脱毛、ピルを服用しているけど大丈夫?

脱毛,ピル

生理の日程をずらしたり、月経前症候群(PMS)の緩和のためにピルを服用することも一般的になってきました。

それに伴って「ピルを飲んでいても脱毛はできる?」という疑問を持つ女性も増えています。


そこで今回は、ピルの服用が脱毛に与える影響について見ていきたいと思います。



ピルってどんなもの?

ピルとは
若い女性を中心に、ピルを服用する人が徐々に増えています。

しかしピルとは具体的にどんなものか、よく知らない人も多いでしょう。


ピルとはどんな薬で、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

そもそもピルって?

経口避妊薬(OC)・ピルは、プロゲステロンとエストロゲンという二つの女性ホルモンを化学的に合成した薬です。

ピルには排卵を抑制したり、精子が子宮に到達するのを防ぐ働きがあるため、正しく服用すればほぼ確実に避妊を行うことができます。


以前は避妊目的で使用する薬という印象が強かったのですが、最近は月経前症候群(PMS)や子宮内膜症、ニキビなど、幅広い病気や症状の治療・緩和のためにも処方されています。

<関連記事>:顔脱毛したいけど…ニキビがあるとできないの?


ピルのメリットは?

ピルには、以下のようなメリットがあります。

  • 高い避妊効果が得られる(100%ではない)
  • 子宮外妊娠の発症頻度を低下できる
  • 月経周期が規則正しくなる
  • 生理痛や月経前症候群(PMS)が緩和される
  • ニキビや多毛症を改善できる
  • 男性ホルモンが抑制されて美肌になる
  • 子宮内膜症や子宮体がんなど、女性特有の病気の予防になる

このように避妊目的に留まらず、女性特有の病気の予防や月経にまつわる症状の緩和、ニキビ治療など、ピルには様々な効果が期待できます。

こういったピルの持つメリットが知られるにつれて、服用する女性の数も増加しているのです。

ピルのデメリットは?

ピルには多くのメリットがありますが、一方で以下のようなデメリットもあります。

  • 体調不良(頭痛や吐き気、腹痛、不正出血など)になる
  • 胸が張ったり、体がむくむ
  • シミなどの色素沈着ができやすくなる
  • 体重が増える
  • 血栓症のリスクが高まる

ピルの服用中は、女性ホルモンの分泌に変化が起こるため、肌荒れや色素沈着といった肌トラブルが起きやすくなります。

紫外線などのわずかな刺激にも敏感になっているため、この期間は特に丁寧なスキンケアを心がける必要があります。

<関連記事>:自己処理でできたシミ・色素沈着を解消するには?



ピルの服用中に脱毛してもいい?

ピル服用中,脱毛

ピルを服用している方が、サロンやクリニックのカウンセリングで「ピルを服用している場合は施術を受けられません」と断られてしまった、という口コミを目にすることがあります。

実際のところ、ピルが原因で脱毛を断られる事はあるのでしょうか?

ピルを服用していても脱毛は受けられる?

一部のサロンやクリニックでは、ピル服用中の人の施術は断られる事があるものの、基本的にはピルを服用していても脱毛は可能です。

施術を断られる理由としては、

  • ピルの作用によって毛量や毛質が変化することがある
  • 光に対して肌が過敏になるケースがある
  • 稀にピルの副作用で色素沈着する恐れがある

などが挙げられます。


ピルを服用すると女性ホルモンが増えて毛量が減ったり、毛質が薄くなる事があります。

服用中は毛が減ったり薄くなっていたのに、服用をやめると元に戻る場合があるのです。


服用をやめた頃にサロンで脱毛した場合、「脱毛したら逆に毛が濃くなった」といった誤解を生みかねません。

また先ほども出てきたように、ピルを飲んでいる人の肌は色素沈着しやすいため、施術の光やレーザーによって、シミやくすみができる可能性があります。


これらに加え、ピルには頭痛や吐き気といった副作用があるため、これが施術中に出た場合、「施術トラブルとされるのではないか?」という不安がサロンやクリニック側にはあるようです。

<関連記事>:色素沈着がひどいと脱毛できない?!


ピルの服用、脱毛効果に影響は出る?

ピルを服用すると毛量や毛質が変化することがあるため、「脱毛に悪影響が出るのでは?」と不安になる方もいるでしょう。

しかしピルを服用していても、脱毛への影響はほぼありません。


なぜなら脱毛は毛周期に合わせた頻度で行いますが、ピルには毛周期に悪影響を及ぼす要素がないためです。

ピルを服用して毛量・毛質が変わっても、通常通りのスパンで脱毛ができます。


ただしピルの副作用で、毛質が薄くなる事があります。

光脱毛やレーザー脱毛はメラニン色素に反応しますが、産毛などの色素が薄い毛には反応しづらいため、通常の太さの毛を脱毛するよりも施術回数が必要になります。



ピル服用中、脱毛する時の注意点は?

ピル服用,脱毛,注意点

ピルを服用している方が脱毛をする場合、どんな点に注意すれば良いでしょうか?

サロンとクリニック、ピル服用への対応の違いはある?

ピルの服用中でも、脱毛を受けられるサロンやクリニックがほとんどです。

ただし対応については、少し違う点があります。


クリニックでは、ピルの服用中でも脱毛を受けられる所が多いです。

医師が在籍しており、ピルについての知識もあるため、万が一何かあった場合にも対応がしやすいためです。


一方で脱毛サロンには、ピルの服用中は脱毛が受けられない所もあります。

また脱毛が可能でも、医師の同意書が必要な所もあるなど、サロンによってその対応は異なります。

<関連記事>:皮膚科クリニックVS脱毛サロン!顔脱毛するならどっち?


ピルを服用していても通えるサロンはどこ?

大手サロンでは、ピルを服用していても問題ないケースが多いです。

ピルの服用中でも脱毛が可能としているのは、ジェイエステやシースリー、銀座カラーなどです。


キレイモは低用量のピルなら脱毛可能ですが、中容量、高容量のピルを服用している場合は、施術を受けられません。

ミュゼでは医師への確認が必要です。脱毛ラボでは薬を服用中のお手入れはできないため、ピル服用中の脱毛はできません。


これらの対応はサロンの方針などによっては変更になる可能性があるため、カウンセリング時にスタッフに確認して下さい。

またミュゼのように、医師への確認が必要なサロンもあるため、カウンセリングを申し込む前に、かかりつけの婦人科医に相談しておいた方が良いでしょう。

ピル服用し始めの脱毛は避ける

ピルを服用し始めると、ホルモンバランスが変化します。

肌も過敏になり、赤みや痛みが出やすくなる場合があります。


また頭痛や吐き気などの体調不良も、服用し始めた頃に多いとされています。

そのため服用し始めて3か月ほどは脱毛を控え、体調が整ってから脱毛を受けるようにしましょう。



以上、ピルの服用が脱毛に与える影響について見てきました。

ピルを服用していても問題なく脱毛できるサロンが多いため、かかりつけの婦人科に相談しつつ、脱毛を検討してみて下さいね。

    < まとめ >

  • ピルには月経周期を整える、生理痛の緩和などのメリットがある
  • ピル服用中でも、脱毛を受けることは十分可能
  • ピルの副作用で毛量・毛質が変化したり、肌が光に過敏になることがある
  • ピルは毛周期とは無関係のため、脱毛への影響はない
  • サロンでの脱毛は医師の同意書が必要だったり、施術できない事もある


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング