンと関係が深いもの・深くないものなども存在します。

男性ホルモンの分泌が過剰となると、無性毛であっても濃くなったり太くなったりするとも言われています。


しかし「ホルモンバランスが崩れる→全身の体毛が濃く太くなる」ことはあっても、逆に「全身の体毛を脱毛処理する→ホルモンバランスが崩れる」といったことは有り得ませんので、まずは安心して下さいね。

<関連記事>:セルフ脱毛サロンってどうなの?


全身脱毛の機器による悪影響はないの?

全身の体毛を除去することでホルモンバランスが崩れることはない、このことはご理解いただけたと思います。

しかし、ここで「全身脱毛で使用する業務用脱毛器や医療用機器による悪影響はないの?」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

脱毛の施術は本当に安全?

エステで主流となっている光脱毛は、刺激が少なく比較的安全だと言われています。

とはいえ、施術後の入浴や運動を控えるよう指導されることからも分かる通り、身体や皮膚にそれなりの負担を与えてしまいます。


医療用レーザーであれば、施術の効果が高いだけに、刺激や負担もより大きくなりがちです。

そういった負担のある全身脱毛の施術を重ねていくことで、ホルモンバランスが崩れていってしまうのでは?と不安に思うのも当然のことかもしれませんね。


しかし、この点についてもホルモンバランスを崩すとは考えにくいので、安心して施術を受けて大丈夫です。

光脱毛・レーザー脱毛の仕組み

光脱毛やレーザー脱毛は、特殊な光の波長とムダ毛の中にあるメラニンを作用させて体毛を処理します。

光脱毛・医療用レーザー脱毛のメカニズムをもう少し詳しく説明してみましょう。

    1.特殊な光の波長を体毛内のメラニン色素に反応させ、体毛の中に熱を発生させる。

    2.光やレーザーの照射によって発生した熱が体毛の毛根に伝わり、毛の製造工場ともいえる「毛母細胞」を破壊する。

    3.毛母細胞が破壊されることによって、すでに生えている体毛は抜け落ち、次に毛が生えにくい状態となる。


このように、光脱毛やレーザー脱毛は特に体毛と毛根内の毛母細胞に働きかけるという特徴を持ちます。

逆をいえば、ホルモンの分泌や運搬に関わるリンパ節や血管などには作用しないため、ホルモンバランスを崩す原因にはなり得ない、ということになります。


実は反対に、光脱毛の仕組みは美顔器でも採用されている物でもあります。

全身脱毛を続けることで肌の中のコラーゲンの生成量が上がったり、肌のきめが整う、美白効果が得られるなどの嬉しい効果もあるのです。


光脱毛やレーザーの機器を使用することによって、ホルモンバランスが崩れる・乱れるといった症例の報告や研究結果も見られませんので、この点についても問題はないと言えるでしょう。


脱毛で毛が濃くなるのはホルモンバランスの崩れが原因?

脱毛,毛が濃くなる

エステや脱毛サロン、クリニックなどで全身脱毛を受けた方の中には「脱毛したのに毛が濃く太くなった」といった症状に悩まされる方が稀にいらっしゃいます。

これらの症例から「全身脱毛でホルモンバランスが崩れて、体毛が濃くなってしまったのでは?」という考えも浮かぶかもしれませんね。


実はこういった症状は「硬毛化・増毛化」と呼ばれるもので、脱毛リスクの一つとされています。

詳しく見ていきましょう。

硬毛化・増毛化とは?

硬毛化・増毛化という症状は、産毛など薄く柔らかな毛が生える部位で起こることが多く、発生する原因は残念ながらなだ解明されていません。

この症状の原因は施術の際に皮膚や毛穴が受ける刺激によるものだと考えられており、ホルモンバランスの崩れとは関係ないとされています。


事実、硬毛化や増毛化が見られる部位に対して、引き続き適切な方法で施術を繰り返すことで脱毛を完了することが多いとされています。

ホルモンバランスの乱れによるものであれば、施術を重ねて症状が改善されるとは考えにくいですよね。


いずれにしても、全身脱毛を受けているにも関わらず体毛が濃くなる・太くなるという事実は問題であることにかわりありません。

硬毛化や増毛化が見られた際には、施術を受けているサロンやエステ、クリニックに相談し、その後の施術内容や対処法について詳しい説明を受けることをおすすめします。

<関連記事>:脱毛のことを彼氏に相談すべき?反対されない?

そもそもホルモンバランスの乱れの原因とは?

全身脱毛とホルモンバランスの乱れについて考えてきましたが、ここで一度理解を深めるためにも「ホルモンバランスの乱れがおきる原因」についておさらいをしてみましょう。

女性の美容と健康を考える場合、ホルモンバランスの乱れ=女性ホルモンの乱れとするのが一般的です。


というのも、女性ホルモンの分泌はとても繊細で、些細なことでバランスを崩してしまいがちだからです。

この女性ホルモンの分泌を乱す原因には、以下のようなものが挙げられます。

  • 過度のストレス
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 疲労の蓄積
  • 極端なダイエット
  • 飲酒、喫煙

全身脱毛で採用されている光脱毛やレーザー脱毛は、それ自体のメカニズムがホルモンに悪影響を与えるものではありません。

しかし、サロンでスタッフとの折り合いが悪いなどといった問題があれば、ストレスが溜まってしまいホルモンバランスが崩れてしまう要因になるケースもあるかもしれませんね。


そんな事態に陥らないためにも、サロン選びは慎重に行う必要があります。

脱毛サロンやクリニックを選ぶ場合は、必ず無料カウンセリングなどを受け、通いやすさや店内の雰囲気、スタッフとの相性などをしっかり確認しましょう。


せっかく肌をキレイに見せるための脱毛なのに、事前の相談を怠って肌トラブルを起こしてしまっては意味がありません。

不安なことはそのままにせず、スタッフの方に質問して、しっかり納得をした状態で脱毛をはじめてくださいね。

    <この記事のまとめ>

  • 全身脱毛はホルモンバランスを崩す原因とはならない
  • サロンやクリニックなどで使用される機器は、リンパや血管に作用しない
  • ホルモンバランスはストレスによって簡単に乱れる
  • お店やクリニックを選ぶ場合は通いやすさやお店の雰囲気、スタッフとの相性などを重視する

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング