Oラインの自己処理は危険!?正しいお手入れ方法は?

Oライン,自己処理,方法

VIOの脱毛が一般的になり、Oラインのケアをする人も増えています。

肛門の周囲にも、実はムダ毛が生えている場合が多いですが、自分からは見えないため自己処理が難しい部位です。


誤った方法でお手入れをすると、肌を傷付けてしまう危険性があります。

そのため今回は、Oラインの正しいお手入れ方法について見ていきましょう。



Oラインのムダ毛を処理するメリットは?

Oライン,処理,メリット

デリケートゾーンの1つであるOラインのムダ毛を処理すると、沢山のメリットがあります。

具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか?

小さめの下着をキレイに履ける

水着を着る時などは、正面から見える箇所のムダ毛の方が気になりがちです。

しかしTバックなど小さめの下着や水着を履いた時には、お尻側の生地の脇からも、ムダ毛がはみ出てしまう可能性があります。


また後ろがレース素材になっている下着などを履いた場合には、産毛くらいのムダ毛でも透けて見える事があるのです。

せっかくセクシーな下着や水着を履いて、前から見て完璧でも、後ろから見た時にムダ毛がはみ出たり透けていたら台無しですよね。


小さめの下着や水着をキレイに履きたいなら、Oラインのムダ毛処理がオススメです。

<関連記事>:Vライン脱毛、気になる男性側の反応は?

清潔に保てる

Oライン周りのムダ毛には排泄物や生理の経血などが付着しやすく、汚れやすいです。

またこれらの汚れが酸化したり雑菌が繁殖して、臭いの原因になる事もあります。


しかしムダ毛を処理すれば、このような汚れが付着しにくくなり、臭いの予防にもなります。

かゆみ・ムレの軽減

お尻は下着で包まれているため通気性が悪く、座っていると圧迫されるため、ムレやすいです。

このムレは、かゆみの原因にもなりやすいのです。


デリケートゾーンにムダ毛が生えていると、さらに通気性が悪くなり、ムレやすくなります。

しかしOラインのお手入れをすることで、かゆみやムレなどの不快感が軽減します。



正しいOラインのお手入れ方法は?

Oライン,お手入れ,方法

ムダ毛処理にカミソリを使う人は多いかと思いますが、カミソリは肌を傷付けやすいため、色素沈着など肌トラブルの原因になります。

そのためOラインのムダ毛処理をする時は、肌への負担が少ない電気シェーバーを使いましょう。


また浴室では足元が不安定になりやすいため、脱衣所や自室など床が乾いた部屋で行って下さい。

電気シェーバーを使ったお手入れ手順は、以下の通りです。

手順1:Oラインを清潔にする

まずお手入れを行う前に入浴するか、Oライン周りをお尻用のウェットティッシュで拭くなどして、清潔にしましょう。

普通のウェットティッシュでは肌への刺激が強いため、赤ちゃん用のお尻ふきなど、お尻専用のものを使って下さい。

<関連記事>:Vライン脱毛、どこからどこまで脱毛できる?

手順2:剃る時の体勢を決める

Oラインは自分では見えない箇所のため、剃る時には鏡を使います。

普通の鏡でも構いませんが、角度を変えられる鏡の方が剃る時に便利です。


また髪を切る時と一緒で、剃った後のムダ毛が周辺に飛び散りやすいため、新聞紙などの紙を敷いておくと掃除が楽です。

ムダ毛を剃りやすい体勢には、3種類あります。自分にとって剃りやすい体勢を選びましょう。


1つ目は鏡を正面に置いて、その前でM字開脚のように足を開く方法です。

お尻は床に着いても着かなくても大丈夫ですが、Oラインが鏡に映るように体勢を整えて下さい。


2つ目は床に置いた鏡をまたぐようにしゃがみ、上から覗く方法です。

脚を外側に向けて開き、片手でお尻を開いて、剃る箇所が鏡で見えるようにします。


3つ目は仰向けになって、脚を広げる方法です。

鏡を股の近くに置き、お尻を少し持ち上げて、Oラインが見える状態にします。


もし鏡で見た時に、剃る箇所の周囲に長いムダ毛があるなら、剃りにくい場合があるため、シェービング前にハサミでカットしましょう。

手順3:蒸しタオルをあてる

肌の表面やムダ毛は、温めると柔らかくなる性質があります。

そのため剃る前に、Oライン周りを蒸しタオルで3~5分ほど温めましょう。


ムダ毛が柔らかくなると、剃るのがスムーズになり、肌への負担も軽減します。

手順4:シェービングする

シェーバーをぴったりと当て、毛の生えている向きに合わせてゆっくり剃ります。

ただしシェーバーを肌に強く当て過ぎたり、同じ箇所を繰り返し剃ると、肌が傷付く可能性があるため、力を入れずに必要最低限の回数で剃って下さい。


また逆剃り(毛の生えている向きと逆に向かって剃ること)は、肌を傷付けやすいので、やめましょう。

<関連記事>:【要注意!】ハイジニーナ脱毛、自己処理に伴うリスクや注意点は?

手順5:クールダウン・保湿する

剃ったあとの肌は乾燥しやすく、バリア機能が低下するため、肌トラブルが起きやすいです。

そのためシェービングした箇所には、ワセリンなどを塗って保湿しましょう。


剃ったところがヒリヒリする場合は、保湿する前に濡れタオルで冷やして下さい。

そうすることで、肌の炎症を軽減できます。



以上の手順でムダ毛の処理を行えば、Oライン周囲の肌への負担は少なくて済みます。

ただし生理中は肌が敏感になりやすく、普段より炎症を起こしやすいため、お手入れは避けましょう。



Oラインは自己処理より脱毛がオススメ

Oライン,自己処理,脱毛

Oラインのお手入れ方法を紹介しましたが、より安全にキレイにしたいなら脱毛の方がオススメです。

これには以下のような理由があります。

Oラインの自己処理は大変

鏡を使わないと手元が見えず、鏡越しでも手を動かす方向を間違えたりと、Oラインは他の部位に比べて剃りにくい部位です。

そのためムダ毛を処理すると、気を付けていても肌を傷付けてしまう可能性があります。


また頻繁にお手入れを行うと肌が傷んで、肌トラブルが起きやすくなります。

そのためムダ毛処理を頻繁に行う人は、サロンやクリニックで脱毛のプロに任せた方が安全です。


Oラインのお手入れは他の部位より手間が掛かりますが、脱毛すればムダ毛処理の回数が減り、脱毛回数を重ねれば自己処理が不要になります。

Oライン脱毛ができるサロンの選び方は?

今やほとんど全ての脱毛サロンで、Oラインの脱毛を行っています。

脱毛をするなら、剃り残しがあった場合のシェービングを、無料で行ってくれるサロンがオススメです。


シェービング代が無料なのは、ミュゼやシースリー、キレイモなどです。

ただしサロンによっては、シェービング無料となる条件があるため、詳細はサロンに確認して下さい。



以上、Oラインの正しいお手入れ方法について見てきました。

ムダ毛処理を徹底して、後ろ姿まで自信の持てる体を目指しましょう。


自己処理が難しい場合には、脱毛も検討してみて下さいね。

    < まとめ >

  • Oラインのムダ毛処理には、下着をキレイに履けるなどのメリットがある
  • 誤った方法でOラインのお手入れをすると、肌を傷付けてしまう
  • ムダ毛を処理する時はOラインを清潔にし、体勢を決める
  • Oラインは自己処理より脱毛がオススメ
  • 脱毛をするなら、シェービングが無料のサロンを選ぶ


ハイジニーナ脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

ハイジニーナ脱毛サロン