女なのに鼻の下が青い!治すには?

鼻の下,青い,治す

「鼻の下が青っぽくて、ヒゲが生えているみたい」なんて悩んでいる方はいませんか?

男性だとヒゲを剃ったあとに肌が青っぽく見える人がいますが、女性でもこれと同じようになってしまう人がいます。


除毛していても鼻の下が青く見えてしまう原因や、その場合の対処法について詳しく解説していきます。



鼻の下が青くなる原因は?

鼻の下,青くなる,原因

そもそも、なぜ鼻の下が青っぽく見えてしまうのでしょうか。

まずはその原因を3つご紹介します。

原因1.産毛が青く見えている

鼻下は産毛が生えやすい部分ですが、これを自己処理しないで放置していると、口元が青っぽく見えてしまいます。

また肌の表面はきちんと処理していても、残った毛根が透けて青く見えてしまうことがあります。


色白の人ほど透けやすいので、鼻の下が青くなりやすいです。

<関連記事>:脱毛で産毛が硬毛化するって本当?

原因2.剃った後のムダ毛の断面が広く太く見える

毛は先端に向かって細くなっていくものですが、カミソリなどで剃ると毛の断面が太くなります。

特に、毛の量が多い人やもともと毛が太い人は、ムダ毛の断面がさらに太く見えやすくなります。


そのため、ムダ毛を処理することでかえって口元の青みが目立ってしまう事があります。

原因3.誤った自己処理による色素沈着

鼻の下はカミソリやシェーバーを使って自己処理している人が多いかもしれませんが、誤ったやり方をしていると肌が傷ついてしまいます。

そして肌が傷つけられるとメラニンが作られ、色素沈着が起こります。


これによって肌が青っぽく見えてしまうという仕組みです。



鼻下の正しい自己処理方法は?

鼻下,自己処理,方法

鼻下が青くなる原因が分かったところで、次は正しい自己処理の方法を学びましょう。

普段の生活を思い出して、自分が肌に悪いことをしていないか振り返ってみてください。

カミソリや毛抜きでの処理はNG!

カミソリや毛抜きでのムダ毛処理は、肌へのダメージが大きいためオススメできません。

カミソリで処理すると、ムダ毛と同時に肌の表面も削られていきます。


それに加え、鼻の下の毛はカミソリで処理するのが難しいため、つい何度も何度も同じ場所を剃ってしまいがちです。

繰り返し肌の表面が削られていくと、肌の奥に残っている毛根が透けて見えやすくなってしまいます。


一方、毛抜きで1本1本処理していくと、確かにムダ毛はなくなります。

ですが、力に任せて引っこ抜いているわけですから、当然肌や毛穴への負担は大きく痛みも伴います。


また、抜いたあと雑菌が侵入して炎症を起こしたり、埋没毛となってしまったりする危険性もあります。

自己処理するのであれば、電気シェーバーを使うのがオススメです。


刃が直接肌に当たらない分、カミソリよりも安全で肌に優しいという特徴があります。

電気シェーバーで処理する際には、毛の流れに沿ってできるだけ1回で済ますようにしましょう。


毛と逆の方向に剃ってしまうと肌が傷付く原因になります。

セルフケア後はしっかり保湿

ムダ毛を剃り終えたら、しっかりと保湿しておきましょう。

肌が乾燥して毛穴が開いてしまうと、ムダ毛が目立ちやすくなってしまいます。


セルフケアで傷付いた肌を修復するためにも、保湿は重要です。

化粧水等で保湿するときには肌を強く叩いたりせず、やさしく水分を補給してあげてくださいね。

抑毛クリーム・ローションを使う

抑毛クリームや抑毛ローションは、刃物を使わないため、肌を傷つけずにムダ毛処理ができるというメリットがあります。

ヒゲというと男性のイメージがあるかもしれませんが、女性のヒゲ用・抑毛クリームもあります。


気になる部分に塗るだけで良いため肌を傷つける危険性は低いのですが、人によっては肌に合わない可能性があります。

使い始める前に目立たないところでパッチテストをしてからやるようにしましょう。



鼻下の青みが気になる!対策は?



ここまで鼻下のムダ毛処理について見てきました。

正しい方法で処理をすれば徐々に解消していきますが、それでもやはり鼻下の青みが気になった場合、どのような対処法があるのでしょうか。


詳しく見ていきましょう。

美白化粧水や市販薬を使う

薬局に行くと、色素沈着に効果のある薬用クリームが売られています。

以前は医師の処方箋がないと手に入りませんでしたが、薬事法改正を受けて市販されるようになりました。


そのほか、美白成分が含まれた化粧水や乳液も売られています。

色素沈着に有効な「ハイドロキノン」という成分が入っているものを選びましょう。


ただし、美白化粧水や市販薬は効果が出るまで時間がかかることを頭に入れておいてくださいね。

<関連記事>:脱毛中は保湿ケアが大事!

イエローやオレンジ系のメイクで隠す

口元の青みが改善するまでは、下地やファンデーション、コンシーラー、チークなどを使ってカバーしましょう。

青みを抑えるには、イエローやオレンジ系の肌を明るく見せるメイクがオススメです。


時々メイクが落ちていないか確認する必要はありますが、青みを隠したいと思った時すぐにできるというのは大きなメリットです。

似たような方法で、肌を黒くする「セルフタンニング」というものもあります。


全体的に肌を黒くすることで青みをごまかすという方法ですが、慣れない人がやると違和感が出やすいため、こちらはあまりオススメできません。

根本的に解決するなら鼻下脱毛がオススメ

鼻下の青みを隠すのではなく、根本的に解決したいというのであれば、鼻下脱毛がオススメです。

脱毛すればムダ毛の量が減るので、鼻の下の青みも改善されます。


メイクが落ちて鼻の下が青くなっているのでは、という心配もいらなくなりますし、自己処理する回数も少なくなるため肌を傷つけてしまう危険性も低くなります。

鼻下の青みを根本的に解決するには、やはり脱毛してしまうのがラクです。


鼻下のほか、あごなどの青みも気になるようであれば、顔脱毛もオススメです。

サロンによって顔脱毛できる部位が異なるので、自分の脱毛したい部分がちゃんと脱毛の対象になっているかチェックしながらお店を選びましょう。

    < まとめ >

  • 鼻下のムダ毛処理で毛の断面が大きくなると、青っぽく見えることがある
  • カミソリや毛抜きは肌へのダメージが大きいので、電気シェーバーを使い、肌を傷つけないようにする
  • 美白化粧水や市販薬で白くしたり、メイクで青みを隠したりできる
  • 鼻下の青みを根本的に解決するのであれば、鼻下脱毛が効果的


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング