脱毛器で失敗!家庭用脱毛器って高い割に効果がイマイチ?

脱毛器,失敗

家庭用脱毛器は一度買ってしまえば、自分の好きな時間に脱毛できるため、安く手軽に脱毛したい女性から人気を集めています。

一方で、家庭用脱毛器に関する失敗談も少なくありません。


ここでは脱毛器の効果や失敗例、脱毛器を選ぶ際のポイントについて紹介します。


家庭用脱毛器って効果あるの?

脱毛器,効果

脱毛したいと思ったときに一番気になるのは、やはり「脱毛効果」ですよね。

家庭用脱毛器でもしっかりと脱毛することはできるのでしょうか?


詳しく見ていきましょう。

脱毛器によって、得られる効果は異なる

家庭用脱毛器には「光脱毛器」や「レーザー脱毛器」、「サーミコン脱毛器」など様々な種類があります。

このうち「光脱毛器」と「レーザー脱毛器」は、サロンやクリニックで使われる機器と同じ仕組みのものです。


光脱毛器では、ムダ毛が持つメラニン色素に反応する光を照射し、毛根にダメージを与えて脱毛します。

照射範囲が広く、痛みが少ないのが特徴です。光脱毛器は産毛にも効果があるため、もともと体毛が薄い人や、産毛を脱毛したい人に適しています。


レーザー脱毛器は、光脱毛器よりも狭い範囲に高出力で照射します。

そのため光脱毛器を使ったときよりも、痛みを強く感じますが、その分脱毛の効果も高いのが特徴です。


産毛や色素の薄い毛には効果が出にくい分、太い毛には高い効果を期待できます。

なお脱毛器の中でも「サーミコン脱毛器」は、熱線でムダ毛を焼き切って処理するものです。


脱毛はできず「除毛」の効果しかありませんので、注意してくださいね。

サロンやクリニックで脱毛するほどの効果は得られない

光脱毛器とレーザー脱毛器は、毛根にダメージを与えることができるため、家庭用脱毛器の中では比較的、脱毛効果を感じやすいを言われています。

ただし、これらはあくまでも家庭用に作られているため、サロンやクリニックで行う施術のような高い脱毛効果を得ることはできません。


脱毛器を買うか、サロンやクリニックに通うかを検討する際には、自分が望む仕上がりを期待できるか、事前にしっかりとリサーチすることが大切です。

<関連記事>:光脱毛の経過を知りたい!効果が出るのは何回目から?


家庭用脱毛器で、ありがちな失敗って何?

失敗例

実際に家庭用脱毛器を使ってみると「イメージと違った…」と感じる人も多いようです。

では、どのような失敗が多いのでしょうか?

失敗1:意外とお金が掛かった

家庭用脱毛器に関する失敗の中でも、特に多いのが「意外とお金が掛かった」というものです。

脱毛器を使ってみて、初めてランニングコストが掛かると知った、というケースもあります。


確かに脱毛器の本体は、5万円程度で購入できるリーズナブルなものもあります。

しかし継続して使用するには、別途カートリッジの買い替えが必要なものがほとんどです。


そのため脱毛したい範囲が広ければ広いほど、費用がかさんでしまうのです。

「安い本体を選んだのに、カートリッジ代で10万円近く掛かってしまった」、「結局10万円以上かかるなら、サロンに行けば良かった」といった失敗談が多く見られるのは、脱毛器に掛かるランニングコストを、見落としてしまうからなのですね。

<関連記事>:全身脱毛の費用はどのくらい?脱毛サロンごとに値段を比較してみた!

失敗2:効果がイマイチ

「家庭用脱毛器を使い続けても、ムダ毛が無くならない」など、十分に脱毛効果を実感できないという失敗も多く見受けられます。

家庭用脱毛器でも、繰り返し同じ箇所に照射を行うことで、脱毛することは可能です。


ただ安全を考慮し、家庭用脱毛器の光の出力レベルはかなり低めに設定されています。

そのためサロンやクリニックでの脱毛と比べると、その効果は大きく劣ります。


また、いわゆる「永久脱毛」は、医療脱毛でしか認められていないため、家庭用脱毛器では永久脱毛することはできません。

またサロンやクリニックのように、10回照射したら脱毛完了、ということはなく、継続して照射を行う必要があります。

失敗3:脱毛したい箇所に使えなかった

「VIOの脱毛を他人にしてもらうのは恥ずかしいから家庭用脱毛器を買ったのに、デリケートゾーンには使えなかった」といった失敗もあります。

多くの家庭用脱毛器では、VIOの中でも特にデリケートなIライン、Oラインに対しての使用は、避けることが推奨されています。


もちろん自己責任で照射することも可能ですが、そこまでリスクを負うことはおすすめできません。

また何かと他人の目に触れる機会の多い「背中」や「うなじ」も、自分で脱毛することはできませんよね。


つまり家庭用脱毛器が使えるのは、自分で届く部位のみ、ということになります。

<関連記事>:ハイジニーナ脱毛、自己処理のリスクとは?

失敗4:お肌の状態が悪くなった

「肌の乾燥がひどくて、照射を続けられなくなった」、「火傷して水ぶくれの跡が残ってしまった」というように、脱毛による肌トラブルに関する失敗も、よく耳にするものです。

照射すると皮膚に熱がこもるため、家庭用脱毛器に限らず、脱毛後はお肌が乾燥しやすくなります。


サロンやクリニックでは、冷却・保湿のケアをしっかりと行ってくれますが、自分でしっかりとケアできずに、肌トラブルに見舞われる人は多くいます。

さらに、脱毛器は2週間に1回といった短スパンで、照射を繰り返し行う必要があるため、お肌がダメージを受ける頻度が上がります。


そのため、より一層肌トラブルを起こしやすくなってしまうのです。

また中には、脱毛器を正しく使っていたのに火傷をした、という事例もあります。


色素の濃い部位や、皮膚が薄い部位への照射は、このようなリスクが高いため、照射の可否を自分で正しく判断することが重要になります。


失敗しない脱毛器選び、ポイントは?

脱毛器選び,ポイント

ここでは、脱毛器選びで失敗しないポイントを紹介します。

下記のポイントを参考に、自分の目的に合った脱毛器を選んでくださいね。

ポイント1:コスパ

脱毛器から照射される光は、電球が切れるのと同じ理屈で、一定の回数を超えると光らなくなります。

そのためカートリッジ式のものであれば、カートリッジの交換が、またカートリッジ式ではないものは、本体自体の買い替えが必要になります。


脱毛したい部位が広範囲に渡る場合は特に、本体代に加えランニングコストのチェックも、事前に行うようにしましょう。

ポイント2:脱毛効果

脱毛したい部位や、望む脱毛効果によって、選ぶべき脱毛器は異なります。

特に「顔」や「VIO」など皮膚がデリケートな部位には、使用できない脱毛器もあります。


買った後に後悔することのないよう、購入前に照射可能範囲を確認することをおすすめします。

また光脱毛器は出力が弱いため、濃いムダ毛を処理するのに相当な時間を要します。


体毛が濃い部位を脱毛したい場合は、レーザー脱毛器を選択するなど、ムダ毛の状態によって脱毛器を決めるのも、ひとつの手です。

ポイント3:使い勝手

ネットショッピングで脱毛器を購入したところ、「重くて使いにくかった」「音がうるさい」など、使い勝手が悪く、継続できないというケースもあります。

購入したい脱毛器の目星を付けたら、実物を店舗に見に行ってみるのもおすすめです。


家庭用脱毛器で脱毛する場合、継続して脱毛器を使い続けることになります。

自分が使いやすいと感じるものを選んで、キレイな状態を目指しましょう。




ここまで、脱毛器の効果や失敗例、脱毛器を選ぶ際のポイントについて見てきました。

家庭用脱毛器とサロン・クリニックには、それぞれメリットとデメリットがあります。


脱毛に通う時間のない人や、他人に身体を見られるたくない人には、家庭用脱毛器の方が合っています。

一方、脱毛効果や安全性を重視する人には、サロン・クリニックでの脱毛がおすすめです。


また、家庭用脱毛器の方が圧倒的に安いと思われがちですが、ランニングコストを考慮すると、サロンやクリニックに通う方がコスパが良いケースもあります。

自分の目的に合った脱毛方法で、ムダ毛の目立たないキレイな状態を目指しましょう。


 全身脱毛の脱毛サロン、おすすめランキングはこちら


    < まとめ >

  • 脱毛器の種類によって、使い勝手や効果が異なる
  • サロンやクリニックの機器と同等の効果は、脱毛器では得られない
  • 「意外とお金が掛かった」など、脱毛器にまつわる失敗談も多い
  • コスパや使い勝手を見て、長く使えそうな脱毛器を選ぶべき
  • 脱毛効果や安全性を重視するなら、脱毛に通うのがオススメ

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング