脱毛後、痛みが残る・・・原因は?



脱毛の悩みとして最も大きいものの一つに、施術後に残る痛みがあります。

施術中の痛みであれば「その場限り」として耐えきることもできますが、施術後にいつまでも痛みが残ったり、ピリピリとした刺激や違和感が続いてしまうと、脱毛を続けることに不安を感じたり気持ちが憂鬱になったりしてしまいます。

こういった痛みや違和感はなぜ起こってしまうのでしょうか?


脱毛後、痛みが残る・・・

・脱毛後の痛みが心配で脱毛を開始できない
・痛みが続くせいで脱毛に通うのが怖くなった

こういった女性の声は少なくありません。ここで、脱毛後の痛みについての体験談をいくつか見てみましょう。

体験談1 ワキが熱を持って痛みが長期間続いた



脇脱毛を開始して4回目、いつも担当してくれる施術者がお休みとのことで、初めて会う方に脱毛をしてもらいました。

この4回目の施術がとても痛く、脱毛を中断するきっかけとなりました。それまでの施術は「ちょっと温かいかな?」といった程度だったのですが、新しいスタッフの施術は初めから我慢できないほど痛く、息ができないくらいでした。


「痛かったら言って下さいね」という呼びかけに「痛いです!」と叫んでも「もう少しなので頑張りましょうねー」と返され、結局、15分ほど脂汗をかきながら痛みに耐えることになりました。

その上、冷却器もあまり当ててもらえず、保冷ジェルの塗り方も雑で「本当に酷い目にあった……」とフラフラになりながら帰宅したのですが、地獄はこれからでした。

帰宅後、脇があまりにも熱く鏡で見ると赤くなっていたので急いで保冷剤で冷やし、念のため早めに就寝することにしました。

<関連記事>
全身脱毛、どこの部位が一番痛い?

しかし、寝ている間にも脇にジンジンとした痛みがあり、だるさのような違和感を感じるようになりました。不安になり起きて再度保冷剤で冷やしましたが改善せず、ほとんど眠れずに朝を迎えてしまいました。

翌日になっても痛みや違和感、だるさは引かず、神経や血管などにダメージを受けているのではないか?と大変不安になり、皮膚科に駆け込んだところ広範囲にわたってひどい肌ダメージを受けていることが分かりました。

治療には2週間ほどかかり、その間痛みや刺激が続き本当に散々でした。以来、脱毛が怖くなってしまいました。

体験談2 痛みが続いた後、施術の痕が残ってしまった



クリニックのレーザー脱毛に通い始めた当初は痛みが強く、施術中に涙ぐむほどでした。ですが、2、3回も通うと痛みに慣れるようになり、これなら最後まで耐えられると安心していました。

しかし、5回目の施術の時に激痛を感じて泣き叫んでしまい、痛みを訴えたらすぐに照射中止となりました。施術後の肌を見てみると肌が赤黒く変色しており、痛みだけでなくかゆみまで感じる状態で心配になりました。

すぐに診察してもらい塗り薬が処方されましたが、痛みは5日ほど続き、肌には赤い斑点がポツポツ残ってしまっています。治療を続ければ元通りになると言われましたが、色素沈着が残ってしまうのではと不安です。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛の痛みはどのくらいなの?


なぜ痛みが残るの?



脱毛後に痛みが残ったことのある女性の体験談をご紹介しましたが、これらの例は施術・医療事故ともいえる酷い状態ものです。しかし、脱毛施術を受ける以上、誰にでも起こり得る事例であることは覚えておきたいところです。

これほど酷い症状がでることは稀ですが、脱毛後に皮膚にヒリヒリとした痛みを感じ、この痛みが翌日頃まで続くことは珍しくありません。では、この痛みの原因はなんなのでしょうか?

脱毛後の痛みの原因は?

脱毛後の痛みの原因は、ズバリ熱による肌ダメージによるものです。光脱毛やレーザー脱毛は、特殊な波長を持つ光を肌に照射し、毛根と毛包に含まれるメラニン色素と作用させて熱を発生させ、その熱で体毛を処理する脱毛方法です。

メラニン色素と光の作用によって生じる熱は、毛根自体や毛根内の毛母細胞にダメージを与えて抑毛効果を発揮しますが、この熱が毛穴や肌にも影響を与えてしまい、軽い火傷の症状が現れるケースがあります。

この火傷がヒリヒリとした痛みや違和感の原因なのです。

<関連記事>
Vライン脱毛、何回コースがおすすめ?


脱毛後に痛みが残ったら



脱毛後のヒリヒリした痛みや違和感は、施術による軽い火傷や炎症反応によるものです。そのため、施術後に速やかに肌を冷やし保護することが大切になります。

以下に具体的な対策方法を挙げていますので参考にして下さい。

対策1 とにかく冷やす

施術後に痛みが続く場合は、皮膚の炎症反応が強いことが考えられますので、通常の火傷や日焼けなどと同様に、まず冷やして肌を落ち着けることが大切です。

痛みが強い部分は熱を持っていることがほとんどなので、保冷剤やぬれタオルなどを当てて熱を冷ますことを第一に考えましょう。

対策2 刺激の少ないケア用品でアフターケアをする

施術で熱ダメージを受けた肌は、皮膚のバリア機能を失ってしまっています。肌を十分冷やした後は、低刺激の化粧品で肌が失った水分を補給し、美容液やクリームを使って保湿を行いましょう。

保湿を行うことで肌はクリームによって保護され、外部刺激を受けにくくなり水分の蒸散もしにくくなります。

対策3 安静にしておく

炎症や火傷部分を冷やし保湿を行っても、全身の血行がよくなると炎症反応が強くなる危険性があります。脱毛施術後は激しい運動や入浴は避け、できるだけ安静にしておきましょう。また、血行を良くする飲酒も控えるのが無難です。

これらの対策を行うことで、ヒリヒリする程度の痛みは改善可能です。しかし、これらの対策を行っても痛みが続く場合は、炎症や火傷の度合いが深い可能性がありますので、速やかに担当スタッフや医師に相談しましょう。

また、施術に使用するマシンの出力が強ければ強いほど、火傷や炎症のリスクは高くなります。痛みに弱い方、耐性がない方の場合は、マシンの出力が高いレーザー脱毛よりも、出力が低く肌ダメージが少ない光脱毛の方がオススメです。

    < まとめ >

  • 脱毛後に残る痛みは、施術時に発生する熱による火傷や炎症によるものだと考えられる
  • 施術時の痛み対策としては、冷却や保湿が効果的
  • 炎症反応や軽い火傷がある状態で血行が良くなり過ぎると、施術後の痛みが続いてしまうため要注意
  • 痛みに弱い方や耐性がない方には、低い出力で施術する光脱毛がおすすめ


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
シースリー
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円