医療脱毛って保険適用されるの?詳しく解説!

医療脱毛の保険適用について

以前に比べれば安くなったとはいえ、やはり脱毛には結構な費用がかかります。

脱毛するにはサロンに行くか、クリニック(医療機関)に行くかという選択肢がありますが、クリニックで脱毛する場合医療保険は適用されるのでしょうか?


もし保険が適用されるのだとしたら、クリニックでの脱毛は費用がかなり安くなりそうですよね。

この記事では、医療脱毛に保険が適用されるのかどうか、分かりやすく解説していきます。


医療脱毛は保険適用で受けられる?



脱毛に保険が適用されるかどうかの答えを出す前に、まずは医療保険制度について基礎的なことを知っておきましょう。

保険が適用されるもの、されないものについて、具体例を挙げながら分かりやすく説明します。

保険診療と自由診療の違い

医療機関での診療は、「保険診療」と「自由診療」の2つに分けられます。


保険診療とは、その名の通り医療保険が適用される診療です。

医療費の一部を自己負担すればいいので、比較的安く診察や治療を受けることができます。


一方、自由診療には医療保険が適用されません。

自由診療にかかった費用は全額自己負担となるため、診療内容によっては医療費が高額になる場合もあります。

また、医療費控除申請をする際にも、自由診療の費用については対象になりません。

<外部の関連サイト>:自由診療ってご存知ですか? – SBI損保のがん保険

医療保険が適用される条件は?



医療保険とは、医療機関での診察や治療にかかった費用の一部を国や地方自治体などが負担する制度です。

医療機関で保険証を見せることにより、患者の負担は医療費の3割(小学校入学前と70歳以上は2割)になります。


ただし、医療機関でかかった費用なら何でも保険の対象になるわけではなく、「病気やケガをしたときの治療」を対象としています。

たとえば、風邪を引いて熱が出たら病院に行きますよね。医師に診察してもらって、必要があれば注射や点滴をしたり、処方箋を出されたりするでしょう。


院外処方の場合、その処方箋を持っていって、薬局で薬を出してもらうことになります。

この場合の診察や処置などは「病気の治療」に当たるため、患者は医療機関の窓口で医療費の一部だけを支払えば良いわけです。

脱毛が保険適用になる場合はあるの?

脱毛は美容目的とみなされるため、残念ながら保険適用になることはありません。

毛は体を守るために生えているので、ムダ毛が濃かったり量が多かったりしても特に健康には支障がないと考えられるからです。


同じく保険が適用されないケースとしては、美容目的の整形手術、近視の手術などが挙げられます。

見た目にコンプレックスがあっても生活する上で支障はありませんし、視力が悪くてもメガネやコンタクトレンズを使えば解決できるからです。


そう考えると、脱毛に保険が適用されないのも納得がいくのではないでしょうか?

ただし、脱毛によってやけどを負った場合などは、その診察や治療にも保険が適用されます。


多毛症の人は脱毛が保険適用になるって本当?



突然ですが「多毛症」という病気があることを知っていますか?

名前から分かるように、多毛症になると毛に異常が起きるわけですが、この場合でも脱毛は保険適用にならないのでしょうか?

多毛症の症状や治療方法と合わせて、解説していきたいと思います。

多毛症とは

多毛症にはいくつかのタイプがあるので、それぞれ簡単に紹介します。


「男性型多毛症」と呼ばれるタイプは、女性の体毛が男性のように太く濃くなってしまうものです。

腕や脚の毛については想像しやすいかもしれませんね。それに加え、男性のようなヒゲや胸毛などが見られる場合もあります。


また、「無性毛型多毛症」と呼ばれるタイプもあります。

こちらは性別に関係なく、胸や脚、顔など普通でも毛が生えている部分について、異常に毛が多く濃く見えるというものです。


毛の成長には男性ホルモンが関わっているため、どちらの場合においても、男性ホルモンの分泌が異常に多くなっていることが原因です。

人によっては毛の異常のほかに、肥満や高血圧、頭痛などの一見関係なさそうな症状を伴う場合もあります。

<外部の関連サイト>:多毛症 外来 パレスクリニック 東京

多毛症の治療方法

多毛症の影には、何か病気が潜んでいる場合があります。

もし必要があればさまざまな検査を行い、その病気を特定します。

何か別の病気によって男性ホルモンが異常に増え、多毛症を引き起こしているのであれば、まずはその病気の治療にあたります。


また、飲んでいる薬が原因で多毛症になることもあります。

その場合には原因となっている薬剤の使用を中止し、他の薬剤に切り替えられないかを検討します。

これらのアプローチに加え、症状に合わせて投薬治療を行っていきます。

多毛症の人は保険適用で脱毛できるの?

今見てきたように、多毛症では投薬などの治療が行われますが、「脱毛」は治療の域には含まれていません。

したがって、多毛症であっても脱毛に保険は適用されない、ということです。


女性の場合、多毛症によって毛が太くなったり多くなったりすると、見た目を気にして精神的ストレスを抱えてしまうことも多いです。

しかし、それでも健康に直接支障をきたしているわけではないので、美容目的という扱いになってしまいます。


少しでも安く脱毛する方法は?

医療脱毛であっても、医療保険が適用されることはありません。

それでは、どうやったら少しでも安く脱毛を受けられるのでしょうか?

ここでは安く脱毛するためのポイントを3つ紹介します。

これを読んで、契約する際の参考にしてくださいね。

医療脱毛よりサロン脱毛の方が安い

サロンとクリニックの違いについて、簡単に紹介します。


サロンは医療機関ではないので、安全のため強力な機器を使用することができません。

フラッシュ脱毛は比較的効果が穏やかなのでサロンでも行えますが、レーザー脱毛は不可能です。


一方、クリニックは医療機関で医師が常駐しているため、レーザーのように強力な機器も使用することができます。

また、もし脱毛によって肌トラブルが起きても、医師がいるのですぐに診てもらえるというメリットがあります。


脱毛の効果を考えると、もちろん医療脱毛の方が上です。

しかし、その分費用もかさむので、安く脱毛したい人はサロンの方が向いているかもしれません。

<関連記事>:VIO脱毛をするならエステvs医療クリニックのどっち?

自分にぴったりなプランを見つけよう

サロンやクリニックによって、さまざまな脱毛プランが用意されています。

費用や内容などをしっかり比較検討して、自分に合ったプランを選びましょう。


カウンセリングでは、自分が脱毛を希望している部位のほか、全身脱毛のプランを勧められることもあるかもしれません。


サロンやクリニックも商売なので当然高価なプランを契約してもらおうと勧めてきますが、もとから全身脱毛を考えていたのでなければ、自分の気になる箇所だけをうまく組み合わせて契約した方が脱毛費用を抑えられます。

<関連記事>:【2019年版】医療脱毛クリニックのおすすめランキング!

キャンペーン・割引をうまく使おう

サロンはキャンペーンを頻繁に行っているので、うまく利用すればかなり安い費用で脱毛することができます。

季節ごとのキャンペーンや、乗り換え割・学割などの情報をしっかりチェックしておきましょう。

<関連記事>:全身脱毛の費用はどのくらい?脱毛サロンごとに値段を比較してみた!


それに加えて、キャンペーンを利用して契約する際は、予約が取りやすいかどうかチェックしておくと安心です。

大手の人気サロンほど予約が取りにくい傾向にあるため、「せっかく契約したのになかなか脱毛できない」ということにならないよう、初回の施術がいつ頃になりそうか聞いておきましょう。


    <この記事のまとめ >

  • 医療保険が適用されるのは「病気やケガの治療」に対してのみ
  • 脱毛はすべて「美容目的」になるため、医療脱毛でも保険は適用されない
  • 脱毛によってやけどを負った場合、その治療については保険が適用される
  • 医療脱毛よりもサロン脱毛の方が費用は安く抑えられる
  • キャンペーンや割引などをうまく利用しつつ、自分にあったプランを見つけよう

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング