脱毛のリスク、毛嚢炎にならないためには?



脱毛を始める理由として「自己処理による肌トラブルを回避したいから」といったことを挙げる女性は多いですよね。カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理は、肌や毛穴に多大なダメージを与えることを考えると、この理由は大変納得できるものです。

しかし、ここで気をつけたいのが、脱毛にも少なからず肌トラブルのリスクがあるということです。特に注意したいのが、レーザー脱毛や光脱毛の施術後に見られる毛嚢炎です。

今回は、脱毛後の毛穴に起こる毛嚢炎のリスクや対処法についてご説明したいと思います。


脱毛で注意したい毛嚢炎とは?


毛嚢炎とはどんな病気?

毛嚢炎とは、毛穴の奥にある毛包(※)に、ブドウ球菌などの雑菌が感染することによって起こる細菌感染症の一つです。毛嚢炎の見た目は白ニキビに似ていますが、症状が悪化するにしたがって赤みを帯び、重度になると膿やしこりによって肥大して熱を持つようになります。

毛抜きを使ってムダ毛処理をした場合にできやすいことで有名ですが、実は脱毛施術後にも生じることがあり、脱毛施術と並行して、毛嚢炎の治療に通っている方もいらっしゃいます。

※毛包…体毛の生産を司る、毛根を包みこんでいる組織

毛嚢炎ができる原因

毛嚢炎は、毛包の上部(皮膚の浅い部分)に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などが感染することで生じます。一般的には、皮膚が湿って不衛生な状態が長く続いた場合や、毛包部に軽い傷がついた場合などにできます。

また、皮膚炎治療などで用いられる副腎皮質ステロイド薬の使用が誘因となるケースもあります。


脱毛師術後に毛嚢炎ができる原因として挙げられるのは、施術時に発生する熱エネルギーの刺激だと言われています。レーザー脱毛や光脱毛は、体毛のメラニン色素に作用して熱エネルギーを発生させる特殊な光を照射し、その熱によって毛根や毛包にダメージを与えることで抑毛します。

この際、毛穴全体や毛包が軽い火傷を起こす場合があり、これが原因となって毛包炎が誘発されることが考えられます。


加えて、レーザー光やフラッシュ光が毛穴の細菌に作用する、脱毛後に発汗が促進されることで毛嚢炎ができやすい肌環境になるといった説もあります。いずれにしても、レーザー脱毛も光脱毛も毛穴に作用する脱毛方法であるため、毛嚢炎の誘因とされる理由は十分にあるというのが実情のようです。

<関連記事>
全身脱毛するなら脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?

毛嚢炎の治療方法



初期段階にある毛嚢炎は特に治療の必要はなく、できた部分を清潔に保つことで自然に治ります。しかし、次々と新しい毛嚢炎ができてしまう、炎症を起こし膿やしこりが見られるようになった場合は、速やかに皮膚科を受診し、毛嚢炎の治療を受けることが大切になります。

毛嚢炎は、抗炎症効果のある軟膏の塗布や抗生物質の服用などで十分治療が可能な細菌感染症です。症状が軽いうちに治療を始めることができれば、数日から数週間で完治させることも可能と言われていますので、毛嚢炎が疑われる時は、早めに皮膚科を受診するよう心がけて下さいね。


また、毛嚢炎の症状は市販薬でも抑制することが可能ですが、自己判断で薬を塗布したり服用したりすると、思わぬ副作用やアレルギーなどにみまわれる危険性もあります。

病院へいく時間がない、などの理由で市販薬を使用する場合は、薬剤師に相談し、適切な使用方法を指導してもらうことを強くオススメします。


脱毛後の毛嚢炎を予防するには?



毛嚢炎ができやすい状況には、次のようなものがあります。

・脱毛などによって毛包が傷ついている
・皮膚の衛生状態が悪い
・皮膚が湿ったり蒸れたりする状態が長く続いている
・過労やストレスによって免疫力が低下している
・生理中である

毛嚢炎を予防するためには、上記のような状況に陥らないよう対策を考えることが大切です。

<関連記事>
生理中でもVIO脱毛はできるの?

毛嚢炎の予防策1 皮膚を清潔に保つ

毛嚢炎は細菌感染症なので、まずは皮膚を清潔に保ち、ブドウ球菌などの雑菌の繁殖を抑制することが大切になります。特に、脱毛の後は熱によって皮膚が痛んでいるだけでなく、毛穴の中の雑菌が刺激されている状態にあるので、施術速やかにケアする必要があります。

脱毛施術を受けて帰宅した後は、保冷剤などを使用してアイシングし、皮膚を清潔にした上で保湿を行いましょう。施術後は皮膚が乾いてバリア機能が低下していますので、化粧水などで水分をしっかり補給し、クリームなどで新たなバリア膜を作ってあげることが重要となります。

毛嚢炎の予防法2 生活習慣や食生活を見直す

毛嚢炎は細菌感染症のため、免疫力が落ちている方や自律神経やホルモンバランスに乱れがみられる方ほどできやすい傾向にあります。

そのため、免疫力やホルモンバランス、自律神経を正常化させるため、規則正しい生活習慣を身につける、1日3食バランスの良い食事を摂るといった、地道な努力が大切です。

また、睡眠不足などによってターンオーバーが乱れている場合にもできやすいので、深い睡眠を十分にとれるよう生活リズムを見直すのも効果的です。

<関連記事>
Vラインのお手入れどうしてる?

    < まとめ >

  • 毛嚢炎は、皮膚の浅い部分や毛包の上部にブドウ球菌などが感染してできる細菌感染症
  • 脱毛後に毛嚢炎ができる理由は、熱によって毛包が傷つけられたり、毛穴の細菌が刺激されるため
  • 毛嚢炎は抗炎症効果のある軟膏や抗生物質で治療可能
  • 毛嚢炎の予防には、生活習慣の見直しや皮膚を清潔に保つケアなどが有効

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
シースリー
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円