脇の黒ずみはこうして治すのが正解!黒ずむ原因と正しい対策



小まめにワキのお手入れをしているのに、黒ずみが気になってノースリーブなどを着ることができない、そんなお悩みを持つ女性も多いようです。

せっかくムダ毛処理を行っているのに、堂々と腕を上げることができなかったり、おしゃれを楽しめないというのは悲しいですよね。


今回はワキの悩み解消を目指し、黒ずみができる理由や改善方法を再確認してみましょう。


ワキの黒ずみができる理由

肌に黒ずみができる原因は、大きく2つに大別できます。一つは皮脂や角質汚れが毛穴に詰まること、もう一つはメラニン色素の沈着です。

黒ずみの原因1 皮脂や角質汚れの詰まり



ワキの黒ずみを手で触った時、ザラザラとした感触があることがあります。この場合、黒ずみの原因は皮脂や古い角質が毛穴に詰まってできる「角栓」である可能性大です。

角栓というと小鼻にできるものというイメージが強いですが、ワキやVIOラインなどにも見られることも少なくありません。


この角栓を構成するのは約70%の古い角質と皮脂、汚れなどとなっており、肌の表面に出ている先端が酸化すると黒く変色します。これが黒ずみを引き起こしているんですね。

角栓が原因の黒ずみの場合、角質を適切な方法で除去することで改善を期待できます。

黒ずみの原因2 メラニン色素の沈着

メラニン色素は「肌を黒くする色素」「シミや色素沈着の原因」というイメージが強く、とかく女性に敵視されがちです。

しかし、メラニン色素は肌を紫外線や外部刺激から守るという大切な役割をになっており、肌が防御を必要とする際に多く生成される色素です。実は、ワキの黒ずみはこの肌の防御作用によって引き起こされることが多いのです。


女性はカミソリや毛抜きを使ってワキの自己処理をすることが多いですが、この際、ワキの薄く敏感な肌や毛穴は多大なダメージを受けます。この時、肌の防衛機能が働き、皮膚を守るために多量のメラニンが生成されます。

通常、メラニン色素はその役割を終えると肌の代謝によって排出されるのですが、頻繁な自己処理によってダメージが蓄積したり、肌のターンオーバーが崩れたりすると、メラニンが正しく排出されなくなり色素沈着を起こしてしまうのです。


【保存版!】ワキの黒ずみを改善する方法・対策!

ワキの黒ずみの原因が分かれば、その対策も立てやすくなります。次に黒ずみを改善する具体的な方法をご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

改善策1 蒸しタオルやピーリング剤を使ったケア



角栓の酸化が原因の黒ずみの場合は、お肌に傷をつけないよう注意を払いながら角栓を取り除くことが重要となります。角栓はそのほとんどがタンパク質でできているため、クレンジング剤や洗顔料では上手に取り除けないという問題があります。

そのため、穏やかな作用でタンパク質系の汚れを取り除くことができるピーリング剤を使用し、やさしく角栓を取り除くことが必要となります(ピーリングケア)


この時、蒸しタオルなどをワキに当てて毛穴を開いておくと、角栓が取れやすくなります。蒸しタオルはレンジでチンしたもので十分ですので、ぜひお手入れに取り入れてみて下さいね。

ワキ黒ずみの解消・予防のためのピーリングは、週に1回程度を目安に行うと効果的です。1度のケアで黒ずみを解消することは難しいですが、地道に取り組むことで黒ずみが減っていくのを実感できることでしょう。


なお、ピーリング後は肌が乾燥しやすい状態になっていますので、化粧水やクリームなどで保湿することが重要です。肌を乾燥させたまま放置してしまうと、かえって角質が毛穴に詰まりやすくなりますので注意が必要です。

Q.ピーリングには重曹が良いって本当?

重曹は料理や掃除など、様々な活用法があるため、自宅に常備しているという方も多いのではないでしょうか。ネットでは、脇の黒ずみには重曹を使ったピーリングが効果的だと騒がれています。

重曹は、水に溶かすと弱アルカリ性に変わるため、古い角質や皮脂などの汚れを除去するピーリング作用を期待できます。


料理に用いられるほどですから体への安全性は高いと言えますが、重曹は粒子が荒く研磨力が強いため、摩擦による肌への刺激は大きいものがあります。

水と重曹を混ぜて作ったパックや、重曹を加えて泡立てた石鹸で脇の下を洗うなど、重曹を使ったピーリングを実践している方も多いと思いますが、肌への影響を考えるならば、専用のピーリング剤を使用することをお勧め致します。


改善策2 カミソリや毛抜きを使った自己処理を控える



ワキに色素沈着が起きる大きな原因は、カミソリや毛抜きを使った自己処理による肌ダメージです。

そのため、色素沈着からくるワキの黒ずみを解消するためには、自己処理の頻度を減らし、できてしまった黒ずみを改善することが重要になります。


対策としては、自己処理後前後に化粧水やクリームなどでしっかりと肌を保湿してバリアを張っておく、日頃から美白化粧水などを用いたワキの美白ケアを行うといったものが挙げられます。

また、衣類による摩擦などによってメラノサイトが刺激され、メラニン色素が生成されることもありますので、なるべくワキを締め付けない服や下着を選択することも大切です。


また、デオドラント剤による刺激で黒ずみができるケースもありますので、制汗剤の使いすぎなどにも気をつけましょう。

改善策3 脱毛をする



ワキの色素沈着を起こす最大の原因は自己処理による肌ダメージの蓄積です。そのため、自己処理の回数を大きく減らすことができる脱毛は、かなり有効な黒ずみ対策となります。

特に脱毛サロンで主流となっている光脱毛は、肌へのダメージや刺激が少ないため、黒ずみの心配をすることなく安心して施術を受けられるというメリットがあるのでおすすめです。

サロンで使用される脱毛マシンの中には、毛穴の黒ずみに効果を発揮するものもありますので、カウンセリング時に確認しておくと良いでしょう。

    < まとめ >

  • ワキの黒ずみの原因は色素沈着と角栓の酸化の2つが挙げられる
  • 角栓が原因の黒ずみにはピーリングや保湿ケアが有効
  • 色素沈着が原因の黒ずみには、美白化粧品などを使った美白ケアが効果的・色素沈着を起こす大きな要因は自己処理の肌ダメージにあるため、脱毛も黒ずみ対策になる

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
シースリー
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円