足と腕の毛穴を目立たなくする方法を教えて!

腕と足,毛穴

せっかくムダ毛を処理したのに、毛穴が目立ってガッカリしたことはありませんか?

足や腕は露出することが多いので、できるだけキレイに見せたいですよね。


この記事では、足や腕の毛穴が目立つ原因とその対処法について、詳しく紹介していきます。

これを参考にして、毛穴の目立たないキレイな肌を作りましょう。


足や腕の毛穴が目立つ原因は?

腕と足,毛穴が目立つ原因

そもそも、自己処理をしたあとに、足や腕の毛穴が目立つようになるのは何故なのでしょうか。

ここでは、毛穴が目立ってしまう主な原因を3つ紹介します。

原因1:埋没毛・ムダ毛の断面が見えている

まず考えられるのは、ムダ毛のせいで毛穴が黒く目立ってしまう場合です。

埋没毛があったり、ムダ毛の断面が見えているケースがこれに当たります。


埋没毛というのは、何らかの理由で毛穴がふさがってしまい、ムダ毛が皮膚の外側に出てこれなくなった状態です。

毛は皮膚の内側で成長し、変な方向に伸びたり、クルクルとまるまって黒い点のようになったりします。


ムダ毛は先端の方が細く、根元に近いほど太くなっています。

処理の仕方によっては、その太い部分の断面が目立ってしまい、毛穴が黒いボツボツに見えてしまうこともあります。


ムダ毛を根元から処理するために、毛の生えている方向とは逆向きにカミソリなどで剃っている人も多いと思います。

ですが、逆剃りをすると毛穴が横に押し広げられ、余計にムダ毛の断面が目立ってしまうことになります。

<関連記事>:【要注意!】ハイジニーナ脱毛、自己処理に伴うリスクや注意点は?

原因2:毛穴の汚れ・色素沈着

毛穴の汚れや色素沈着も、毛穴が目立ってしまう原因になります。

毛穴に皮脂や角質などの汚れが溜まっていると、そこで角栓が作られ、時間の経過とともに酸化して黒くなっていきます。これが毛穴の黒ずみの原因です。


一方、色素沈着はメラニン色素によって起きるものです。

肌は外部から刺激を受けると、できる限りダメージを少なくするためにメラニン色素を作り出します。


その後メラニンが排出されずに肌に沈着してしまうと、その部分が黒く目立ってしまいます。

原因3:毛穴の炎症

赤いブツブツが目立つ場合、毛穴が炎症を起こしている可能性が考えられます。

自己処理によって毛穴を傷付けてしまった場合はもちろん、衣服との摩擦などが炎症の原因になることもあります。


軽い炎症であれば、きちんと保湿して、清潔な状態を保つことで改善される場合も多いです。

ただし、かゆみや痛みを伴う場合は、医師の診察を受けるようにしてください。


適切なケアをしなかったり、炎症を放置したりすると、治ったあとも色素沈着によって黒いブツブツが残ってしまうので注意しましょう。


目立つ毛穴は、ムダ毛処理方法の見直しで改善!

目立つ毛穴,改善

埋没毛や炎症など、毛穴が目立ってしまうのには、少なからずムダ毛の処理が関係しています。

ここでは、どうすれば毛穴を傷付けずにすむのか、オススメの処理方法について紹介します。

毛穴を傷つける、NGな自己処理方法とは?

毛穴を傷付ける危険性が高いのは、カミソリと毛抜きによる自己処理です。

普段カミソリで自己処理をしているという人は、かなり多いのではないでしょうか。


安価で簡単にムダ毛を処理できるカミソリですが、実は肌や毛穴には大きな負担がかかっています。

カミソリは、刃の部分が直接肌に当たる作りになっています。


そのため、ムダ毛を処理すると同時に、皮膚の表面まで削ってしまうのです。

肌へのダメージは、炎症だけでなく埋没毛も引き起こす原因にもなります。


ダメージを修復するためにかさぶたが作られると、毛穴がふさがれてしまい、ムダ毛が皮膚の外側に出られなくなるからです。

では、刃を使わない毛抜きなら大丈夫かというと、そうではありません。


一見肌に優しそうな毛抜きですが、これも肌や毛穴には大きなダメージを与えてしまいます。

ムダ毛を引っ張った時、実はそのまわりの皮膚も一緒に引っ張られています。


それによって毛穴が傷ついたり、細菌が侵入・繁殖して炎症を起こしやすくなったりします。

また、毛穴が広がって汚れも溜まりやすくなります。


毛穴が目立たないように、カミソリや毛抜きによる自己処理はできるだけ避けたいところです。

<関連記事>:【知っておきたい】全身脱毛のメリット・デメリット

ムダ毛の自己処理には電気シェーバーを使う

自己処理をする際には、電気シェーバーを使うのがオススメです。

カミソリとは違い、刃が直接肌に当たらない構造になっているため、その分ダメージが少なくなります。


電気シェーバーにもたくさんの種類があり、価格や大きさ、使い心地などもさまざまです。

顔用やデリケートゾーン用などもあるので、自分にあったシェーバーを探してみてください。


電気シェーバーを使うときは、肌に垂直に当てて、毛の生えている向きと同じ方向に剃っていきます。

強く押しつけたり、何回も同じところを剃ったりしないように気を付けてください。


ムダ毛を剃り終えたら、化粧水や保湿クリームなどを使って、しっかり保湿しましょう。

脱毛すれば毛穴もすっきり!

電気シェーバーで自己処理をしても、なかなか改善が見られない場合があるかもしれません。

シェーバーで処理すると毛穴に毛根が残るため、毛が太い人、肌が白い人などは、どうしても毛穴が目立ってしまいます。


そんなときには、脱毛してしまうのも一つの手です。

脱毛すればムダ毛が毛根ごとなくなるので、断面が目立つこともなくなりますし、ムダ毛がなくなった分、毛穴が引き締まって目立ちにくくなります。


それに加えて、自己処理がいらなくなる(または頻度が大幅に低くなる)ため、肌へのダメージが減り、炎症や埋没毛、色素沈着などのトラブルも起こりにくくなります。

脱毛というと費用が気になる人も多いと思いますが、最近は格安で脱毛できるサロンも増えています。


毛穴の目立たないキレイな肌を手に入れる手段として、脱毛も視野に入れてみてはいかがでしょうか。


足や腕の毛穴が目立つ時の対処法は?

毛穴が目立つ,対処法

足や腕の毛穴が目立ってしまうときは、どのように対処するのが良いのでしょうか?

ここからは、毛穴が目立つ場合の対処法を3つ紹介します。

まずはしっかり保湿

肌の保湿は非常に重要です。肌が乾燥すると毛穴が開きやすくなりますし、さまざまな肌トラブルを起こす原因にもなります。

きちんと保湿をすると、肌の細胞一つ一つが膨らみ、肌にハリが出てきます。


それによって毛穴が引き締まり、目立ちにくくなるのです。

また、保湿することによって肌のターンオーバーも整います。


そうすると、古くなった細胞と一緒にメラニン色素も体外に排出されるため、色素沈着も改善しやすくなります。

スクラブで肌を磨く

スクラブで余分な角質を取り除くと、一緒に肌表面の汚れを除去したり、ターンオーバーを整えたりすることができます。

特に、埋没毛にはスクラブでのケアがオススメです。


埋まっている毛を無理に引っ張り出したりすると、肌が傷付いてさらに悪化させることになりかねません。

改善されるまでに多少時間はかかりますが、毛穴をふさいでいる角質が少しずつ取り除かれれば、いずれ皮膚の外側に出られるようになります。


スクラブの使用は、肌の負担を考えて週2回までに留め、肌が乾燥しているときは避けるようにしましょう。

<関連記事>:Vライン脱毛でV全体の毛を薄くすることはできる?

ボディパウダーでカバーする

ボディパウダーを使えば、ファンデーションのように、腕や脚の毛穴をカバーすることができます。

ドラッグストアなどでも売っているため、「今すぐ毛穴を目立たなくしたい」というときに便利です。


ボディパウダーにもいろいろな種類があります。

ラメが入っていたり、香りがついていたり、様々な用途のものが売られているので、毛穴を隠したい場合にはカバー力の高いものを選びましょう。


気になる箇所にサッとはたくだけで、毛穴を目立たなくできます。

    < この記事のまとめ >

  • 毛穴が目立つのは埋没毛や毛穴の汚れなどが原因
  • 毛抜きやカミソリでの自己処理は、特に毛穴を傷付けやすいのでNG
  • 毛穴を目立たなくさせるために脱毛するのも一つの手段
  • 毛穴が気になったら、まずはしっかり保湿するところから始めよう
  • 埋没毛にはスクラブで対処するのが効果的


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング