脱毛のリスク、毛嚢炎にならないためには?

脱毛,毛嚢炎

脱毛について調べたことがある人は、「毛嚢炎」という名前を見かけたことがあると思います。

脱毛のリスクとして挙げられる毛嚢炎ですが、一体どんなものなのでしょうか?


また、もし毛嚢炎になってしまった場合はどのように対処するべきなのでしょうか?

この記事では、毛嚢炎の症状や対処法について詳しく解説していきます。


これから脱毛する人も、既に始めている人も、万が一に備えて毛嚢炎について理解を深めておきましょう。


毛嚢炎ってどんなもの?

毛嚢炎とは

まず、毛嚢炎がどんなものなのかを知りましょう。

毛嚢炎の症状や原因、まちがいやすい症状などについてまとめました。

毛嚢炎(もうのうえん)とは

毛嚢炎とは、毛穴の中、毛根を包んでいる毛嚢(毛包と呼ばれることもあります)という部分で炎症が起きている状態のことです。

毛穴と同じ位置に、赤いブツブツができたり、白ニキビのように中心部分に膿を持ったブツブツが出たりします。


かゆみや痛みは伴わないことが多いですが、炎症がひどくなると触った時にヒリヒリとした痛みを感じることもあります。

顔を含め、全身のどこの毛穴でも毛嚢炎を起こす可能性があります。


ですが、その中でも特に汗をかきやすくムレやすいワキや胸、衣類などでこすれることが多い太もも・おしり・VIOラインなどにできやすいようです。

毛嚢炎は1カ所だけですむ場合もありますが、まとまって何箇所もできる場合もあります。


毛嚢炎とよく間違えられるのが「ニキビ」です。毛嚢炎とニキビは見た目がよく似ていますが、できる原因が異なっています。

ニキビはアクネ菌という細菌が原因で、皮脂の分泌が多い顔面、特に鼻やおでこにできやすいのが特徴です。


もう一つ、毛嚢炎と間違えられやすいのが「あせも」です。

あせもは赤いブツブツがいくつもまとめてできるので、見た目は毛嚢炎と似ていますが、毛嚢炎は毛穴にできるのに対し、あせもは汗腺があるところにできるのが大きな違いです。


あせもは基本的にかゆみを伴うので、それも毛嚢炎と異なる点ですが、毛嚢炎でもかゆみを伴うケースがあるので間違えないようにしましょう。

<関連記事>:Vラインの処理、みんなはどうしてる?正しいお手入れ方法は?

毛嚢炎の原因は?

毛嚢炎の原因となるのは、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などの雑菌です。

これらの菌が毛穴に溜まって炎症を起こしたものが毛嚢炎になります。


とはいえ、黄色ブドウ球菌も表皮ブドウ球菌も、普段から私たちの肌に存在している常在菌です。

皮膚や毛穴が正常であれば問題ないのですが、傷ついていたり汚れが溜まっていたりすると、それらの細菌が増殖して悪さをし始めます。


これが毛嚢炎の起きる仕組みです。

なお、誰でも持っている菌なので、細菌によって毛嚢炎が他人にうつる、あるいは他人からうつされるという事はまずありません。

脱毛で毛嚢炎になるのはなぜ?

どの方法で脱毛したとしても、肌は必ずダメージを受けてしまいます。

ダメージを受けると肌のバリア機能が低下し、細菌などが侵入しやすくなります。


そこに先ほど紹介した黄色ブドウ球菌・表皮ブドウ球菌が侵入すると、毛嚢炎になるというわけです。

脱毛は毛嚢炎の直接的な原因ではなく、きっかけにすぎません。


そのため、脱毛してすぐに毛嚢炎が起きるのではなく、施術してから数日~数週間後に症状が出るというパターンが多いです。

脱毛方法でメジャーなのは、サロンのフラッシュ脱毛とクリニックのレーザー脱毛でしょう。


この2つだと、毛嚢炎を起こしやすいのは後者です。

レーザー脱毛の方が毛嚢炎になりやすいのは、施術により強力な光を用いているため、脱毛効果だけでなく肌へのダメージも大きくなるからです。


ただ、クリニックは医師がいるため、何か肌トラブルが起きてもすぐ対応してもらえるという安心感があります。

<関連記事>:生理中でもVIO脱毛はできるの?


脱毛で毛嚢炎に!対処法は?

毛嚢炎の対処法

ここでは毛嚢炎の対処の仕方について解説します。

これを読んでおけば、もし脱毛して毛嚢炎になっても落ち着いて対処できますよ。

症状が軽い場合は放置してOK

毛嚢炎になっても、かゆみや痛みがなければ、特に病院に行ったり薬を使ったりしなくても大丈夫です。

軽度のものであれば、放置していても3~4日程度で自然に治ってしまう場合が多いです。


放置して自然治癒を待つ場合には、症状を悪化させないよう肌を清潔な状態に保ち、できるだけ患部に刺激を与えないように気をつけて過ごしましょう。

もし数日が経過しても自然に治らない場合は、一度医師に診察してもらうことをオススメします。

痛み・かゆみがある時は?

痛み・かゆみなどの症状がある場合には、脱毛したサロンやクリニックに相談しましょう。

クリニックは医療機関なので医師が常駐していますし、脱毛サロンでも提携している病院があれば紹介してもらえることがあります。


毛嚢炎はできた箇所によって診療科目が異なってきます。

陰部にできた場合は婦人科か泌尿器科、それ以外は皮膚科で診てもらうことになります。


痛みやかゆみがあると気になって仕方ないとは思いますが、患部を傷付けたり、しこりをつぶしたりすると症状を悪化させてしまいます。

そのうえ、痕が残ってしまう可能性もあるので、できる限り患部に刺激を与えないようにしてください。

市販の薬を使っても大丈夫?

市販薬で毛嚢炎に効くのは、オロナイン軟膏・フルコートf軟膏・テラコートリル軟膏などです。

オロナイン軟膏は皮膚の様々な症状に効くため、家においてあるという人も多いかもしれませんね。


オロナイン軟膏には消毒作用があり、毛嚢炎の原因である黄色ブドウ球菌の働きを抑えてくれます。

症状が軽い場合はオロナイン軟膏で治すことも可能です。


フルコートf軟膏はステロイドを配合した薬で、市販薬でありながら皮膚科で処方される薬と同じくらいの強い効果があります。

テラコートリル軟膏も同じくステロイドを使っていますが、フルコートf軟膏に比べるとだいぶ弱いため、あまり副作用の心配をせずに使うことができます。


ただ、自己判断で市販薬を使うよりは、医療機関で診てもらって薬を出してもらう方が安全です。

時間がない場合や病院が休みの時に、応急処置として使うくらいが良いかもしれませんね。

<参考サイト>:テラ・コートリル®軟膏a | ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社


毛嚢炎を予防するには?

毛嚢炎の予防

ここからは毛嚢炎の予防について解説します。

脱毛の施術を受けても毛嚢炎を起こさないために、ここで紹介する3つのポイントを参考にしてみてください。

1.肌の免疫力を保つ

肌の免疫力がしっかりしていれば、毛嚢炎になる可能性は低くなります。

生活習慣や食事などを見直し、肌の免疫力をつけましょう。


規則正しい生活を送り、1日3食バランスの整った食事をすることで、自律神経やホルモンバランスが整い免疫機能もアップします。

それまでにはある程度時間がかかりますが、体質・肌質改善のために、少しずつできることから取り組んでいきましょう。

<関連記事>:風邪薬を飲んでも脱毛できる?

2.肌を清潔に保つ

肌に菌や汚れが溜まっていると、毛嚢炎を起こしやすくなります。

こまめに汗を拭いたり、通気性を良くしたり、肌を清潔に保つよう心がけましょう。


特に女性の場合、生理期間中は陰部やおしりの辺りがムレやすく、細菌も繁殖しやすい状態になっています。

綿素材の通気性が良い下着を使用したり、こまめにナプキンを交換したりして、できるだけ清潔な環境を作ってあげましょう。

3.自己処理は肌に優しい方法で

ムダ毛を自分で処理する場合は、できるだけ肌に優しい方法を選びましょう。

カミソリで自己処理している人は多いと思いますが、直接刃物が当たるので肌にダメージを与えてしまいます。


また、ピンセットでムダ毛を引っこ抜くのも、毛穴に大きな負担がかかるので避けておいた方が無難です。

自己処理の方法としては、電気シェーバーがオススメです。


刃が直接当たらないのでカミソリより肌に優しく、比較的効率よくムダ毛を処理することができます。


    < この記事のまとめ >

  • 毛嚢炎は黄色ブドウ球菌・表皮ブドウ球菌により毛嚢が炎症を起こしたもの
  • 脱毛すると肌や毛穴がダメージを受けるため毛嚢炎が起きやすくなる
  • 軽度の毛嚢炎であれば放置していても3~4日で治ることが多い
  • 痛みやかゆみがある場合は脱毛したサロンまたはクリニックに相談しよう
  • 患部は清潔にして、できる限り刺激を与えないようにする


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング