脱毛できない肌とは?肌荒れ・日焼けはどこまで平気?

脱毛できないお肌とは

エステや脱毛サロンの光脱毛は、肌に優しいというイメージがありますよね。

しかしそんな光脱毛でも、肌荒れや日焼けなど、肌の状態によっては脱毛ができない場合があります。


脱毛が断られる肌荒れや日焼けとは、具体的にどの程度なのでしょうか?トラブル肌でも脱毛できる方法も、併せて紹介します。


あなたは大丈夫?こんな肌は脱毛NG!

脱毛不可の肌

脱毛サロンで導入されている光脱毛は、特殊な光を肌に照射して毛根のメラニン細胞に働きかけ、ムダ毛を無くす仕組みです。

しかし、肌の状態によっては十分に脱毛効果が発揮できない場合や、肌にダメージを与える可能性があります。


どんな肌がNGとなるのか、具体的に見ていきましょう。

1.日焼けした肌

多くの脱毛サロンでは、日焼けした肌の脱毛はNGです。日焼けをしている肌は、メラニン色素によって黒くなっています。

そのため、本来なら毛根にしか反応しないはずの光が肌全体に反応してしまい、肌に強い刺激を与える危険があるのです。


また、日焼け後の肌は乾燥してダメージを負った状態です。

日焼けしたばかりの肌に光を照射してしまうと、痛みやかゆみ、炎症が起こりやすくなるため、脱毛前には必ず「日焼け直後でないか」という確認があります。

2.肌荒れ、アトピー肌

肌荒れやアトピー肌の悩みを抱えている方は、光を照射する施術で症状が悪化する可能性があります。

特にアトピー肌の方は、光に対する過敏性を持っているケースもあるため、カウンセリング時の確認で申告すると、契約自体を断られる可能性もあります。

3.シミやホクロがある場所

メラニン色素の多いシミやホクロがある部分は、脱毛の照射によって肌に強いダメージを与える可能性があります。

そのためこういった部分は、上から保護シールを貼って、直接光が当たらないようにして照射を行います。


万が一大きなシミがある場合は、その部分だけ避けて光を当てることになるため、「他の部分はツルツルなのに、シミの部分だけ毛が生えている」となってしまう場合もあります。

<関連記事>:顔脱毛したいけど…ニキビがあるとできないの?

4.傷やアザがある場所

傷やアザがある場所は、正常な状態の皮膚よりもダメージを受けやすいです。

色素沈着や炎症といった肌トラブルを起こしやすいので、こちらも施術はNGとなります。


傷が治った後でも、傷あとが残ってしまうと照射してもらえない可能性があるため、けがをした箇所はできるだけ刺激を避け、早くきれいに治す必要があります。

5.タトゥーが入っている場所

光脱毛が反応するのは、メラニン色素だけではありません。

色の濃い部分全般に反応してしまうため、タトゥーのインクにも影響が出ます。


万が一タトゥーの上から光を照射した場合、タトゥーの色が変色したり、色が薄くなる可能性があります。

また色が濃い分、火傷のリスクも高まるため、タトゥーが入っている場所は施術を断られる場合がほとんどです。


日焼けや肌荒れ、脱毛NGとなる目安は?

日焼け肌の脱毛

日焼けや肌荒れと言っても、素人にはどれくらいの状態で脱毛NGになるか判断しづらいですよね。脱毛サロンでNGとなる目安をまとめました。

日焼けはどれくらいまでなら大丈夫?

日焼けしている肌は、まず日焼け直後かどうかが重要になります。

日焼け直後の肌は乾燥しており、刺激にも弱い状態になっているので、脱毛することはできません。


また、肌が赤くなっている状態は既に炎症が起こっているので、赤みが収まるまでは脱毛はできません。

日焼けの黒さはサロンによって判断基準が異なりますが、「少し色黒に見える」という程度なら大丈夫でしょう。


ただし、ビーチでこんがり焼いた肌や、日焼けサロンで黒くした肌はNGの場合がほとんどです。

3~4ヶ月かけて元の肌色に戻るまで、施術を受けられないこともあります。これから脱毛を予定して入る方は、過度な日焼けは避けましょう。

脱毛を断られるほどの肌荒れとは?

肌の赤みや発疹、皮むけなど、一見して普通の肌と異なる状態は脱毛NGです。

また、乾燥がひどく粉ふき肌になっているような場合も脱毛できません。


保湿クリームなどで改善できる程度の肌荒れなら問題ないので、肌荒れが気になる方は日頃から保湿ケアが重要です。

ただし脱毛効果に影響が出るため、施術当日にクリームやオイルを塗るのは避けましょう。


サロンが販売している保湿剤なら当日も使用できるものがあるので、そういったケアアイテムを使うのもおすすめです。

<関連記事>:脱毛するとニキビができにくくなるって本当?

迷う場合はサロンで確認を

肌状態による脱毛の可否については、実際にサロンのスタッフに見てもらわないと、判断がつかない場合がほとんどです。

そのため電話などで問い合わせても、明確な回答をもらう事は難しいでしょう。


多少の日焼け肌や肌荒れは施術を受けられますが、可能であれば、肌状態が戻るまでは脱毛をお休みするのがおすすめです。

というのも、肌の状態が万全でない場合、照射の出力を弱められるケースが多いです。


出力が弱いと脱毛効果も大幅に減少するため、脱毛期間が長引き、契約した回数で終わらい可能性も出てきます。

「キャンセル料がかかってしまう」「利用期限が迫っている」などの特別な事情がない限りは、次の機会に延期しましょう。


NG肌でも脱毛したい!対処法はある?

肌荒れの脱毛

肌の状態が脱毛NGだからといって、自己処理を続けているのは肌に悪影響です。

NG肌でもサロンで脱毛するにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは肌質改善を最優先

安全に脱毛を受けるには、肌を正常な状態にすることが大切です。

もしもNG肌が治りきらない状態で施術を受ければ、かえって肌の状態が悪化することは間違いありません。


敏感肌や乾燥肌の人は、日頃から正しいスキンケアを心がけましょう。

また、アトピー肌など治りづらい肌トラブルを抱えている場合は、皮膚科で診察を受けるのがおすすめです。


日焼け肌の場合は、まずは保湿をして乾燥を抑え、炎症の無い肌に戻すことが大切です。

乾燥していると肌にダメージを与えるだけでなく、脱毛効果も劣ります。


時間はかかるかもしれませんが、肌質改善を最優先することが、結果的に脱毛後の綺麗な肌と高い脱毛効果に繋がります。

<関連記事>:【実は危険!】乾燥肌は脱毛を断られるって本当?

トラブル肌でもOKの脱毛方法はコレ!

一般的な光脱毛は、毛根のメラニン色素に強い熱を与えて脱毛します。

トラブル肌が脱毛できない一番の原因は、光を照射した際の熱が日焼け肌やシミ、肌荒れの部分に大きな刺激を与えるからです。


しかし脱毛サロンの中には、照射の際のダメージを極力抑える脱毛を行っているところもあります。

それが、SHR脱毛やハイパースキン脱毛と呼ばれる脱毛法です。SHR脱毛やハイパースキン脱毛は、蓄熱式の脱毛です。


従来の光脱毛がメラニン色素に反応して高熱のダメージを与えるのに対し、蓄熱式はほとんど熱を感じることはありません。

さらに、光がメラニン色素に反応しないため、日焼け肌やシミ・ほくろがある部分でも脱毛することができます。


極端な肌荒れやケガをしている部分はNGですが、これまで他の脱毛サロンで施術を断られた方でも、SHR脱毛やハイパースキン脱毛なら施術を受けられる可能性があります。

    <この記事のまとめ>

  • エステやサロンの脱毛は、どんな肌でも受けられるわけではない
  • 日焼け、肌荒れ、シミ、アトピー、タトゥーなどの「NG肌」がある
  • 肌の状態によってはトラブル箇所を避けて施術できることも
  • 満足できる脱毛効果を得るには肌質改善が最優先
  • SHR脱毛やハイパースキン脱毛なら、トラブル肌でも脱毛できる



全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング