埋没毛の治し方は?脱毛はできる?

埋没毛の治し方は?脱毛はできる?

ムダ毛のないスベスベの肌を保つために、こまめにムダ毛の自己処理をしているという人も多いでしょう。

しかし、自己処理することで「埋没毛(埋もれ毛)」というトラブルを引き起こしてしまう場合があります。


埋没毛ができてしまうと、肌が黒ずんで見える上に、肌の滑らかさも失われてしまいます。

スベスベの美肌を保つために行なったムダ毛の自己処理が、かえって肌に悪影響を及ぼすのですね。


では、埋没毛はどのようにすれば治すことができるのでしょうか。

埋没毛の基礎知識をふまえて、できてしまった埋没毛の対処法をチェックしていきましょう。


埋没毛ができる原因は?



ムダ毛の自己処理は、埋没毛が発生する原因の1つです。しかし、そもそも埋没毛とはどのような状態を指すのでしょうか。

埋没毛になりやすい自己処理の方法や、埋没毛による肌トラブルも併せて確認していきましょう。

埋没毛ってどんな状態?

埋没毛とは、本来であれば皮膚の外に出る毛が、何らかの原因によって皮膚の内側に潜り込んでしまった状態を指しています。

埋没毛ができやすいのは、腕や脚などのムダ毛を自己処理する回数が多い場所や、ワキ、デリケートゾーンなど、毛が生える方向がバラバラの場所です。


埋没毛ができると、その部分が黒ずんで見えたり、肌がブツブツになったりします。

肌のターンオーバーによって古い皮膚が押し出されると、毛穴が開いて埋没毛も外に出ることができますが、部位によってはターンオーバーが遅く、中々改善しないこともあります。

埋没毛の原因!こんな毛の処理はNG

ムダ毛を自分で処理する方法には、カミソリや毛抜き、除毛クリームなどがあります。

どの方法も埋没毛を引き起こす原因となり得ますので、細心の注意を払いましょう。


たとえば、カミソリによる「逆剃り」や「深剃り」は、肌の表面にある角質層を傷つけてしまいます。

シェービングローションなどを使わずに剃ったり、除毛クリームで肌を強くこすると、肌に思わぬ負担が掛かりますし、毛抜きでは毛穴が必要以上に開いてしまいます。


このように、不適切なムダ毛処理で皮膚や毛穴にダメージが蓄積されていくと、肌が徐々に角質化していき、毛穴が塞がるようになります。

毛穴が塞がると、毛は行き場を失って皮膚の内部に潜り込んでいき、埋没毛になるのです。


埋没毛ができると、自分で抜いてしまいたくなりますが、無理矢理抜くと毛穴や肌にさらなるダメージを与えることになります。

その結果、さらに埋没毛ができやすくなるので、埋没毛ができても無理に自己処理しないようにすることが大切です。

<関連記事>:【要注意!】ハイジニーナ脱毛、自己処理に伴うリスクや注意点は?

埋没毛が原因で起こる肌トラブルとは?

炎症などを併発していない埋没毛は、肌のターンオーバーとともに解消します。

しかし、ムダ毛の自己処理などで肌を傷つけ、その傷から細菌が入ってしまうと、皮膚の内部で「毛嚢(のう)炎」という炎症が起こります。


毛嚢炎が長引くと、黒い色素が肌に残る「色素沈着」が起こる場合もあります。

毛嚢炎などの炎症や色素沈着を防ぐには、肌を清潔にすることが大切です。

もし炎症が起きてしまったら、速やかに皮膚科を受診し、医師の指示を仰ぎましょう。


埋もれ毛の治し方は?



ムダ毛の自己処理によってできた埋没毛は、毛嚢炎や色素沈着を防ぐためにも、できるだけ早めに治したいですね。

では、埋もれ毛の治し方にはどのような方法があるのでしょうか。

肌の保湿や角質ケアをする

埋没毛を治すには、まずはダメージを受けた肌を回復させることから始めましょう。肌荒れを解消するためには、とにかく保湿が大切です。

化粧水や保湿クリームを使って肌をしっかり保湿し、柔らかく潤いのある肌を取り戻しましょう。


肌のダメージが和らいだら、スクラブやピーリング剤を用いて角質ケアを行いましょう。

角質ケアを行うことで、埋没毛が徐々に肌表面に出てくるようになります。

<関連記事>:ムダ毛処理後の黒いポツポツ毛穴対策!

肌への負担が少ない自己処理をする

ムダ毛を自分で処理したい場合は、カミソリや毛抜きは使わず、肌に優しい電動シェーバーを利用するとよいでしょう。

どうしてもカミソリを使用したい場合は、一枚刃ではなく複数枚刃のものを使いましょう。

シェービングローションなどを使って摩擦を減らし、毛の流れに沿って剃ると、肌への負担も最小限にできます。

脱毛をする

美容クリニックなどで脱毛の施術を受けるのも、埋没毛対策としておすすめです。脱毛することで自己処理の回数が減ると、肌へのダメージも少なくなります。

その結果、肌が角質化しにくくなるので、新たな埋没毛の発生も防ぐことができます。


気になる!埋没毛は脱毛できるの?



埋没毛があっても、美容クリニックや脱毛サロンで施術を受けることはできるのでしょうか?

クリニックとサロンにおける、埋没毛の脱毛事情をそれぞれ見ていきましょう。

確実に埋没毛を処理するなら「医療脱毛」

埋没毛を確実に処理するには、クリニックでの「医療脱毛」がおすすめです。

クリニックで行われる医療脱毛は医療行為であり、レーザーの威力も大きいため、より効果的にムダ毛の毛根を破壊することができます。


埋没毛も毛根が破壊されればそれ以上伸びることはできません。施術後は、肌のターンオーバーによって埋没毛が皮膚の外に出るのを待つだけです。

しかし、医療脱毛は自己処理やサロンに比べて費用が高くなりがちです。

また、人によっては痛みを強く感じる人もいるので、痛みが苦手な人はクリニックの医師に相談するとよいでしょう。

サロンでは埋没毛の脱毛はできない?

クリニックではレーザー脱毛が主流ですが、サロンでは主に光脱毛という手法が用いられています。

この光脱毛という方法では、埋没毛に光を照射することが難しいため、埋没毛の脱毛ができない場合もあります。


たとえば、脱毛サロンのミュゼプラチナムでは埋没毛の脱毛は行なっておらず、角質を取り除くスクラブ入り洗顔・クレンジングといったセルフケアを勧められます。

埋没毛の処理の可否はサロンによりますので、一度問い合わせてみるとよいでしょう。


埋没毛の脱毛はできない場合もありますが、サロンでの脱毛を継続することで、ムダ毛の自己処理の回数が減ると、埋没毛も次第に解消していきます。

サロン脱毛で埋没毛が改善したという意見も見られますので、ゆっくり埋没毛を治していきたいという人は、サロンでの脱毛も視野にいれるとよいでしょう。

<関連記事>:脱毛サロン「キレイモ」の魅力や特徴は?

注意!こんな埋没毛は脱毛できない

医療脱毛では埋没毛を効果的に脱毛することができますが、あまりにも毛が濃いと痛みや火傷が生じる恐れがあるため、施術を断られる場合があります。

また毛穴に炎症があると、施術を受けられない場合があります。まずは皮膚科などで毛穴の炎症を治療しましょう。



施術を受けられないケースもありますが、基本的にはクリニックやサロンで埋没毛を解消することは可能です。

サロンでの脱毛は、クリニックと比べると費用もお手頃ですし、痛みも強くありません。

埋没毛の解消への第一歩を、サロンでの脱毛からスタートしてみましょう。

    < まとめ >

  • 埋没毛は皮膚の内側に埋もれてしまった毛で、ムダ毛の自己処理で起こることが多い
  • 埋没毛が原因で、毛嚢炎や色素沈着が起こることもある
  • 肌を保湿し、自己処理の方法を見直すことで、埋没毛を改善できる
  • 医療脱毛は効率的に埋没毛を脱毛できるが、費用が高く、痛みも感じやすい
  • 埋没毛の脱毛ができないサロンもあるため注意が必要


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング