VIO脱毛をするならエステvs医療クリニックのどっち?



デリケートゾーン(VIO)のムダ毛が気になるけれど、「剃るのが面倒」「自分ではうまく剃れない」などの理由から、脱毛を検討している人もいると思います。

脱毛にはエステサロン(脱毛サロン)で行われる光脱毛と、クリニックで行われるレーザー脱毛があり、それぞれ特徴が異なります。


VIO脱毛をする場合は、サロンとクリニックのどちらを選ぶとよいのでしょうか?

費用や期間、痛みなどの観点から比較してみましょう。



エステと医療、脱毛方法はどう違う?

光脱毛,レーザー脱毛

脱毛サロンとクリニックの大きな違いの1つに、「脱毛方法」が挙げられます。

光脱毛とレーザー脱毛、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

脱毛サロンの光脱毛とは

「光(フラッシュ)脱毛」は、ムダ毛のメラニン色素(黒い色素)に反応する光を肌に当て、毛根を刺激することで毛の成長を抑え、生えにくくするものです。

光脱毛は痛みが少なく、医療脱毛に比べて費用が安い傾向にあります。


しかし医療機関ではないので、光の出力が弱い機械しか使えません。

その分脱毛が完了するまでの施術回数は多く、期間は長くなります。


光脱毛ができるサロンは全国に多数あり、都心部では各社の脱毛サロンが軒を連ねています。

たとえば大手であるミュゼは、全国に180店舗以上も展開しており、新宿や池袋には4店舗ずつサロンがあるほどです。

<関連記事>:皮膚科クリニックVS脱毛サロン!顔脱毛するならどっち?

クリニックの医療脱毛、特徴は?

美容外科や美容皮膚科などで用いられる「医療(レーザー)脱毛」は、強い光を当てて毛根組織を破壊し、毛の成長を抑える方法です。

レーザー脱毛は医療行為にあたるため、サロンなどでは用いることができません。


サロンよりも高い出力でレーザーが照射されるため、完了するまでの回数が少なく、期間も短くて済みます。

ただし効果が高い分、費用も高い傾向にあります。


レーザー脱毛は箇所によっては耐えられないほどの痛みを感じる人もいますが、医療機関での施術ということもあり、麻酔を打つこともできます。

また肌トラブルが起きた場合は、必要に応じた治療を受けることが可能です。


医療脱毛ができるクリニックの数は、サロンに比べるとまだ少ないです。

関東圏内を中心に展開しているクリニックが多く、自宅から通える範囲にはない、という人も多いでしょう。



VIO脱毛は、医療とエステのどっちがいい?

VIO脱毛,医療とエステ

クリニックとエステサロンの特徴をふまえた上で、デリケートゾーンの脱毛をする場合は、どちらを選べば良いのでしょうか?

VIO脱毛をする場合の具体的な違いや、それぞれの方法が向いている人は、以下の通りです。

VIO脱毛、医療とエステでどう違う?

クリニックと脱毛サロンでは、脱毛完了までに掛かる回数や期間、金額、痛みなどが異なります。

エステサロンでVIO脱毛をする場合、毛量を減らす場合は6~8回、ハイジニーナ(アンダーヘアが全くない状態)にする場合は12~15回照射を行います。


2か月に1回のペースでサロンに通うと、脱毛完了までにかかる期間は1年~2年半となります。

費用の目安としては、6~8回で5~8万円、12~15回で10~12万円ほどです。


対して医療脱毛の場合は、毛量を減らす場合なら3~5回、ハイジニーナにする場合は8~10回ほどです。

これは期間にすると、半年~1年半になります。

掛かる費用は3~5回で6~10万円、8~10回で15~20万円ほどです。

【VIO脱毛をする時の、サロンとクリニックの料金比較】

毛量を減らす ハイジニーナにする
エステサロン 5~8万円(約6~8回) 10~12万円(約12~15回)
クリニック 6~10万円(3~5回) 15~20万円(8~10回)


またVIOは毛が太くて濃いため、照射する際に熱が集中し、痛みを感じやすいです。

Vラインはそこまでではないものの、IOラインは粘膜に近いため痛みが強いのです。


IOラインの施術をする際、光脱毛では輪ゴムでパチッと弾いたような軽い痛みなのに対し、医療脱毛では針で刺されたような強い痛みを伴うとされています。

<関連記事>:レーザー脱毛でやけど?腫れや赤みは大丈夫?

医療脱毛がオススメなのはこんな人

クリニックでの脱毛は、少ない回数で早く施術を終わらせたい人にオススメです。

「忙しくてなかなか脱毛に通えない」「VIO脱毛をするのは恥ずかしい」といった悩みがある人は、少ない回数で完了する医療脱毛を選びましょう。


また「施術後に毛が伸びてきて、チクチクするのがイヤ」といった方も、クリニックを選んだ方が不快感から早く解放されます。

脱毛サロンがオススメなのはこんな人

費用を安く抑えたい人、痛みの少ない施術を受けたい人は、エステサロンでの脱毛がオススメです。

「痛みに弱いから、クリニックで脱毛するのは怖い」という方は、サロンの方が向いています。


クリニックには麻酔などの用意があるとはいえ、あまりにも痛いと足が遠のきそうですよね。


また、できるだけ費用を抑えたい人も、脱毛サロンの方がオススメです。

正規の値段で比較しても医療脱毛より安くなることが多いですが、これに加えて期間限定のキャンペーンなどで割引が適用される場合も多いです。

そのため、よりお得に脱毛することができます。

<関連記事>:予約が取りやすい脱毛サロンはどこ?見極める4つのポイント



知っておきたい!VIO脱毛のポイントは?

VIO脱毛,ポイント

アンダーヘアを脱毛するにあたって、知っておきたいポイントがいくつかあります。

後から「失敗した!」とならないために、以下のポイントをあらかじめ頭に入れておきましょう。

アンダーヘアを減らしたい!回数の目安は?

アンダーヘアを完全になくすのではなく、適度に残したい人は多いはずです。

そのためには、形を整えるタイミングを把握しておく必要があります。


光脱毛の場合は、全体を通して6~8回の照射が目安となります。

4回ほど全体に照射すると、アンダーヘアが細く少なくなるのを実感できるため、これ以降はVラインの形を整えていき、IOラインは全照射を続けます。


一方、医療脱毛で形を整える場合は、全体に照射するのは3回ほどになります。

<関連記事>:Vライン脱毛、何回コースがおすすめ?

Vライン脱毛は照射範囲に注意

Vラインとは、デリケートゾーンの下着からはみ出る両サイドを指すことが一般的ですが、サロンによって定義が異なります。

たとえばミュゼでは、両サイドを「Vライン」、フロント部分は「トライアングル上・下」に分けています。


一方キレイモでは、フロント全体を「Vライン」、両サイドが「Vラインサイド」、フロントより少し上の辺りを「Vライン上」と分けているのです。


このようにサロンによって、範囲・部位の名前に違いがあります。

自分の脱毛したい部位が、Vラインの範囲に含まれない場合もあるため、注意して下さい。

VIO脱毛をお得に受ける方法は?

Vラインだけ脱毛するのであれば、ミュゼの「両脇+Vライン 美容脱毛完了コース」がオススメです。

これはミュゼに初めて通う人限定ですが、2パーツセット、しかも回数無制限で108円という破格のプランです。


VIO脱毛をする場合は、お試し価格で受けられるサロンを「掛け持ち」するのもアリです。

サロンの掛け持ちとは、複数のサロンでキャンペーンなどを利用し、お得に脱毛することです。


たとえばジェイエステは施術2回で2,000円、TBC・エピレは2回で6,000円、ディオーネは1回5,000円で受けられます。

TBCとエピレは同じ系列のため、どちらかに絞るとして、3つのサロンをはしごした場合、施術5回分を13,000円で受けられるのです。


つまり1回あたり2,600円で、VIO脱毛ができる計算になります。

【3サロンでVIO脱毛を受ける場合の、回数と費用】

回数 価格
ジェイエステ 2回 2,000円
TBC・エピレ 2回 6,000円
ディオーネ 1回 5,000円
合計 5回 13,000円


以上、VIO脱毛をするならサロンとクリニックのどちらを選ぶべきかについて見てきました。

自分にはどちらが向いているのかを見極めて、満足のいく施術を受けられると良いですね。


以下ではVIO脱毛ができるオススメのサロンを紹介していますので、良かったら参考にして下さい。

 ハイジニーナ脱毛の脱毛サロン、おすすめは?

    < まとめ >

  • エステサロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛という方法を用いる
  • 光脱毛とレーザー脱毛では、施術の回数や期間、金額、痛みなどが異なる
  • レーザー脱毛は、少ない回数で早く施術を終わらせたい人にオススメ
  • 痛みの少ない施術を受けたい人、通いやすいところで脱毛したい人には、光脱毛がオススメ
  • アンダーヘアを減らす場合、光脱毛もレーザー脱毛も、4回目頃から形を整える


ハイジニーナ脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

ハイジニーナ脱毛サロン