脱毛中は毛抜き処理できない?OKな自己処理法とは?



脱毛サロンに通い始めても、すぐに自己処理から解放される訳ではありません。

初回施術後に効果が見られることはまずありませんし、ムダ毛処理が必要なくなる状態(=脱毛完了)にまでもっていくには、1年~3年程度の時間が必要とも言われています。つまり、脱毛に通っている間は程度の差はあれ、やはり自己処理を続けなければならないということですね。

では、脱毛期間中のムダ毛処理は脱毛前と同じように行っても問題ないのでしょうか?今回は、脱毛中の自己処理の注意点についてご説明していきたいと思います。


脱毛中は毛抜き処理できない理由



脱毛施術に入る前の初回カウンセリングで「脱毛中は毛抜きを使ったムダ毛処理を行わないで下さい」と指導があるかと思います。

毛抜きを使用したムダ毛処理は、カミソリよりも仕上がりがキレイでコストもかからないため多くの女性が実践しています。では、なぜNGとされているのでしょうか?


その理由は、ムダ毛を毛抜きで処理してしまうと光脱毛(フラッシュ脱毛)やレーザー脱毛の効果が出なくなってしまうからです。

光脱毛やレーザー脱毛では、体毛に含まれる黒い色素(メラニン色素)に反応する光を照射してムダ毛を脱毛する仕組みとなっています。つまり、毛抜きでムダ毛を抜いて処理してしまうと、光をいくら照射しても作用するはずのメラニンがないため脱毛効果が得られない、という訳です。

<関連記事>
全身脱毛するなら脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?

また、毛抜きを使った処理は毛穴や肌に与えるダメージが非常に大きく、肌トラブルを引き起こす原因となることも少なくありません。毛抜き処理でダメージを受けている肌に、熱エネルギーを発生させる光脱毛やレーザー脱毛を行った場合、どうなるかは簡単に想像がつきますよね。

さらに、毛抜きを使用してムダ毛を抜いてしまうと毛周期が乱れてしまい、予定する脱毛施術の周期とあわなくなるケースもあります。一度乱れた毛周期を正常な状態に戻すには、最低でも3ヶ月は必要と言われています。脱毛スケジュールに遅れを出さないためにも、毛抜きを使った処理は絶対に避けましょう。


なお、脱毛テープや脱毛ワックスを使用した自己処理も、毛抜きと同じ理由からNGとなっています。脱毛中はサロンスタッフや担当者の指導を守り、NGとされる処理方法でムダ毛をお手入れしないよう気をつけましょう。

<関連記事>
Vラインのお手入れどうしてる?

脱毛中にNGなムダ毛処理方法とは?



毛抜きや脱毛ワックス・脱毛テープ以外にも、脱毛期間中NGとされている処理方法がいくつかあるのでご紹介しましょう。

1.カミソリ

ムダ毛処理の方法の中で最もポピュラーなカミソリを使った剃毛ですが、脱毛期間中はNGです。その理由はやはり、肌に与えるダメージが非常に大きいことによります。カミソリはどんなに気を配って丁寧に行っても、肌の表面を削り取ってしまい乾燥を招きます。

また、細かな傷が肌に無数にできてしまうためカミソリ負けを起こしやすく、最悪の場合、炎症や化膿などが起きてしまいます。埋没毛や色素沈着を引き起こすリスクがある点も要注意ですね。

乾燥肌や炎症を起こしている肌に対しては、サロンの光脱毛などを行えない可能性が多いので、カミソリを使った自己処理は行わないようにしましょう。

2.除毛クリーム

除毛クリームは毛抜きやカミソリよりも手間がかからず、ケガなどの心配がないという理由から広く用いられています。

しかし、除毛クリームの主成分はタンパク質を溶かす成分となっているため、多くの女性が思っている以上に肌に対して大きなダメージを与えるツールとなっています。


最近は敏感肌用の除毛クリームなどもありますが「ムダ毛を溶かして取り除く」という効果がある以上、肌への刺激はどうしても避けることができません。

除毛クリームでダメージや刺激を負って弱った肌は、光脱毛の少ない刺激でも敏感に反応してしまう可能性があります。万全な状態で脱毛の施術を受けるためにも、脱毛期間中は脱毛クリームの使用は控えましょう。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛で気になるデリケートゾーンの悩み!

脱毛期間中でもOKなムダ毛処理方法とは?



脱毛サロンでも施術後の自己処理について説明があるかと思いますが、基本的には控えた方がベターです。お肌にダメージの少ないフラッシュ脱毛でも、ある程度の熱を浴びたわけですから、冷やして保湿し、そっとしておいてあげるのがお肌にとって一番です。

しかし、そういう訳にもいかないという方も多いでしょう。毛抜きもカミソリも除毛クリームも駄目となると、何を使えば良いか分からなくなってしまいますよね。


そこでオススメなのが「電気シェーバー」です。電気シェーバーは多くの脱毛サロンで推奨されている自己処理ツールです。特に、顔用の電気シェーバーは肌への負担がとても少ないため、初回カウンセリングの際に必ずと言って良いほど使用を勧められます。

大手サロンの中には、ムダ毛処理に使える顔用シェーバーやデリケートゾーン専用のシェーバーなどを販売している所もありますので、それらを参考にして購入するのも良いでしょう。

    < まとめ >

  • 毛抜きを使用したムダ毛処理は、脱毛効果を損なうためNG
  • ワックスや脱毛テープも、毛抜きと同じ理由から使用NG
  • カミソリや除毛クリームを使った自己処理は肌ダメージが大きいため、脱毛中は使用すべきではない
  • 脱毛期間中は電気シェーバーを使った自己処理が推奨されている

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
シースリー
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円