【隠れ家風】個人経営の脱毛サロンのメリット・デメリット

脱毛サロン,個人経営

最近は大手脱毛サロンの店舗数も多くなり、生活圏内に通うことができるサロンやエステが複数あるという方も珍しくなくなってきました。

しかし、地域によってはまだ大手の進出が少ない所もあり、遠出しないとお店が見つからないというケースもあります。


そのような場合、地域に密着した個人脱毛サロンを検討するという方も多いのではないでしょうか?

また、大手のマニュアル型の接客が苦手、スタッフとの距離が近いお店が好きといった理由から、個人経営のサロンを選ぶという方もいるかもしれません。


そこで、このページでは個人脱毛サロンについて考えてみたいと思います。


個人経営の脱毛サロンのメリットとは

個人脱毛サロン,メリット

1.高い技術力と実績があるケースが多い

個人脱毛サロンは、地域密着型のお店であることが多く、規模は小さいながらも高い技術力や実績のあるスタッフやオーナーが揃っている傾向にあります。

これは、個人サロンの経営者の多くが大手サロンやエステで技術と経験を積み、その後、独り立ちをしてサロンを立ち上げているというケースが多いことに関係しています。

<関連記事>:大手脱毛サロンと個人脱毛サロン、どっちがいい?

2.勧誘が少ない

個人サロンには大手サロンやエステのような営業のノルマはありませんので、勧誘がない、または軽い場合がほとんどです。

また個人経営のお店の場合、なによりも口コミが大切になるため、無理に勧誘を行って「あのお店は勧誘がしつこい」という噂が立ってしまうと死活問題に繋がる恐れがあります。


そのため、強い勧誘の心配をすることなく、お店に通うことができます。

3.スタッフやオーナーとの距離が近い

個人サロンは「お店と顧客」というより「オーナー(スタッフ)と顧客」という関係性になります。

そのため施術者と顧客の距離が大手サロンよりも近しいケースが多く見られます。


スタッフと顧客の間の信頼関係も築きやすく、個人的な悩みや希望の対しても親身に対応してもらえることが多いようです。

こぢんまりとアットホームな雰囲気は個人脱毛サロンならではの魅力だと言えるでしょう。

4.予約が取りやすい

個人脱毛サロン,予約が取りやすい

大手サロンはどうしてもスケジュールがタイトになりやすく、「予約が取りづらい」という形で顧客にしわ寄せがきてしまいます。

しかし、個人サロンはスタッフやオーナーが施術できる範囲の予約だけを受け付けているため、予約は比較的取りやすい傾向にあります。

5.美容サロン予約サイトの割引プランが利用できる

個人サロンは、ホットペッパーなどの美容情報サイトで紹介されているケースが多いです。

そこでは初回限定でお得に受けられるプランが用意されていることも多くあります。


それ以外にも美容院など他のサロンを予約する際に使用できる独自のポイントが溜まるなど、大手脱毛サロンにはないメリットがあります。


個人脱毛サロンのデメリット・リスクとは

個人脱毛サロン,デメリット

1.口コミや感想などの情報が集めにくい

大手サロンであれば、インターネット検索でお店の名前を入れるだけで簡単に口コミを収集することができます。

しかし個人経営のサロンの場合は、検索をしても口コミが見つからないというケースが珍しくありません


そのため、脱毛サロンを比較検討する時に大切な指針となる情報がなかなか集まらないという問題があります。

2.大手に比べて料金が割高なことが多い

現在、脱毛業界は過当競争の状態にあり、大手サロンは価格の面でもしのぎを削っています。

それに伴って格安キャンペーンなどもかなり多く実施されており、一年を通してお得な値段で脱毛を始めることができるようになっています。


これに対し、個人サロンでは料金を割り引いてくれるキャンペーンなどは少なく、大手のように薄利多売もできないため、料金設定も高めです。

個人サロンの料金相場はあってないようなもので、良心的な価格で細やかなサービスのお店もあれば、驚くほど高額の料金を提示しているお店もあります。


サービスと料金の釣り合いを見極めるのも、お店選びでは重要となってきます。

<関連記事>:【全身脱毛の注意点】各サロンのキャンセル料はいくら?

3.設備の充実度が低いお店がある

個人脱毛サロン,設備

個人サロンは内装やサービス、設備などにこだわっているお店が少なくありません。

しかし、中には脱毛機器が古い、店舗の老朽化が進んでいるというケースも多く見られます。


個人経営のサロンは大手と比べると設備投資にかけられる金額にも限りがあります。

その為常に最新の業務用機器を取りそろえることができる訳ではありません。


仕方ない部分でもありますが、それに伴って脱毛施術の質や効果に低下が見られることもあるため要注意です。

4.途中で辞めづらいことがある

大手サロンの場合は、途中解約に関して契約上の取り決めが明確になっています。

強引に引き留められたり、情に訴えて解約を思いとどまらせようとすることはほぼありません。


しかし、個人サロンでは個人対個人の繋がりとなっているため、大手と比べると心情的に辞めにくい、と感じる方が多いと言われています。

5.倒産のリスクがある

倒産のリスクは個人サロン、大手サロンどちらにも存在します。

しかし、大手の脱毛サロンの場合は通っている店舗が経営不振などで閉鎖になっても、他の近場の店舗に振り替えてもらえたり、前払いの料金を返還してもらえたりします。


一方、個人経営の場合は「ある日突然何の連絡もなく閉店していた」なんてケースも少なからず存在します。

この場合、前払い料金が返ってこない、施術が途中で終わってしまったが何の保障も無い、なんてことは珍しくありません。

<関連記事>:VIO脱毛をするならエステvs医療クリニックのどっち?

6.男女兼用のサロンが多い

大手脱毛サロンでは、女性限定としているサロンがほとんどですが、個人脱毛サロンの中にはメンズ脱毛をメニューに取り入れているサロンもあります。

脱毛サロンはムダ毛といったデリケートな悩みを解消するサロンですので、「男性と顔を合わすのが恥ずかしい」と感じる方もいるのではないでしょうか?


個人経営の脱毛サロンが向いている人とは?

個人経営の脱毛サロン,向いている人

大手と個人経営、どっちを選ぶ?

金額やきめ細やかなサービスなど、脱毛のお店選びはなかなか迷いますよね。

ここまで見てきた点を踏まえ、以下のような人は個人経営の脱毛サロンがおすすめと言えます。

  • 個人経営特有の親しみやすいプライベートな空間が好きな方
  • 生活圏内に大手サロンが見つからない方
  • スタッフの距離が近く、親身で細やかなサービスを求める方
  • 高い技術力を持つ施術者に脱毛をして欲しい方
  • スタッフやオーナーとマンツーマンのコミュニケーションをしたい方
  • 人の目を気にせずリラックスしながら脱毛施術を受けたい方

個人脱毛サロンのメリットやデメリットは実際にお店を訪れ、オーナーやスタッフと直接話したり接したりしてみないと感じられないものです。

大手サロンと同様に、個人経営のお店でも初回は無料カウンセリングから入ることがほとんどです。


お店選びの際はまず、カウンセリングの予約から始めてみましょう。

また、個人サロンはお店によってサービス内容や接客、脱毛技術などに大きな差があるにも関わらず口コミを集めにくい傾向にあります。

そのため安全策として、大手サロン情報も集めておき、同時に検討しておくことをおすすめします。

    <この記事のまとめ>

  • 個人経営のサロンは店舗によってサービス内容や技術力にかなり差がある
  • 個人脱毛サロンは口コミなどの情報が集めにくく、有効な評価が見つからないことが多い
  • 個人脱毛サロンは魅力的なメリットも見られるがデメリットも多い
  • 個人サロンに不安がある場合は、定評のある大手サロンも検討するのがおすすめ


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング