脱毛したのに妊娠後またムダ毛が生えてくる!原因と対策は?

妊娠,ムダ毛が生える

妊娠することによって、女性の体にはさまざまな変化が現れます。

そのうちの一つが、ムダ毛に関する変化です。


妊娠する前に脱毛を完了していても、妊娠後にまたムダ毛が生えてきたり、毛が濃くなったりすることがあります。

なぜ脱毛したにも関わらず、妊娠後にムダ毛が生えてきてしまうのでしょうか?


この記事では、その原因と対策を詳しく解説するとともに、妊娠と脱毛に関する質問にお答えしていきます。


妊娠すると脱毛したムダ毛が復活するって本当?

妊娠,ムダ毛が復活

「脱毛」というと、一度処理したムダ毛はもう生えてこないイメージがありますよね。

妊娠したことで、脱毛したムダ毛が復活するというのは本当なのでしょうか?

妊娠するとムダ毛が濃くなるのはなぜ?

妊娠後にムダ毛が濃くなるのは、ホルモンバランスの変化によるものではないかと考えられています。

妊娠すると、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が急激に増え、その影響で体のあちこちに変化が起きます。


その変化の一つが、体毛の濃さです。

ムダ毛が濃くなる範囲や程度には個人差がありますが、赤ちゃんの入っているお腹まわりは特に変化が起きやすいようです。


もしかしたら、外界の衝撃から赤ちゃんを守るためかもしれませんね。

<関連記事>:結婚前に脱毛すべきだった!と後悔する女子が多い理由

ムダ毛が復活しやすいのは「光脱毛」

妊娠をきっかけにムダ毛が復活しやすいのは、「光脱毛」をした場合です。

レーザー脱毛も光脱毛も、肌に照射した光の熱で毛根を攻撃して脱毛する、という根本的な仕組みは一緒です。


しかし、レーザーは毛乳頭を破壊して永久脱毛することが可能であるのに対し、光脱毛はこの部分にダメージを与えて抑毛するのみで、永久脱毛の効果はありません。

残っていた毛乳頭がホルモンバランスの変化によって活性化すると、そこから新たな毛が作り出されてしまいます。

医療脱毛でも、ムダ毛が復活する可能性アリ

では、レーザー脱毛をした場合はムダ毛が復活しないかというと、そうではありません。

レーザーで脱毛完了した人でも、妊娠をきっかけにムダ毛が出てくることがあります。


新たに生えてくる可能性があるのは、今まで毛が生えていなかった毛穴が活性化した場合です。

レーザーはメラニン色素に反応して毛乳頭を破壊するため、毛が生えていないと効果を発揮できません。


そして、毛乳頭が残っていれば新しい毛を作ることができます。

レーザーを使った場合でも、脱毛しきれなかった毛穴が妊娠後に活性化し、新しい毛を作り始める、という可能性があります。


妊娠後のムダ毛、処理はどうする?

妊娠,ムダ毛処理

妊娠してムダ毛が増えてきたら、どうしても気になってしまいますよね。

その場合、どうやって処理するのが正しいのでしょうか?


ここでは、妊娠中のムダ毛処理について解説していきます。

妊娠中は脱毛を受けられないって本当?

サロンでもクリニックでも、妊娠中は脱毛を受けられません。

妊娠中は体調の変化が大きく、体質や肌質まで変化することも多いため、肌トラブルを起こす可能性が高くなるからです。


また、施術中の姿勢が母体に負担をかけることも考えられます。

もし脱毛を始めてから妊娠すると、そこで一度中断しなければなりません。


妊娠が分かったら早めにサロンやクリニックへ連絡を入れましょう。

すでに予約を入れていた場合は、それもキャンセルしてください。


妊娠して施術を受けられない期間の契約については、サロンやクリニックによって対応が異なっています。

これから脱毛を始める人で、妊娠を希望している場合にはその点も考慮して契約するようにしましょう。

<関連記事>:脱毛できない肌とは?肌荒れ・日焼けはどこまで平気?

妊娠中はムダ毛の自己処理NG?

NGというわけではありませんが、肌が敏感になっている時期なので、できるだけしない方が良いでしょう。

さまざまな肌トラブルを起こしやすくなります。


ただ、マタニティフォトの撮影などで、どうしても自己処理しないといけない時もあるでしょう。

その場合には、電気シェーバーなど、少しでも肌に優しい方法で処理してください。


毛抜きやカミソリ、脱毛ワックスなどは、肌へのダメージが大きいためオススメできません。

自己処理をしたあとは、忘れずにしっかりと保湿をしてくださいね。

復活したムダ毛は出産すればなくなるの?

妊娠後に増えたムダ毛は、出産するとなくなるので安心してください。

出産後はホルモンバランスが妊娠前の状態に戻り、出産前に沢山毛が生えてきた分、今度は抜け毛が多くなります。


個人差はありますが、産後数ヶ月~1年くらいで自然に収束することが多いようです。

そのため、濃くなったり復活したりしたムダ毛の処理・対策は特に何も行わなくても大丈夫です。


ですが、あまりにもムダ毛が気になったり、それをストレスに感じたりするようであれば、自己処理して精神的な負担を減らした方が良いという考え方もあります。

もし自己処理するとなった時には、先ほど紹介した電気シェーバーなどを使って、ゆっくり慎重に処理してください。

<関連記事>:出産後、いつから脱毛は始められる?


妊娠と脱毛に関するQ&A

妊娠,脱毛

ここからは、妊娠と脱毛について、よくある質問にお答えしていきます。

心配なこと、分からないことは早めに解決しておきましょう。

妊娠に気付かず脱毛しちゃった!胎児への影響は?

もし妊娠したことに気付かないで脱毛してしまっても、胎児への影響はありませんので安心してください。

レーザーでもフラッシュ脱毛でも、また脱毛した部位がどこであっても大丈夫です。


照射した光は肌表面までしか届きませんし、胎児はさらに子宮で守られていますから、脱毛によって影響を受けることはありません。

ただ、妊娠が分かってからは脱毛できませんので、通っているサロンやクリニックに連絡して妊娠したことを伝えてください。

<関連記事>:脱毛レーザーの光に害はないの?体への影響・安全性について

契約期間中に妊娠。解約した方がいいの?

脱毛の契約では有効期限を設定されていることが多いのですが、妊娠の場合は期限を延長してもらえるケースが多くなっています。

もちろん、延長してもらうためには妊娠したことを報告する必要があるので、妊娠が分かり次第早めに申し出るようにしましょう。


出産して再び通える状態になったら、サロンやクリニックに連絡して、いつから脱毛を再開するか相談してください。

多くのサロンやクリニックでは妊娠した人への対応が用意されていますが、場合によっては解約した方がいい可能性もあります。


解約すると残りの施術回数・期間に応じて料金の一部が返ってくるのが一般的ですが、長期割引やキャンペーンを利用して契約した場合もそうなるとは限りません。

妊娠した場合、また解約した場合の対応がどうなっているか、契約時にしっかり確認しておきましょう。

出産後、脱毛に通い始めるタイミングは?

出産が終わってからも、しばらくはホルモンバランスが不安定になっているため、すぐに脱毛を再開することはできません。

脱毛に通い始めるタイミングはサロンやクリニックによって異なりますが、授乳期間が終わってから、もしくは出産後に2~3回生理が来てから、というところが多いです。


早く再開して脱毛を終わらせたいと思うかもしれませんが、無理に施術を受けても充分な効果が得られなかったり、トラブルが起きやすくなったり、何も良いことはありません。

きちんと規定に従って、ホルモンバランスも体調も整った状態で脱毛を再開するようにしましょう。

    <この記事のまとめ>

  • 妊娠するとムダ毛が濃くなるのは、ホルモンバランスが大きく変化するから
  • レーザーでも光脱毛でもムダ毛が復活する可能性がある
  • 復活したムダ毛は出産後自然に抜けるが、気になる場合は電気シェーバーで処理
  • 妊娠中は脱毛できないが、気付かずに照射した場合でも胎児に影響はない
  • 妊娠した場合の規定がどうなっているか、契約時にしっかり確認しておこう

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング