全身脱毛の施術はどんな感じ?格好や服装は?

全身脱毛の時の恰好・服装

全身脱毛をしようと思った時、おそらく施術時の服装や体勢について疑問が湧いてくると思います。

腕や脚などの部分脱毛ならそこだけ露出していればいいと想像できますが、全身脱毛の場合はどうなるのでしょうか。


また、施術中に恥ずかしい体勢で我慢しないといけない時もあるのでしょうか。

この記事では全身脱毛の格好や服装、施術の流れについて詳しく説明していきます。


できるだけ疑問や不安を解決して、安心した気持ちで全身脱毛に臨みましょう。


全身脱毛に行くときの服装や持ち物は?

全身脱毛,持ち物

全身脱毛には、どんな服装をしていくのが良いのでしょうか。

まずは服装と持ち物について説明します。

基本的には「脱ぎ着しやすい服」でOK!

脱毛するにあたって、服装を指定されることはまずありません。

全身を一度に施術する場合は、全て脱いで施術用のガウンなどに着替えることになるからです。


もし服装で迷ったら、脱ぎ着しやすい服・ゆったりとした服で行くのがオススメです。

着替えに時間がかかると、その分施術時間が短くなってしまいます。


アクセサリー類も少なめにした方が良いでしょう。

また、施術後は肌が敏感になっているので、通気性の悪いものや肌にぴったりフィットするものは避けた方が安全です。


脱ぎ着しやすい服であっても、日差しの強い時期は薄手のカーディガンを羽織るなど、できるだけ肌の露出を避けるようにしてください。

日焼けをすると脱毛によって肌トラブルを起こすリスクが高まったり、状態によっては施術自体を断られてしまったりする可能性があります。

<関連記事>:顔脱毛中の日焼けは絶対NG!脱毛開始に最適な時期は?

一度に全身をやらない場合は工夫が必要

「全身脱毛」というと、一度に全身の施術を行うイメージがあるかもしれません。

実際にそうやっているサロンもありますし、上半身と下半身、パーツごとなど、複数日に分けて施術を行う場合もあります。


どのように全身脱毛を進めていくのかは、各サロンによって異なるため、カウンセリング時に確認しておきましょう。

先ほど述べたように、全身を一気にやる場合は、ガウンなどに着替えてから施術を行います。


ですが一度に全身をやらない場合、照射する部位だけを露出させるため、服装を少し工夫する必要があります。

例えば、腕やワキのみの脱毛であれば、キャミソールやタンクトップを着たまま照射できる場合があります。


上に何か羽織ったり、服の下に着ておいたりすると便利です。

また上半身のみの脱毛であれば、上下で分かれた服を着ていくと良いでしょう。


もしワンピースを着ていると、上半身だけ脱ぐことができないので、下半身は下着だけの状態で施術を受けることになる可能性があります。

脱毛サロンに行くときの持ち物は?

サロンに行くときの持ち物は、基本的には会員カードとお金(シェービング代など追加料金の支払い用)があれば大丈夫です。

あとは、汗拭きシートや化粧品、髪型を整えるための道具などもあると便利です。


全身脱毛に顔も含まれている場合、メイクをしないで帰る人は、顔を隠せるようにマスクなどもあるといいかもしれませんね。

メイク落としや保湿剤、ドライヤーはサロンに置いてあることが多いので、足りないものだけ自分で持って行きましょう。


また剃り残しを見つけた時のために、電気シェーバーがあると安心です。

持ち運びしやすい小型のものを1つカバンに入れておくといいかもしれません。


全身脱毛はどんな流れ?格好は?

全身脱毛,恰好

次は、お店に着いてからの流れを簡単に紹介します。

施術中の格好についてはサロンによって異なる部分もありますが、ここでは基本的なパターンを紹介したいと思います。

来店チェックをしてガウンに着替え

来店したら、まずは脱毛を受けられる状態か、体調や服薬状況などを簡単にチェックします。

特に問題がなければ、サロン側で用意しているガウンやバスタオルに着替えますが、サロンによっては紙ショーツやブラがなく、ただ全裸にタオルをかけた状態で待機する場合もあります。


ここで、「施術中そんな格好で寒くないの?」という疑問が出てくると思います。

ですが、サロンの中はちゃんと空調が効いていて、薄着でも問題ない温度に保たれています。


もし寒い場合はブランケットなどを掛けてもらえるので、秋冬でも寒さの心配はいりません。

施術はうつ伏せ・仰向けが基本

施術中は、基本的にうつ伏せか仰向けの体勢になります。

体の表面を全て照射してから裏面に照射、といった形で進めていくため、何度も体勢を変えるということはありません。


処理する箇所によっては、腕を上げたり脚を曲げたりするよう指示が出る場合もあるので、そのときはスタッフの指示に従ってください。

照射して冷却して、という流れを繰り返して、施術を進めていきます。

<関連記事>:【納得のワースト1位】全身脱毛で一番痛いのはやっぱりあの部位!

VIOは恥ずかしい体勢になる場合も

施術中の体勢で一番気になるのは、おそらくVIOを脱毛するときでしょう。

結論から言うと、VIOをやるときの体勢はサロンによって異なります。


まず施術時の服装ですが、専用の紙ショーツを履くところと、何も履かないところがあります。

Vラインは仰向けになって脚を開いた状態で、Iラインも仰向けになって片脚ずつ「く」の字に曲げた状態で脱毛します。


Oラインだけは横向きまたはうつ伏せで行いますが、サロンによっては四つんばいの体勢で行うところもあるようです。

紙ショーツを履いている場合は、ショーツを少しずつずらしながら照射していくため、デリケートゾーンが丸見えになるということはありません。


ただ、何も身につけずに脱毛する場合そうはいかないので、気になる人は事前にVIO脱毛の進め方を聞いておくと安心ですね。


全身脱毛の施術が不安…知っておきたいポイントは?

全身脱毛,ポイント

全身脱毛について、不安なこと・分からないことはまだまだあるでしょう。

ここでは、全身脱毛について知っておいてほしいポイントを2つ紹介したいと思います。

脱毛は慣れれば恥ずかしくない?

脱毛のためとはいえ、やはり人に体を見せるのは恥ずかしい、と躊躇してしまうかもしれません。

ですが、脱毛する箇所以外はタオルで隠してくれますし、スタッフもテキパキ動いてくれるので、すぐに慣れてしまったという人が多いようです。


これはVIOラインの脱毛でも同じです。

場所が場所なだけに、なかなか脱毛に踏み切れない人もいるかもしれませんが、恥ずかしいのは最初だけで、回数を重ねるうちにすぐに慣れていきます。


スタッフの人たちも、脱毛を受ける人が「恥ずかしい」と感じていることは知っています。

だからこそ、できるだけリラックスして施術が受けられるよう、細かいところまで気を遣ったりさまざまな工夫を凝らしたりしているのです。


それでもやはり恥ずかしいという人は、カウンセリングの時に相談してみましょう。

施術時の格好や体勢などについて知ることで、不安が解消されるかもしれませんよ。

<関連記事>:Vライン脱毛でありがちな悩みにお答えします!

サロン選びは雰囲気も大事

脱毛するとなると、ついつい料金や施術回数に目が行ってしまいがちです。

しかし、サロンを選ぶ際には、お店の雰囲気も大事な判断基準になります。


着替えが相部屋だったり、施術場所が個室ではなくカーテンで仕切られているだけだったり、施術中にいろいろと話しかけられたり、紙ショーツやガウンがなかったり…と人によって気になる部分はさまざまです。

脱毛している間ずっとお世話になるわけですから、自分が安心して通えるところの方がいいですよね。


実際にサロンのなかを見せてもらったり、スタッフに聞いたりして、リラックスできる雰囲気かどうかを確認しておきましょう。

    < この記事のまとめ >

  • サロンで施術着に着替えるため、脱毛に行くときは脱ぎ着しやすい服がオススメ
  • 基本的な持ち物は会員カードとお金があればOK
  • 施術は基本うつ伏せか仰向けで行い、照射する部分だけを露出させる
  • 最初は恥ずかしくても、回数を重ねるうちに慣れてしまうことが多い
  • サロン選びではお店の雰囲気が合うかどうかも大切

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング