脱毛前後のお酒はNG!飲酒はなぜダメなの?

脱毛,お酒

脱毛サロンで事前説明を受けて知っている方もいるかもしれませんが、脱毛の前後にお酒を飲むことはできません。

脱毛と飲酒、一見関係ないもののように思えますが、なぜ脱毛前後に飲酒してはいけないのでしょうか。


その理由を詳しく説明していきます。


脱毛前後の飲酒はNG!

脱毛,飲酒

脱毛サロンでカウンセリングを受けた際に、施術前後にお酒を飲まないよう説明を受けたのではないでしょうか。

そして「お酒と脱毛って何か関係あるの?」と思った方も、いることでしょう。


ここでは、なぜ脱毛前後に飲酒をしてはいけないのか、その理由を解説していきます。

どうして脱毛後に飲酒しちゃいけないの?

エステやクリニックでは、肌に熱を加えて、毛の組織にダメージを与えることで脱毛しています。

その際に、毛だけではなく肌にも熱が伝わり、肌の内部は乾燥しやすくなります。


そこにアルコールが入ると、体温が上昇し、さらに肌の水分が失われて肌トラブルの原因となります。

また血流が促進されることにより、施術してダメージを受けた部分の皮膚が赤くなったり痛くなったりすることもあります。


お酒に強いからといって、肌トラブルが起きないとは限りません。

指示された期間はお酒を控え、それを過ぎていても肌に異常が見られるような場合には飲まないようにしましょう。


迷った場合は自己判断せず、通っているサロンやクリニックに相談してください。

<関連記事>:脱毛サロンとクリニック、脱毛の経過について知りたい!

脱毛前もお酒を飲んじゃダメ?

お酒で体温が上がったり血行が良くなったりすると、肌に熱がこもりやすくなります。

すると普段よりも光やレーザーが熱く感じられたり、施術時の痛みが強くなったりすることが多いようです。


施術中に体調が悪くなってしまう人もいます。

もし施術を開始してからそのような症状が出た場合、照射する光の量を数段階下げることによって対処してくれます。


ですが、照射する光が弱くなれば当然脱毛の効果も弱くなりますので、脱毛プランによっては予定回数で終わらなくなることも考えられます。

そもそも脱毛の話以前に、お酒のにおいがプンプンしている状態で人に会うのはマナーとして避けたいところです。

脱毛前後、飲酒はどれくらいの時間控えるべき?

「このくらい時間をおけば絶対大丈夫」という基準はありませんが、「脱毛前日・当日はお酒を控えていただいております」と記載しているサロンが多いようです。

「飲酒の前後12時間以内」は施術できない、というところもあるので、サロンのサイトや資料を見てきちんと確認しましょう。


施術後に肌が赤くなったりかゆくなったりしていた場合には、指示された時間ではなく、その症状が治まるまでお酒は控えた方が良さそうです。

<関連記事>:レーザー脱毛でやけど?腫れや赤みは大丈夫?



脱毛前後の飲酒、注意点はある?

脱毛,飲酒,注意点

脱毛前後に飲酒してはいけない理由がわかったところで、今度はいくつか注意しておきたい点を紹介します。

うっかりお酒を飲んでしまった場合の対処法についても載せてありますので、参考にしてみてください。

脱毛前後にお酒を飲んでしまった時は?

施術前にうっかりお酒を飲んでしまった場合、可能であれば施術の日程を変更しましょう。

そして次は施術前にお酒を飲まないよう気をつけてくださいね。


施術後にお酒を飲んでしまった場合は、まず施術箇所に肌トラブルが起きていないか確認しましょう。

もし赤みやかゆみなどの症状が出ていたら、軟膏やクリームでしっかり保湿し、それでも治らないようであれば氷を使って冷やしましょう。

<関連記事>:脱毛中は保湿ケアが大事!

お酒以外にも脱毛前後に避けるべき事は?

お酒以外でも、体温が上がったり肌に負担がかかったりすることは避けるようにしましょう。

脱毛前後は運動を控え、お風呂もシャワーだけにします。


日焼けもあまりひどいと施術できない可能性があるので、できるだけ避けたいところですね。

施術当日には、制汗剤や保湿剤、日焼け止めなども控えましょう。


もし日常的に服用している薬があったり、前後10日以内に予防接種する予定があったりする場合には、体調に影響を与える可能性もあります。

そのため一度医師やサロンのスタッフに、相談してみてください。

施術後の肌トラブルを防ぐには?

施術後は、肌の乾燥や強い刺激を避け、肌トラブルが起こらないようにしましょう。

脱毛当日はぬるめのシャワーだけにしたり、刺激の少ない化粧品で保湿したり、できるだけ肌に優しいことをしてみてください。


外を歩く際には、日傘やアームカバーなどで日焼け対策もしておくと安心ですね。

    < まとめ >

  • 脱毛前後にお酒を飲むと、赤みやかゆみなどの肌トラブルが起こりやすくなる
  • 最低でも脱毛の前日と当日は飲酒を控えること
  • もしお酒を飲んでしまったら、施術前の場合はできるだけ日程を変更する・お酒以外にも、入浴や運動など体温が上がりそうなことは避ける
  • 施術後は刺激の少ない方法で肌をケアしておく


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング