脱毛中は制汗剤を使えないの?



春から夏にかけての気温や湿度が高い季節、ワキ汗が気になって制汗剤が手放せない!という方も結構多いことだと思います。そういった方にとって気がかりなのが、脱毛施術の当日や脱毛期間中、制汗剤を使っても問題はないか?という点ですよね。

そこで今回は、脱毛中に制汗剤を使えるかどうかについてご説明していきましょう。


脱毛前に制汗剤を使うのはNG?


脱毛前は制汗剤NG?

スプレーしたりロールオンするだけで汗を抑えてくれる制汗剤は、女性にとって強い味方です。しかし、汗を瞬時にケアするということは、それだけ制汗剤が毛穴や汗腺に大きな影響を与えているということです。

では、制汗剤はどういった仕組みで汗を抑えているのでしょうか?制汗剤は、配合された収れん成分によって毛穴をキュッと引き締めたり、デオドラント成分やパウダーで汗腺や毛穴を一時的に塞ぎ、汗の分泌を抑えています。


この仕組みを見ていただいても分かる通り、制汗剤は肌や毛穴に対して決して優しいものではありません。さらに、高い効果をしめすものほど、お肌に対する負担は大きいとされています。

そういった肌負担の大きなケア用品を、脱毛施術を受けた後の敏感な肌に使えばどうなるか。想像しただけで怖いですよね。脱毛サロンやエステ、クリニックでは制汗剤が肌に与える影響を考慮して、施術前の使用を禁止しているところがほとんどとなっています。


また、制汗剤に含まれるパウダーなどが毛穴に詰まった状態で施術を行うと、脱毛効果が妨害されてしまう危険性もあります。これは、毛穴が白いパウダーなどで埋められてしまうと、毛穴の中のムダ毛に光やレーザーが正常に作用しなくなるためです。

脱毛当日は制汗剤の使用を避け、脱毛効果が正しく出る状態を整えた上で施術に臨みましょう。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、自己処理のリスクとは?

施術後は制汗剤を使っても大丈夫?



脱毛前はワキ汗を我慢したものの、帰り道くらいは制汗剤を使いたい……。そんな風に考える方も少なくないと思います。しかし、やはり施術後も制汗剤の使用は控えておくべきです。

先にご紹介した通り、制汗剤が肌に与える負担は大きいため、脱毛後の敏感な肌に使用するのはNGです。特に、施術直後は肌が熱を持っているだけでなく、毛穴が開いていたり、軽い炎症を起こしているケースが多く見られますので、できるだけ肌に刺激を与えない気配りが必要です。


また、制汗剤には収れん剤が配合されていますが、この収れん剤の成分として酸化アルミニウムなどの「金属塩」が含まれている場合があります。この金属塩は残念ながら人体にとって全く無害と言える成分ではありません。

そのため、脱毛施術の直前直後だけでなく、肌がデリケートな状態となる脱毛期間中は、できるだけ制汗剤の使用を控えることをおすすめします。


なお、制汗剤の使いすぎや誤った使用が原因となり、毛穴の黒ずみやかゆみ、炎症などが起こるというケースが近年増えてきています。制汗剤はエチケットの面で頼らざるを得ない場面もありますが、使い方を間違えると、様々な弊害を起こす怖い存在でもあります。

脱毛中の使用は極力控える、使う場合も正しい使用法を守るなど、取扱には十分注意しましょう。

<関連記事>
Vラインのお手入れどうしてる?


脱毛前・脱毛中のにおい対策



脱毛前や脱毛中に制汗剤の使用が制限されるとなると「どうやってワキ汗・におい対策をすればいいの……」と不安になる方も多いと思います。確かに、抜群の汗止め作用をもつ制汗剤が使えないとなると、汗対策について心許ない気持ちになるのも分かります。

ですが脱毛を良い機会として、制汗剤に頼らないワキ汗対策を身に付けてみて下さい。そうすることで、ワキの健康を保ちながら、汗のにおいを根本から撃退できるかもしれませんよ。

制汗剤に頼らない汗ケア方法

1.汗を小まめにふきとる
汗のにおいは、汗単体のものではないってご存じですか?実は、汗の嫌なにおいは汗と雑菌や皮脂が混じることで発生します。そのため、汗が雑菌や皮脂と長時間混じった状態になるのを防ぐため、小まめに拭き取るようにするとにおい対策になります。

清潔な状態を保つ。これが汗対策・におい対策の基本中の基本だということを心にしっかり留めておきましょう。

2.リンパ節を冷却する
制汗剤は毛穴や汗腺を一時的に塞いで汗を止めますが、これはそもそも根本的な問題解決にはなりません。

やはり、汗が気になるのであれば「吹き出す汗の量を減らす」ことを重視すべきです。では、汗の分泌量を抑えるにはどうすれば良いのか。

<関連記事>
全身脱毛、施術時の体勢や格好は?

効果的だとされるのは、リンパ節の冷却です。リンパ節は首の後ろやワキ、太もものつけね、左鎖骨下、ひざ裏などに存在しますので、汗が気になる時は、これらの部位を保冷剤やぬれタオルなどで冷やしてみましょう。

夏場は小さな保冷剤などを持ち歩いておくと、急に汗が吹き出した時などに素早く対処できますよ。

    < まとめ >

  • 脱毛施術の直前直後だけでなく、脱毛中は制汗剤の使用を控えることが大切
  • 制汗剤は毛穴に詰まりやすいため、光脱毛やレーザー脱毛の効果を下げると考えられる
  • 制汗剤は肌に与える負担が大きく、時に黒ずみやかゆみを引き起こすことがある
  • 脱毛中は、汗を小まめに拭き取る・リンパ節を冷やすなど、制汗剤に頼らない汗ケアをすることが大切


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
シースリー
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円