顔脱毛中の日焼けは絶対NG!脱毛開始に最適な時期は?

顔脱毛,日焼け

脱毛を始めると、脱毛期間中に日焼けをしないように指示を受けます。

日焼けと脱毛にはどんな関係があるのでしょうか?


また、どのくらい日焼けをすると脱毛できなくなってしまうのでしょうか?

この記事では、顔脱毛と日焼けの関係について詳しく解説していきます。


脱毛開始に適した季節についても紹介していますので、これから顔脱毛を考えている人はぜひ参考にしてみてください。


日焼けをすると、顔脱毛を受けられないって本当?

顔脱毛,日焼けNG

そもそも「日焼けをすると、顔脱毛を受けられない」のはなぜなのでしょうか。

まずは脱毛と日焼けの関係について詳しく見ていきましょう。

脱毛期間中に日焼けがNGの理由は?

まずは日焼けのメカニズムについて簡単に説明しましょう。

紫外線を浴びると、肌の奥にあるメラノサイトという組織から「メラニン色素」が作られます。


メラニンには紫外線を吸収して肌が受けるダメージを最小限に抑えるはたらきがありますが、その後すぐに排出されることはなく、しばらくは肌にとどまっています。

このように、肌に残ったメラニン色素によって、肌が黒くなる「日焼け」が起きるのです。


レーザー脱毛や光脱毛には、メラニン色素に反応する特殊な光が用いられています。

通常はムダ毛のメラニン色素にだけ反応するのですが、日焼けをしていると、ムダ毛だけでなく肌のメラニンにも光が反応してしまいます。


また、日焼けによってダメージを受けた肌は照射後に肌トラブルを起こしやすくなるため、脱毛期間中は日焼けしないように充分注意しなければなりません。

<関連記事>:脱毛できない肌とは?肌荒れ・日焼けはどこまで平気?

日焼けした肌で脱毛を受けるとどうなるの?

日焼けした状態で脱毛をすると、施術時の痛みが強くなり、火傷を起こすリスクも高くなります。

先程述べたように、日焼けをしていると、本来必要のない肌まで光に反応してしまうことになります。


そのせいで、日焼けしていない時に比べ、強い痛みを感じる場合があります。

おまけに、光が拡散してムダ毛にピンポイントで照射できないため、脱毛効果も低下してしまいます。


また、日焼けした肌というのは、軽い火傷を負っているのと同じような状態です。

水分が失われて乾燥し、バリア機能も低下した状態ですので、照射した光の熱によって火傷してしまう危険性が高くなります。

顔の日焼け、どれくらいまでならセーフ?

日焼けには、赤く炎症を起こすタイプと黒くなるタイプの2種類がありますよね。

赤く炎症を起こすタイプについては、日焼けをしていると施術できない可能性が非常に高いです。


というのも、このタイプは紫外線によって皮膚の奥の方までダメージを受けているからです。

最低でも2週間、症状が落ち着くまで様子見をすることになります。


黒くなるタイプについては、通常の肌より色が濃くなっている場合、施術を受けられない可能性があります。

露出していた部分とそうでない部分がくっきり分かるようだと、日焼けとみなされるかもしれません。一度スタッフに相談してみましょう。


多少の日焼けであれば施術を受けられることもありますが、肌荒れや火傷のリスクを避けるため、照射の出力を下げられる場合があります。

そうすると、出力が弱くなった分脱毛効果も落ちてしまうので注意が必要です。


日焼けだけじゃない!夏に顔脱毛を避けたい3つの理由

夏,顔脱毛

ここまで見てきた通り、日焼けをしやすい夏場は顔脱毛に適した季節とは言えません。

実は日焼けしやすいという理由以外にも、夏に顔脱毛を避けるべき理由があるのです。


ここでは、その理由を3つほど紹介したいと思います。

理由1:肌に熱がこもりやすいから

レーザー脱毛や光脱毛は、メラニン色素に反応する光を照射し、その光の熱によって毛根にダメージを加えていきます。

施術後は、この肌に残った熱を冷ますためアイシングを行います。


普段はアイシングのあと時間の経過と共に肌の状態が落ち着いてくるのですが、夏場はそうはいきません。

施術後、気温が高く日射しも強い屋外へ出て行くことにより、肌の内側に熱がこもったままになりがちです。


そうなると、火傷や乾燥肌などの肌トラブルを招きやすくなります。

<関連記事>:【引かれたらどうしよ…!】Iライン脱毛したいけど、恥ずかしい…

理由2:汗をかきやすいから

汗をかくこと自体がダメというわけではなく、汗と皮脂、メイクなどが混じることで肌のコンディションが崩れやすいから、というのが理由です。

分泌されたばかりの汗はほぼ無菌状態ですが、皮脂やメイクなどと混じり合うことによって、雑菌が繁殖しやすい環境ができあがります。


体の方は汗ふきシートなどで拭き取ればいいのですが、顔の方はいちいちメイクを落とすわけにもいきませんよね。

かといって汗をかかないことも、ノーメイクで過ごすことも現実的には難しいでしょう。


そのため汗をかきやすい時期は、どうしても肌のコンディションが悪くなりがちです。

もしこのままの状態で顔脱毛の施術を受けると、汗が脱毛後の毛穴に入って肌トラブルを引き起こす可能性があります。


また、気温が高く血行が良くなることも肌トラブルの原因になります。

理由3:体調を崩しやすい時期だから

夏は暑さで夏バテしたり、屋内と屋外の温度差にやられたりと体調を崩しやすい時期でもあります。

体調を崩していると免疫力が下がり、普段よりも施術による痛みを感じやすくなる場合があります。


これは夏に限った話ではありません。夏以外でも、体調が優れないときは無理して脱毛をしないようにしてください。

短時間の施術でも、思っている以上に体力や気力を消費しています。


いつから始める?脱毛に最適なシーズンは?

顔脱毛,季節

夏が顔脱毛に向いていないのであれば、いったいどのシーズンから脱毛を始めるのがベストなのでしょうか?

ここからは脱毛と季節の関係について紹介します。

予約が取りやすいのは秋・冬

予約の取りやすさで考えるなら、秋・冬に始めるのがオススメです。

やはり肌を露出する機会が多い夏に脱毛をする人が多く、8月下旬頃から少しずつ空き始めて、10月くらいになると脱毛サロンが閑散期に入り予約が取りやすくなります。


また、秋・冬はあまり日焼けの心配をしなくてすむのもポイントです。

秋・冬から脱毛を始めて順調にいけば、まだ完了はしていませんが、次の夏にはかなり自己処理が楽な状態になっていることでしょう。

<関連記事>:全身脱毛にはどのくらいの期間がかかるの?

割引キャンペーンが多いのは春~夏

割引キャンペーンの多さで考えるなら、春~夏に始めるのがオススメです。

どうしても「脱毛=夏」というイメージが強く、脱毛サロンもそれを活用して宣伝をしています。


新生活のスタートや夏に向けての売り込みが増えるため、費用を抑えたい人は春~夏に始めるのが良いかもしれません。

ただし、キャンペーンが多くなると利用者も多くなります。


そうすると予約が取りにくくなり、「なかなか自分の都合の良いときに通えない…」ということも出てくるかもしれません。

また、徐々に気温が上がり日射しも強くなるため、紫外線対策にも気を付ける必要が出てきます。

「脱毛したい!」と思った時がはじめ時

脱毛は2~3ヵ月ごとに何度も施術を繰り返すことで完了します。

1シーズンで終わるものではないので、いつから脱毛を始めたとしても、どこかで必ず紫外線対策が必要になります。


その点では「脱毛したい!」と思った時がはじめ時なのかもしれません。

完了後の自己処理が不要になることを考えても、できるだけ早いうちに始める方がお得です。

    <この記事のまとめ>

  • 日焼けしていると照射した光が肌にも反応するため、施術後にトラブルを起こしやすい
  • 施術を受けられても照射の出力を下げられて効果が落ちる場合もあるので注意
  • 赤く炎症を起こしたり、普段の肌と色が違っていると施術を受けられない可能性が高い
  • 夏は肌に熱がこもりやすく、汗もかきやすいため顔脱毛を避けた方が良い
  • 予約が取りやすいのは秋冬、キャンペーンが多く費用を抑えられるのは春夏

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング