フラッシュ脱毛とは?メリット・デメリットを紹介します

フラッシュ脱毛

脱毛に興味がある人であれば、一度は「フラッシュ脱毛」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

この記事では、フラッシュ脱毛のメリット・デメリットについて、他の脱毛方法と比較しながら詳しく紹介します。


これを読んで、脱毛方法を選択する際の参考にしてください。


フラッシュ脱毛ってどんなもの?

まずはフラッシュ脱毛がどんなものなのか、その仕組みや種類・特徴を詳しく見ていきましょう。

また、フラッシュ脱毛以外にはどんな脱毛方法があるのか、それぞれ簡単に紹介していきます。

フラッシュ脱毛とは

フラッシュ脱毛は、脱毛サロンで主に用いられている方法です。

肌に特殊な光を照射し、その光の熱によって毛根の組織を攻撃します。


この光はメラニン色素に反応するため、肌へのダメージは比較的少なく、それよりも毛や毛根などの黒い部分に効果を発揮します。

フラッシュ脱毛を行うことによって、今生えているムダ毛を処理できるほか、毛根の働きを弱めて新しい毛が生えにくい状態を作ることができます。

フラッシュ脱毛の種類



フラッシュ脱毛にもいくつかの種類があり、それぞれ特徴があります。

ここでは3種類の脱毛方法を取りあげ、その違いを見ていきたいと思います。


まず1つめはSHRという方法です。

SHR方式では毛包(毛穴の表面と毛の間にある空間)に作用する光を、短い時間に連射することで脱毛します。


メラニン色素ではなく毛包に働きかけるため、毛周期に合わせて施術を行う必要がありません。

産毛や色素の薄い毛でも処理でき、ほくろやあざがあっても関係なく施術を行えるのが特徴です。


2つめはSSCという方法です。

SSC方式は、ムダ毛を処理したい箇所にジェルを塗り、そこに光を当てることで脱毛します。

ジェルの上から照射するため痛みが少なく、肌トラブルを起こす可能性も低いため、肌が弱い人にオススメの方法です。


3つめはIPLという方法です。

IPLは光を拡散させて広範囲に照射し、毛根にダメージを与えることで脱毛する方法です。

光が一カ所に集中しないので肌には優しいですが、その分効果も弱く、脱毛が完了するまでの期間は長くなります。

フラッシュ脱毛以外は、どんな方法があるの?

フラッシュ脱毛以外の方法について、レーザー脱毛・ニードル脱毛・ワックス脱毛の3種類を紹介したいと思います。

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛とよく似た方法で、照射した光の熱を利用して毛根細胞を破壊し、ムダ毛の処理をしています。


ただし、レーザー脱毛は医療機関でしか受けることができず、フラッシュ脱毛より強い光を用いるという違いがあります。

ニードル脱毛は、抜きたい毛の毛穴に針を刺し、そこに電気を流すことによって脱毛する方法です。


1本1本処理するため時間がかかりますが、脱毛効果は非常に高く、毛根からキレイに除去できるためほぼ永久的に効果が持続します。

ワックス脱毛は、ムダ毛を処理したい部分にワックスを塗り、そのあとテープを使ってムダ毛を毛根から抜き去る方法です。


ある程度の面積を一気に処理でき、必要な物を購入すればセルフケアすることもできます。


フラッシュ脱毛のメリットは?

フラッシュ脱毛,デメリット

それでは、フラッシュ脱毛にはどんなメリットがあるのでしょうか。

他の脱毛方法との比較も交えながら、フラッシュ脱毛の主なメリットを3つ紹介します。

料金が安い

サロンではフラッシュ脱毛が最も主流です。

脱毛サロンの数が増えたことや、脱毛器機の性能がアップしたことなどによって価格競争が起こり、フラッシュ脱毛にかかる費用はかなり安くなってきています。


ムダ毛がほとんど目立たなくなるレベルまで脱毛するとなると、サロンでは9~12回程度施術を行うことになります。

全身脱毛の場合、それにかかる費用は総額23万円程度が相場です。


もしクリニックで同じように全身脱毛しようとした場合、5~6回程度の施術で完了しますが、費用の方は総額40万円程度が相場となっています。

サロンの料金と比べるとかなりの差です。


また、サロンではプランによってかなり料金が割安になったり、キャンペーンを行ったりしていることもよくあります。

「とにかく安く脱毛したい!」という人はこういったキャンペーン等を利用するのもオススメです。

<関連記事>:全身脱毛の費用はどのくらい?脱毛サロンごとに値段を比較してみた!

痛みが少なく肌に優しい

フラッシュ脱毛はレーザー脱毛より弱い光を使用しており、肌に優しいのが特徴です。

脱毛は少なからず肌に負担を与えてしまいますが、その中でも特にダメージが少ないのがフラッシュ脱毛です。


肌へのダメージが少ないため、施術中の痛みもほとんどありません。

強力なレーザー脱毛の痛みに耐えられずに、フラッシュ脱毛へ変更する人もいるくらいです。


敏感肌の人や痛いのが苦手な人には、肌に優しいフラッシュ脱毛がオススメです。

<関連記事>:Vライン脱毛は痛いって本当?痛みの少ない脱毛サロンはどこ?

施術時間が短い

フラッシュ脱毛の器機は広範囲に照射できるため、施術時間が短くてすむというメリットがあります。

ムダ毛を1本1本地道に抜いていくニードル脱毛と比較すれば、その差は歴然です。


施術中何か特別なことをしている訳ではありませんが、案外気付かないうちに、精神的にも肉体的にも疲れているものです。

特に通い始めのうちは慣れなくて、緊張やストレスで疲れてしまうかもしれません。実際に施術を受けた経験がある人は分かるでしょう。


その点フラッシュ脱毛であれば、全身脱毛でも1時間かからずにできるサロンがほとんどです。

しかも、脚やワキなどの部分脱毛であれば15分程度で済んでしまいます。


施術時間が短いということは、施術による体力的精神的な消耗が少ないだけでなく、学生や社会人など忙しい人でも、ちょっとした時間を使って通いやすいということです。

サロンにはある程度の期間通い続けることになるので、学校・会社帰りにでも行けるのはありがたいですよね。


フラッシュ脱毛にデメリットはある?



メリットがあれば、当然デメリットもあります。

前項と同様に、他の脱毛方法との比較を交えつつ、フラッシュ脱毛のデメリットを3つ紹介します。

脱毛効果が弱く、完了までに時間がかかる

肌への負担が少ない分、フラッシュ脱毛は効果が弱く、完了するまでに時間がかかります。

1、2回ではほぼ変化がなく、3~4回目くらいで効果が出始めますが、ここではまだ毛の生え方が遅くなる程度です。


個人差はありますが、フラッシュ脱毛が完了するまでには9~12回程度施術を行う必要があります。

このくらいになると肌の表面がツルツルになり、毛の自己処理がほとんどいらない状態になっています。


2~3ヵ月に1回程度のペースで施術を行うとすると、1年半~2年半程度かかることになります。

レーザー脱毛も光によって毛を処理しますが、フラッシュ脱毛よりも強い光を当てるため、施術回数も少なく完了までにかかる期間も短くなります。


レーザー脱毛は5~6回程度で完了することが多く、期間にすると1年~1年半程度です。

「早くツルツルのお肌になりたい!」という人にとっては、フラッシュ脱毛はあまり向いていないと言えるでしょう。

<関連記事>:全身脱毛にはどのくらいの期間がかかるの?

色素の薄い毛には効果が出づらい

フラッシュ脱毛で照射する光はメラニン色素に反応するため、色の濃い毛ほど効果が出やすくなります。

その反面、色素の少ない産毛や白髪には効果が出にくいというデメリットがあります。


SHRであれば色素の薄い毛でも脱毛できますが、あまり扱っているサロンは多くありません。

アイセル、ストラッシュ、ラココなどであればSHR脱毛が可能です。

「永久脱毛」ができない

フラッシュ脱毛は「永久脱毛」(脱毛が完了してから一ヶ月後の髪の再生率が20%以下の脱毛方法)ではありません。

施術の回数を重ねることで充分効果は得られますが、脱毛が完了してから数年後にまた毛が生えてくる場合もあります。


とはいっても、脱毛前と同じように毛が生えてくるわけではありません。

大体は産毛などの細かい毛ですが、もし不安であれば永久保証付きのプランにするのがオススメです。

    < まとめ >

  • フラッシュ脱毛は、メラニン色素に反応する光を当てて毛根にダメージを与える方法
  • SHR・SSC・IPLなどの種類があり、サロンによって採用しているものが異なる
  • 脱毛期間が長くても、できるだけ安く、肌に優しく脱毛したい人にオススメ
  • (SHRを除き)産毛や色素の薄い毛には効果が出にくいので注意
  • 「永久脱毛」ではないため、産毛程度のムダ毛が生えてくる可能性がある


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング