脱毛前後はなぜお酒が飲めないの?



脱毛の初回カウンセリングの際などに「予約日前後の飲酒はNGです」といった説明を受けたことがある、という方は多いと思います。

とはいえ、飲酒に関する説明は意外にサラッと終わることが多く、来店者側から「何故NGなのか?」といった質問をしない限り、その理由を聞くことはないと思います。

そのため、施術日前後の飲酒について軽く考えてしまい、サロン帰りに飲み会に参加してしまったり、帰宅後軽く飲酒してしまったりする方が少なくないようです。

しかし、多くの方が思っている以上に脱毛前後の飲酒は身体や皮膚に悪影響を与えてしまいます。そこで今回は、脱毛前後になぜ飲酒がNGとされているのか、その理由についてご説明していきたいと思います。


脱毛前後はなぜお酒を飲んではいけないの?


なぜ脱毛施術後に飲酒してはいけないの?

脱毛の施術後にお酒がNGとされる理由は、飲酒によって血行が促進されることを防ぐためです。

現在、エステやサロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛が主流となっていますが、この2つはどちらも「高熱」を利用した脱毛方法となっています。


光脱毛・レーザー脱毛では、毛根や毛包に含まれるメラニン色素に作用する光を照射して体毛内に熱エネルギーを発生させます。この時発生した熱は体毛を伝って毛根に届き、ムダ毛の発生や育成を司る細胞にダメージを与えることで、抑毛効果を発揮させます。

この熱は通常毛根や毛包周辺に集中しますが、やはりどうしても毛穴や周囲の皮膚にも軽い炎症や火傷を引き起こしてしまいます。


とはいえ、この軽い炎症や火傷は、施術前後のアイシングや保湿ケアといったアフターケアで症状を防いだり改善したりすることが可能です。但し、こういったケアを行った後であっても、血行が良くなりすぎたり、体温が上がる行動を行ったりしてしまうと、炎症や赤みなどの肌トラブルが起きてしまう危険性があります。

そのため、血行を促進し体温を上げる効果のある、飲酒は脱毛後NGとされているのです。

<関連記事>
Vライン脱毛でありがちな悩みにお答えします!

脱毛前にも飲酒が禁止されている理由とは?



脱毛後だけでなく、脱毛前も飲酒を控えるよう指導されるのは何故でしょう。それは、脱毛施術に支障がでる可能性があるためです。

飲酒をして体内にアルコールが残っている間は、血行が促進され、肌が敏感な状態となります。この状態で脱毛施術を行ってしまうと、施術後に赤みや炎症、痛み、かゆみなどの肌トラブルが生じやすくなります。


これらの肌トラブルや痛みを軽減する方法として、マシンの出力を下げるという方法がありますが、出力と脱毛効果は比例しますので、当然脱毛効果も下がってしまいます。

施術前の飲酒が原因で、脱毛効果の低い施術を受けなければならないなんて、本当に残念ですよね。そのため、カウンセリング時に施術前の飲酒は控えるよう指導されているという訳です。


特に、予約を午前中に入れている場合は、前日夜間の飲酒の影響を受けやすいので要注意です。前日だから多少飲んでも大丈夫だろう、と軽い気持ちでお酒を飲んでしまうと、施術時に体内にアルコールが残っている状態で施術を受けることになる可能性大です。

ツルツルのキレイなお肌を手に入れるためであれば、2~3ヶ月に一度の禁酒など、簡単に耐えられるはずです。お酒好きの方には辛いかもしれませんが、安全性やリスクを考慮して、予約前日は丸一日お酒を飲まないくらいの心持ちで脱毛に臨みましょう。


実際のところ、脱毛前後の飲酒による肌への影響、症状の出方は人によって異なり、個人差が大きいとされています。施術直後にワインを1~2杯飲んでも変化が見えない方もいれば、施術後2~3時間おいてグラスビールを一口飲んだところ、施術を受けた部位がすぐに赤く腫れ上がったという方などもいらっしゃいます。

体調によって出る症状が変化する方などもいらっしゃいますので、脱毛の予約日当日と前後1日、計3日程度は禁酒することを強くおすすめします。

<関連記事>
みんなが知りたい、ハイジニーナ脱毛事情!


脱毛後、どのくらい経てばお酒を飲んでもOK?



多くのサロンでは、脱毛後丸一日お酒を飲むのを控えるよう指導されています。これは、施術によって肌に与えられた熱が冷め、肌の状態が落ち着くまで最低1日程度必要だとされているためです。

但し、1日経過した後であっても、肌に炎症や赤みがみられたり、ヒリヒリとした痛みや違和感がある場合は飲酒はNGです。肌にこれらの症状や異常が見られるということは、肌ダメージが解消されない証拠だからです。

飲酒再開のタイミングは、経過した時間ではなく肌の状態を見ながら判断するよう心がけましょう。

<関連記事>
全身脱毛するなら脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?

    < まとめ >

  • 脱毛前後の飲酒がNGとされる理由は、アルコールに血行を促進させ体温を上げる作用があるため
  • アルコールが体内に残った状態で施術を強行すると、炎症や火傷、強い痛みなどの症状がでる危険性がある
  • 脱毛の施術に際しては、予約日当日と前後1日は飲酒をしないのが基本となる
  • 飲酒を再開するタイミングは、経過した時間ではなく、肌状態を確認して判断することが大切

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
シースリー
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円