カミソリ負けが原因の色素沈着を治すには?



ムダ毛を処理する際に、多くの人がカミソリを使用しています。

ですが、カミソリを使った後に肌が赤くなったり、色素沈着を起こしたりした経験がある人は多いのではないでしょうか。

いわゆる、「カミソリ負け」ですね。


この記事では、カミソリ負けで色素沈着ができる仕組みや治し方について、詳しく解説していきます。

また、後半では予防する方法についても紹介しているので、ぜひ美肌作りの参考にしてください。


自己処理後にできたシミ・色素沈着の悩み



カミソリで自己処理をしていると、なぜ色素沈着ができてしまうのでしょうか?

まずはその仕組みについて詳しく見ていきましょう。

カミソリ負けの原因は?



カミソリを使う前は何も肌に異常がなかったのに、使ってから肌がヒリヒリする・赤くなる・かゆくなるなどの症状が出ることがありますよね。


カミソリでムダ毛を処理した際に、実は、皮膚の表面にある角質層も一緒に削られています。

角質層には肌を外部の刺激から守ったり、水分が蒸発していくのを防いだりする役割があります。


そのため、角質層が傷付くと肌のバリア機能が低下して、外部からの刺激に対して敏感に反応してしまうのです。

これが、いわゆる「カミソリ負け」の仕組みです。

カミソリ負けで色素沈着するのはなぜ?

色素沈着の原因は、メラニンが大量に作られることにあります。

メラニンといえば、シミや日焼け、ソバカスの元でもありますよね。


カミソリによって角質層が削られてバリア機能が低下すると、外界から刺激を受けた際に、肌を守ろうとして大量のメラニンが作り出されます。

メラニンを作ることによって外部からの刺激を吸収し、肌へのダメージを最小限に抑えようとするのです。


役割を果たしたメラニンは、本来であれば肌のターンオーバーによって少しずつ体外に排出されていきます。


しかし、ターンオーバーが正常に行われなかったり、一度にたくさんのメラニンが作られたせいで排出しきれなかったりすると、肌にそのままメラニンが残って色素沈着を起こしてしまいます。

<関連記事>:色素沈着がひどいと脱毛できない?!

自己処理による色素沈着はなぜ消えにくいの?

色素沈着を起こしたからといって、それ以降、自己処理をしないわけにはいきません。

特に女性の場合はそうですよね。

毎日キチンと自己処理している、という人も多いことでしょう。


自己処理による色素沈着が消えにくいのは、そうやって自己処理を何度も繰り返して、今あるメラニンが排出される前にまた新たなメラニンが生成されてしまうからです。

また、肌がダメージを受けた状態が続くとターンオーバーが滞り、メラニンが排出されにくくなってしまいます。

<関連記事>:【要注意!】ハイジニーナ脱毛、自己処理に伴うリスクや注意点は?



カミソリ負けによるシミ・色素沈着を早く治すには?



色素沈着ができると、なかなか治らなくて気になってしまいますよね。

少しでも早く治すためのポイントを3つ紹介しますので、ぜひ試してみてください。

カミソリ負けしたら正しい対処を

カミソリ負けというのは、簡単に言うと「肌が炎症を起こした状態」です。

かゆくても掻かない・清潔な状態に保つ・患部を冷やすなど、正しい処置をしてできるだけ早く炎症を抑えましょう。


市販の塗り薬もありますが、薬の選択を誤ると症状が余計にひどくなったり、範囲が広がったりする可能性もあります。

できれば自己判断で薬を使うことは避け、症状が治まらない場合には皮膚科で医師の診察を受けることをおすすめします。

<関連記事>:Oラインの自己処理は危険!?正しいお手入れ方法は?

しっかり保湿でターンオーバーを改善



色素沈着を治すには、大量に作られたメラニンを排出させる必要があります。

まずはしっかり肌の保湿をして、ターンオーバーを改善させましょう。


保湿することによって肌のバリア機能が回復すると、外部からの刺激に耐えられるようになるため、新しいメラニンが作られにくくなります。

そして、肌のターンオーバーも正常に行われやすくなり、少しずつメラニンを排出していくことができます。

おすすめの保湿化粧水は、下記でチェックして下さい。

<外部の関連サイト>:乾燥肌化粧水のおすすめ人気ランキング


一方で美白化粧品のなかには、肌のターンオーバーを促す成分が配合されているものもあります。

ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどがその成分ですが、美白化粧品は刺激が強いため、肌の状態が良くない時は使わないように注意してくださいね。

肌への刺激に注意



何度も何度も肌に刺激を与えていると、シミが定着して消えにくくなる恐れがあります。

紫外線を浴びたり、合わない化粧品を使ったりすることはもちろん、顔を拭くときにタオルでこすったりするのも肌には大きな負担となります。


シミをちゃんと治すために、こういったことはできる限り避けるようにしましょう。

また、肌ダメージの大きい自己処理の仕方をしていないか、確認してみましょう。

正しい自己処理の方法については、このあと説明していきます。



自己処理による色素沈着を予防する方法は?

色素沈着を早く治すのも大事ですが、キレイな肌を作るには色素沈着ができないよう予防することも大切です。

自己処理で新たな色素沈着を作らないためにも、以下の3つのポイントに注意してくださいね。

自己処理の道具を変える

まだ使えるからといって、同じカミソリをずっと使い続けていないでしょうか?

安いカミソリであれば1,2回を目処に、それ以外でも1~2週間を目処に新しいものに交換しましょう。


キレイに使っているつもりでも、カミソリの刃には肌表面の皮脂や汚れが付着して、雑菌が増殖しやすい状態になっています。

それで何度も自己処理をしたり、まして刃がさび付いていたりしたら、肌が大きなダメージを受けるのは当然ですよね。


また、自己処理によるダメージを少なくしたいのであれば、電気シェーバーを使うのもおすすめです。

カミソリと違い、シェーバーは刃が直接肌に当たらない構造になっているため、その分肌へのダメージを抑えることができます。


電気シェーバーは2,000円前後のものが多く、カミソリに比べると高いと感じてしまうかもしれません。

しかし、カミソリほど頻繁に交換しなくてもよいので、結果的には電気シェーバーの方がコスパ面でも良い可能性が高いです。

正しい方法でムダ毛処理をする

正しい方法でムダ毛を処理すれば、肌へのダメージも少なくなります。

今度から自己処理をする際には、以下のポイントに気を付けてみてください。


まず、ムダ毛を処理する前に、シェービングフォームを塗っておきましょう。

これを使うことによって肌との摩擦が少なくなるほか、毛が柔らかくなるので処理しやすくなります。

シェービングフォームもなるべく低刺激のものを使用してください。


カミソリやシェーバーで剃っていく際は、毛の生えている向きと同じ方向に剃るのが基本です。

いきなり逆向きに剃ったり、同じところを何度も剃ったりしないように気を付けましょう。


もし剃り残しが気になるのであれば、順剃りをしたあと1回だけ逆剃りをして処理します。

ムダ毛の処理が終わったら、乳液やクリームなどを使ってしっかり保湿しておきましょう。

<関連記事>:脱毛中は毛抜き処理できない?OKな自己処理法とは?

脱毛すれば色素沈着も改善!

一見不思議に思えるかもしれませんが、脱毛して自己処理をやめるのが美肌への近道になります。

なぜかというと、脱毛すると自己処理が必要なくなり、肌へのダメージが一気に少なくなるからです。


どんな方法で自己処理をしても、肌には必ずダメージを与えてしまいます。

電気シェーバーもダメージが少ないとはいえ、ゼロというわけではありません。


また、自己処理ではすぐムダ毛が伸びてきてしまうため、何度も繰り返しダメージを与えることになります。

これではなかなか色素沈着も治らないですよね。


脱毛すればムダ毛から解放されるだけでなく、ダメージが減ることで肌もキレイになります。

美肌を目指している人は、脱毛も視野に入れてみてはいかがでしょうか。


    <この記事のまとめ >

  • カミソリ負けは、肌の表面が削られてバリア機能が低下することで起こる
  • 肌を守るために作られたメラニンが、うまく排出されずに残ったのが色素沈着
  • 自己処理をしていると次々にメラニンが作られるため治りにくい
  • 自己処理をする場合、方法や道具を見直してできるだけダメージを減らそう
  • 脱毛すれば自己処理が要らなくなるので、色素沈着も改善できる


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング