脇脱毛をすると、フェロモンが減ってモテなくなるって本当?

脇脱毛,フェロモン

「脇毛を脱毛するとフェロモンが減る」という噂を耳にしたことはないでしょうか?

もしその噂が本当なら、せっかく脱毛して綺麗になっても、フェロモンが減ってモテなくなってしまいます。


そもそもフェロモンとはどんなもので、脱毛とはどんな関係があるのでしょうか。

今回はフェロモンと脇脱毛の関係、そしてフェロモンを増やす方法について紹介します。


そもそも、フェロモンとは?

フェロモンとは

よく聞く言葉ですが、「フェロモン」とはどういうものか、ちゃんと知っていますか?

まずはフェロモンについて、基本的な知識を身につけましょう。

フェロモンってどんなもの?

フェロモンにはいくつか種類がありますが、脱毛関係で主に話題になっているのは「性フェロモン」と呼ばれるものです。

性フェロモンとは、相手を惹きつける効果のある分泌物で、男性は女性を、女性は男性を惹きつけるためのフェロモンをそれぞれ分泌しています。


フェロモンは、男性ホルモンや女性ホルモンをもとにして作られています。

女性ホルモンには肌のキメを整えたり、髪にツヤを与えたり、といった様々なはたらきがあります。


名前は似ていますが、ホルモンは自分の体に働きかけるのに対し、フェロモンは他者に働きかけるという点が大きな違いです。

<関連記事>:全身脱毛をするとホルモンバランスが乱れるって本当?

フェロモンと匂いの関係は?

「匂いフェチ」という言葉があるように、人の発する匂いは、時に他人を引き付ける場合があります。

しかし、フェロモンそのものに匂いはありません。


ですが、フェロモンが汗や香水と混じり、その匂いを魅力的に感じる、という可能性は考えられます。

通常の香水は香り成分を配合しているのみですが、なかには人工的に作られたフェロモンを配合したものもあります。


また香りの強いものが苦手な人のために、ヒトフェロモンを濃縮して作られた無臭のフェロモン香水も販売されています。


脇脱毛で、フェロモンは増える?減る?

脇脱毛,フェロモン,減る

さて、ここからが本題です。脇脱毛によって、フェロモンの量は変化するのでしょうか?

脇毛とフェロモンの関係について解説しながら、その真相に迫りたいと思います。

脇毛とフェロモンの関係は?

体内で作られたフェロモンは、「アポクリン腺」という汗腺から体外へ分泌されます。

その際に意外な役割を果たしているのが、脇毛です。


脇毛には肌の表面やリンパ節を守ったり、体温調節をするほかに、汗を拡散させる働きもあります。

脇の下には、アポクリン腺が集中しています。


そこから分泌されたフェロモンは、この働きによって拡散され、より異性に届きやすくなるのです。

脇脱毛をするとフェロモンは減るの?

フェロモンは汗腺から分泌されているわけですから、脇毛がなくなったからといってフェロモンの分泌量が減るということではありません。

また「脱毛して脇汗が増えた」と感じる人もいますが、実はこれも勘違いです。


汗が出ると通常は脇毛を伝って拡散されますが、脱毛すると汗が拡散されず脇に溜まってしまうため、脇汗が増えたように感じてしまうのです。

そのため、「汗が増えた=フェロモンが増えた」と考える人もいるかもしれませんが、残念ながらそういったこともありません。


ただ、絶縁針脱毛(ニードル脱毛)をする場合には、注意が必要です。

絶縁針脱毛は毛穴1つ1つに針を刺し、そこに電気を流すことによって毛根からきれいにムダ毛を抜く方法です。


非常に効果が高い方法ではありますが、この絶縁針脱毛によってアポクリン腺を傷つけてしまう可能性があります。

逆に、レーザー脱毛や光脱毛など、他の方法であればアポクリン腺にダメージを与えることはありません。


心配な人は、絶縁針脱毛以外を選択するのが安全かもしれませんね。

<関連記事>:脇脱毛、何回(どのくらいの期間)通えばつるつるになる?

フェロモンを拡散するためには、やっぱり脇毛が必要?

アポクリン腺が傷付いてしまった場合を除き、脱毛によってフェロモンの分泌量が減るということはありません。

しかし、脇毛がないとフェロモンが拡散しにくくなるのは事実です。


海外では、女性でも脇毛を剃っていない人がたくさんいます。

ムダ毛処理に対する考え方の違いもありますが、海外では魅力を出すために、あえて脇毛を処理しないという人も多いようです。


ただ、現代の人々、そのなかでも特にアジア圏の人々は、ほとんどフェロモンを感じなくなっているとも言われています。

それに加え、日本では「女性の脇毛に魅力を感じない」という男性の方が圧倒的に多く、綺麗にムダ毛を処理している人の方が好まれる傾向にあります。


フェロモンを感じてもらえないのなら、あれこれ心配するよりも、脱毛して綺麗な肌を手に入れた方が相手に魅力をアピールできるかもしれませんね。


フェロモンを増やすための方法は?

フェロモン,増やすには

「脇脱毛でフェロモンの量に変化はない」ということは分かりましたが、逆にフェロモンを増やしたいという人はどうしたらいいのでしょうか?

ここからはフェロモンを増やす方法を3つ紹介していきます。

1.バランスの良い食事を心掛ける

フェロモンの分泌には女性ホルモンが大きく関わっています。

そのため、女性ホルモンがしっかり分泌されていれば、フェロモンも自然と分泌されるようになります。


女性ホルモンがきちんと分泌されるようにするには、普段の生活習慣を見直すことが大切です。

まずは食生活の改善から取り組んでみましょう。


女性ホルモンの分泌に効果があるのは、卵・乳製品・牛肉・ひじき・アーモンド・ほうれん草などです。

これらの食材を取り入れつつバランスの取れた食事をすることで、女性ホルモンならびにフェロモンの活性化が期待できます。

2.上手にストレスを発散

強いストレスを抱えていると、自律神経が乱れ、ホルモンバランスにも影響が出てきます。

ホルモンバランスが崩れると、フェロモンも正常に分泌されなくなってしまいますから、ストレスを溜め込まないように注意しましょう。


仕事だったり人間関係だったり、原因はさまざまですが、普通に生活しているだけでもストレスを感じる場面はたくさんあります。

ストレスを全く感じずに生活する、というのは無理だと言ってもいいくらいかもしれません。


ですので、全くストレスのない状態を目指すのではなく、ストレスを溜め込みすぎないように気を付けましょう。

スポーツやカラオケなど、自分のストレス発散方法を何か見つけておくといいですね。

<関連記事>:脱毛のことを彼氏に相談すべき?反対されない?

3.恋愛、好きな人と過ごす

恋をしたり、好きな人と過ごしたりすると、女性ホルモンのエストロゲンが活性化し、フェロモンが分泌されやすくなります。

「恋をすると綺麗になる」なんて話は、もしかしたらこの仕組みが関係しているのかもしれませんね。


「彼氏もいないし、好きな人すらいない…」という人もご心配なく。

恋とまではいかなくても、何かにときめいたりドキドキしたりするだけで、フェロモンはしっかり活性化されています。


フェロモンが減るからと脱毛をガマンするよりも、きれいになって、自信を持って毎日過ごせる方が良いのではないでしょうか。

それでも「フェロモンが減るのでは」と心配な人は、以上の3点に取り組んでみてください。

    < この記事のまとめ >

  • フェロモンは異性を惹きつけるために分泌されるもので、フェロモン自体に匂いはない
  • フェロモンはアポクリン腺から分泌され、脇毛によって拡散される
  • 脱毛してもフェロモンは減らないが、絶縁針脱毛は汗腺を傷つける可能性があるので注意
  • 現代人はフェロモンをほぼ感じられないため、迷ったら脱毛するのがオススメ
  • フェロモンを増やしたい場合は、生活習慣の改善にも取り組んで

ワキ脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

ワキ脱毛サロン