脱毛当日はどんな服装で行けばいい?



脱毛サロンやエステに通うことになった時、どんな服装が適しているんだろう?と考える方は多いのではないでしょうか?

施術前には専用ウェアに着替えることになるので「結局なにを着ていっても一緒かな?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし着ていく服を一工夫するだけで、脱毛サロンに通う面倒が結構軽減されたりするので侮れないものです。

このページでは脱毛当日に着ていく服選びのポイントについて見ていきましょう。


脱毛当日の服装はどんなものが好ましい?

ポイント1 着替えやすい服装を選ぼう



エステや脱毛サロンでは、施術前に専用のバスローブやウェアに着替えることがほとんどです。これは、ワキや腕などのパーツの脱毛でも例外ではありません。そのため、着替えを簡単にできるような脱ぎ着のしやすい服装を選ぶのが大切です。

皆さんもご存じの通り、大手エステや人気の脱毛サロンなどは予約が取りにくく、予約が取れたとしても一人あたりに割り当てられている時間は15~30分程度と短いものです。


お店によっては決められた時間内に施術が終わらなくても、規定の終了時間になったら途中でも施術を中断してしまうなんてところもあると言われています。

時間にシビアな店舗が多い中、着替えに手間取って施術やカウンセリングを受けられる時間を自ら縮めてしまうなんてもったいないですよね。脱毛当日はできるだけ着替えの時間を短縮できるよう、着替えやすい服装を心がけたいところです。

ポイント2 春夏であっても露出が少ない服装を心がける

春から夏にかけては肌の露出が高い服装を選びがちですが、脱毛当日は肌をなるべく出さずに済む服装をするのが一番です。

脱毛直後の肌は、一見何ともないようにみえてもある程度ダメージを負っており、日光に過敏な状態にあります。この時、紫外線を浴びてしまうと思いもよらない炎症や痛みなどが出てしまったり、後々色素沈着を起こす原因となったりしてしまいます。

夏にノースリーブを着るのであれば薄手のカーディガンを用意する、下半身もミニスカートなどは避け、ゆったりした軽いパンツやロングスカートをはくなど工夫することが大切です。

ポイント3 通気性がよくゆったりとした服を選ぶ

施術後の肌には熱がこもっていることが多く、表皮も外界からの刺激に過敏に反応してしまう状態であることがほとんどです。そのため、できるだけ早く肌の温度を下げられるよう、通気性の良い天然素材の服を選ぶようにしましょう。

汗を吸わないナイロンやポリエステルは避け、通気性や吸水性の良いシルクやリネン、レーヨンなどが脱毛後の肌には適しています。意外にコットンは摩擦などの刺激が強いものが多いため、着ていかない方が無難かもしれません。

また、ボディラインがでるようなピッタリした洋服は皮膚呼吸を妨げたり、摩擦による刺激が強くなるケースがあり、炎症やかゆみなどの原因になりかねません。肌トラブルのリスクを下げるためにも、ゆったりとしたデザインの服装を選びましょう。

<関連記事>
全身脱毛、施術時の体勢や格好は?

ポイント4 アクセサリーは最小限に



アクセサリーは施術の邪魔になるため、施術前にはすべて外すよう指導されます。指輪やピアスなどは施術する部位に近くなければ外さなくて良いケースがありますが、ネックレスやチョーカーなどは、まず外さなければならないと考えて間違いありません。

ここで問題になるのが、外したアクセサリーの保管です。ジュエリー専用ケースなどを持参していれば紛失のリスクは低くなりますが「外す→ケースに収納する→施術後また着用する」という手間がかかりますし、着替えの時間も長くなってしまいます。

脱毛にアクセサリーを身に付けていく場合、デメリットはありますがメリットはまずありません。着替え時に紛失するリスクなどありますので、脱毛サロンへ行く場合は、できるだけ軽装を心がけましょう。

ポイント5 髪型にも気をつける



脱毛の施術は基本的に仰向けやうつぶせなど横になる姿勢をとるため、お団子やポニーテール、一つ結びといった髪型をしていくと、どうしても髪が邪魔になってしまいます。

特にお団子はどれだけ気をつけても施術中に崩れてしまうため、施術後に結い直す手間が出てきてしまいます。お団子は調えるのに合わせ鏡などが必要になる場合がありますが、店舗に後頭部を確認できる鏡が設置されているとは限りません。

脱毛当日は、鏡や整髪料などがなくても簡単に再現できるようなシンプルな髪型をしておきましょう。

ポイント6 ブーツは避ける

ロングブーツなどのブーツ類は、脱ぎ着がしにくく収納の場所もとってしまうので、できるだけ避けて置く方が無難です。お店によってはロッカーが狭く、ロングブーツをしまうことができない場合もあります。

また、ちょっと恥ずかしい話ですが、ブーツを長時間履いている方の足はどうしても臭いが気になります。店舗によっては共同のロッカールームで見知らぬ他人と一緒に着替えをすることになりますが、その際、ブーツを脱いで臭いがしてしまうとかなり恥ずかしいですよね。

さらに、臭いのする素足をエステティシャンに晒さなければならないとなると、羞恥心もきわまってしまうというものです。

ですので、脱毛当日は脱ぎ着がしやすく通気性の良い靴を履くことをおすすめします。

<関連記事>
Vラインのお手入れどうしてる?


脱毛当日に持っていくと便利なもの


化粧品

手足やワキ、VIO脱毛などの場合はメイクをしたままの脱毛が可能ですが、顔の脱毛をする時は必ずメイクを拭き取られるため、化粧品の持参は必須です。

店舗によっては施術後にメイクできるブースがあり、エステやサロン独自の化粧水や美容液などが用意されている場合もありますが、敏感になっている肌に使うのであれば、自分に合ったものを使用するのが一番です。

荷物になるかもしれませんが、愛用の基礎化粧品やメイク用品は準備しておくようにしましょう。

整髪料やヘアピン

脱毛は施術代の上に横になって施術を受けることになるため、どんな髪型をしていても確実に乱れます。帰路に備えて、髪型を調えるための整髪料やヘアピンを準備していくことをおすすめします。

顔用シェーバー

エステやサロンでは、脱毛の前日までにシェーバーでムダ毛を処理しておくよう指導されます。この事前処理ができていなかったり甘かったりすると、店舗によっては施術を断られることがあります。

それを避けるためにも、そり忘れや剃り残しに対応できるよう顔用シェーバーを持参しておくと安心です。


脱毛サロンやエステの更衣室ってどんな場所?



多くの場合、施術を行う個室の部屋で各々着替えができるようになっています。広々とした個室には、コートから靴まで収納できるようになったロッカーが備えられていますので、落ち着いた環境の中で着替えることができます。

ロッカーに鏡がついている所もあり、脱毛後の身だしなみチェックができると好評です。


また最近では、複数のユーザーが一度に着替えることができる共同タイプのものが増えてきています。新規オープンしている脱毛サロンでは、顧客の回転率を上げるために、共同タイプが主流になりつつあるようです。

ここで気になるのが、共同の更衣室だと他の人と着替えがかぶり、脱ぎ着がしやすい服装をしていても、視線が気になって思い切った着替えができないのでは?ということです。

<関連記事>
みんなが知りたい、ハイジニーナ脱毛事情!

確かに、他の人と一緒の空間で着替える場合は、色々なことに配慮しなくてはならないので、効率だけを考えた着替えは難しいですよね。

しかし、お店側もその点には配慮していて、顧客同士の着替え時間が同じタイミングにならないよう配分するなどの工夫をしている場合が多いので、あまり気にしなくても良いでしょう。

どうしても他の人と着替えがかぶるのが嫌だ!という方は、個室タイプの更衣室や仕切りがあるタイプの更衣室のある店舗を選ぶことをおすすめします。下記では、個室タイプの脱毛サロンも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。


    < まとめ >

  • 脱毛当日は脱ぎ着がしやすい服装を選ぶのが大切
  • 天然素材のゆったりした服装は着替えの時間を短縮し、肌ダメージを抑えられるのでおすすめ
  • 化粧品や整髪料、顔用シェーバーを持参しておくとなにかと便利
  • 更衣室は共同タイプが主流だが、他人とかぶるのが嫌な場合は個室を備えた店舗を選ぶのがおすすめ

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
シースリー
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円