脱毛サロンは勧誘がしつこいって本当?上手く断る方法は?

脱毛サロン,勧誘,断る

脱毛に興味があっても、カウンセリングに行くのは不安と思っていませんか?

そう考える人の多くは、その理由にしつこい勧誘の可能性を挙げています。


実際に脱毛サロンはしつこい勧誘があるのでしょうか?

脱毛サロンの勧誘の現状や、上手く断る方法をご紹介します。


脱毛サロンでの勧誘ってあるの?

脱毛サロンでの勧誘

脱毛サロン=勧誘がしつこいというイメージは根強くあります。

しかし、実際にはどうなのでしょうか。

今の脱毛サロンは勧誘がほぼ無い?

一昔前までは、脱毛サロンで強引な勧誘や悪質な押し売りがあったことは事実です。

中には非常に悪質な脱毛サロンもあり、無料カウンセリングと言いながら、しつこい勧誘で高額な契約を結ばせるケースもありました。


脱毛サロンに限らず、美容業界全体でこうした悪質な手口が広まり、社会問題となりました。

しかし悪質な業者には警察や行政の指導が入り、消費者センターもこの問題解決に、積極的に取り組んでいます。


最近ではネットの口コミですぐに評判が広まることもあり、美容サロンでの強引な勧誘は徐々に少なくなっています。

脱毛サロンの公式サイトでも、しつこい勧誘は一切しないと宣言しているところも多いです。

<外部の関連サイト>:勧誘しません|キレイモ


ただし契約ノルマを達成するために、しつこい勧誘を行ってくる脱毛サロンが無くなったわけではありません。

ちょっと待って!それって勧誘の決まり文句かも

強引な勧誘が少なくなった分、巧妙な勧誘は増加しました。

勧誘の手段でよくあるのが、キャンペーンを口実にすることです。


「今日契約すれば安くなる」「今月中の契約でサービスする」など、今だけのチャンスと煽(あお)って契約に繋げます。

また最近よく見かける、「初月無料」「他の部位をサービス」なども要注意です。


かなりお得に感じるものの、実際は契約金額や期間、回数に縛りがあって、特典を得るために予想外の高額な契約をしてしまう事もあります。

特典によってお得に脱毛ができるのは確かですが、自分に必要のない契約までするのでは、結局損をするだけです。


どうすべきか判断がつかない場合は、その場ですぐに契約しないようにしましょう。

<関連記事>:全身脱毛を契約する際の注意点!

勧誘の少ないサロンを選ぶには?

どんな脱毛サロンも、勧誘がゼロではありません。

勧誘が少ないサロンを選ぶなら、まずは公式ホームページを確認しましょう。


公式ホームページに「勧誘しない」と書いてあれば、実際に勧誘が少ないケースがほとんどです。

また口コミサイトやSNSで、気になるサロンの評判をチェックしてみるのも良いでしょう。

当サイトでも各社の口コミを紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

<関連記事>:銀座カラーで全身脱毛した体験談



覚えておくと安心!勧誘を上手に断る方法は?

脱毛サロン,勧誘,断る方法

しつこい勧誘を断るには、上手な断り方を知っておくことが必要です。

詳しく見ていきましょう。

勧誘が苦手な事をアピールする

多くの脱毛サロンでは、契約前に無料カウンセリングを受けます。

この時点で勧誘が苦手な事をしっかり伝えておくのがおすすめです。


カウンセリング時には、自分の希望などを伝えるカウンセリングシートを記入します。

言葉で面と向かって伝えるのが苦手な方は、カウンセリングシートに強く勧誘されたくない旨を書いておくといいでしょう。

はっきり断る

曖昧な返事をしていると、なかなか勧誘を断り切れません。勇気を出してはっきりと断ることが大切です。

また、断る理由もきちんと伝えれば、より伝わりやすくなります。


「他の脱毛サロンと比較したいので即決できない」「家族の了解を得ないと決められない」などの理由がいいでしょう。

<関連記事>:【料金比較表あり!】全身脱毛にかかる料金と回数はどのくらいになる?


強く断るのが苦手な人は、友達や家族と一緒にいくのをおすすめします。

第三者がいることで勧誘されづらくなり、その分断りやすくなります。

当日に即決しない

サロン側はとにかく契約させようと、あの手この手で話を進めてきます。

ずっと勧誘トークを聞いていると、最初は契約する気持ちがなくても迷ってしまうこともあります。


料金プランなどの難しい話をされると判断力が鈍りがちになるため、当日の即決は避けましょう。

不安な気持ちが少しでもあれば、契約を後日にしたほうが安心です。


その場での契約を迫られても「今日は決められないのでまたにします」「高額なので家族と相談します」などの言葉で乗り切りましょう。


勧誘に押されて契約してしまったら?

勧誘,契約

しつこい勧誘を断り切れずに契約してしまっても、クーリングオフを利用することで契約を無効にすることができます。

クーリングオフには条件があるので、もしもの時のために知っておきましょう。

クーリングオフは8日以内に

クーリングオフが適用できる条件は

  • 契約日から8日以内
  • 契約期間1ヶ月以上
  • 契約金額5万円以上

これらすべての条件を満たした場合です。

基本的に、脱毛サロンの単発プランなどでなければ大体の契約でクーリングオフが適用できます。


ただし、一部の脱毛サロンで導入している月額制プランの場合は、クーリングオフが適用できないこともあります。

月額制の場合は1カ月の料金が安いため、契約金額の条件を満たさないからです。


クーリングオフをするには、ハガキで相手側に契約解除の意思を伝えます。

クーリングオフの書面に記入する内容は、以下の情報です。

  • 「契約解除通知書」というタイトル
  • 契約年月日
  • 契約した脱毛サロン名、店舗名と、わかれば担当者名
  • 契約プラン名
  • 契約金額
  • 契約の解除をしますという一文(理由は必要なし)
  • ハガキの発送日
  • 自分の名前と連絡先
  • 返金を求める口座情報

これらの情報と併せて、クレジットカードで契約した場合は、クレジット会社名も記載した上で、同様のハガキをクレジット会社にも送ります。

また、ハガキは普通郵便で送るのではなく、記録が残る「特定記録郵便」もしくは「書留」で送るようにしましょう。


相手方にハガキが届いていないというトラブルを避けることができます。

クーリングオフ期間後でも、中途解約ができる

クーリングオフの期間が過ぎてしまった後も、契約の中途解約が可能です。

利用期間が1ヶ月以上、総額が5万円以上の契約には、特定商取引法が適用されます。


各脱毛サロンの手続きに沿って、中途解約を申し込みましょう。

クーリングオフと異なり中途解約には所定の費用が掛かります。


解約手数料は、施術を1度も受けていない場合は2万円、施術を受けている場合は2万円か残金の10%から、低い方が適用されます。

<外部の関連サイト>:エステの契約をしたが、途中で解約できるか|国民生活センター


ただし、強引な勧誘などが理由で断り切れなかった場合や嘘の説明があった場合などは、消費者保護のために何らかの対処が受けられるかもしれません。

納得のいかない契約をした場合は、まずは消費者センターに相談してみるのが一番です。

    < まとめ >

  • 昔に比べて強引な勧誘は減ったが、現在も勧誘が完全になくなったわけではない
  • お得なキャンペーンや特典は高額契約に繋げるエサなので要注意
  • 勧誘が少ない脱毛サロンを探すには、公式サイトや口コミ、SNSをチェック
  • 勧誘されても当日の即決は避け、上手に断ることでトラブルを回避できる
  • 強引な勧誘で契約しても、条件を満たせばクーリングオフが適用できる
  • クーリングオフ期間を過ぎても中途解約が可能


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング