【実は危険!】乾燥肌は脱毛を断られるって本当?

乾燥肌,脱毛
「乾燥肌だと脱毛できない」って、聞いた事ありませんか?

乾燥した肌に脱毛の施術を行うと、肌トラブルの原因になるため、脱毛を断られる場合があるのです。


でも肌がどれくらい乾燥していたら施術を受けられないのか、よく分かりませんよね。

今回は乾燥肌と脱毛の関係について、詳しく見ていきましょう。


ムダ毛処理で肌が乾燥するのはなぜ?

ムダ毛処理,肌,乾燥

誤ったムダ毛処理を続けると肌に負担が掛かり、乾燥する原因になります。

自己処理によって肌が乾燥する原因は、以下の通りです。

カミソリは肌を傷つける

自己処理をする際によく使われるのが、安く購入できる「カミソリ」です。

しかしカミソリを使うと肌の表面を傷つけてしまい、ムダ毛だけでなく肌の角質まで一緒に削ってしまいます。

この角質には雑菌などの侵入や、体内の水分の蒸散を防ぐ働きがあります。


そのため角質が剥がれるとバリア機能が失われ、剥がれた隙間から水分が蒸発し、肌が乾燥します。

すると余計に肌のキメが乱れ、さらに乾燥が進むという悪循環に陥ります。


カミソリを使うと、乾燥以外にも炎症や色素沈着が起きる可能性もあります。

そのため乾燥肌の人はもちろん、今のところ肌トラブルがない人も、カミソリでの自己処理は避けましょう。


また毛抜きや除毛クリームによる自己処理も、カミソリほどではないものの、肌へのダメージが大きいです。

ムダ毛の処理をする時は、肌への負担が少ない電気シェーバーを使いましょう。

「お風呂場で自己処理」の落とし穴

「自己処理と言えば、お風呂場でするもの」といったイメージはありませんか?

お風呂場なら剃ったムダ毛はお湯で流せますし、石鹸の泡でそのままカミソリを使って剃れるため、楽ですよね。


しかし実は、お風呂場での自己処理は危険です。

濡れてふやけた肌にカミソリを使うと、乾いている時よりも角質が削れやすくなります。


また石鹸を長時間つけていたり、肌を洗い過ぎると必要な皮脂まで流してしまうため、肌が乾燥しやすくなるのです。


またお風呂場にカミソリを置いておくと、湿気でカミソリの刃が錆びやすくなります。

このカミソリでムダ毛処理をすると、肌が傷つき乾燥します。


このようにお風呂場での処理は、肌が乾燥する大きな原因の一つです。

そのため自己処理はお風呂上がりなどの、肌が清潔で乾いている状態で行いましょう。

脱毛でも肌が乾燥する!

実は脱毛によっても、肌が乾燥します。

照射時の光やレーザーによる熱で、脱毛した箇所の水分が蒸発し、肌が乾燥しやすくなるのです。


この肌の乾燥は1~2週間程度で落ち着きますが、乾燥が進むと脱毛効果にも悪影響が出る恐れがあります。

そのため脱毛に通っている間は、こまめな肌の保湿ケアを心がけて下さい。



乾燥肌だと脱毛が受けられないって本当?

乾燥肌,脱毛

肌の乾燥が深刻化していると、脱毛を断られるケースがあります。

乾燥肌だと脱毛できない理由を見ていきましょう。

乾燥肌で脱毛が断られるのはなぜ?

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、外部の刺激によるダメージを受けやすくなります。

これは脱毛で光やレーザーを照射する時も同様で、肌荒れや赤み、色素沈着など肌トラブルの原因になりやすく、さらに肌が乾燥します。


また乾燥した肌は刺激に敏感になるので、痛みも感じやすくなります。

脱毛の照射は正常な肌にとっては問題なくても、乾燥肌だと強い痛みが伴う場合があるため、脱毛の施術を断られてしまうのです。

<関連記事>:皮膚科クリニックVS脱毛サロン!顔脱毛するならどっち?

脱毛できないほどの乾燥肌って、どれくらい?

肌が白い粉をふいたようにガサガサになっている状態や、表皮が浮いているなど明らかに平常時と異なる場合は、脱毛の施術を断られる可能性が高いです。

ただし肌の乾燥している箇所がピンポイントであれば、その箇所だけ避けて照射する事もできます。


サロンによっても乾燥肌の判断基準が異なりますので、不安な場合はスタッフに相談してみましょう。

油断禁物!乾燥肌は脱毛効果が出にくい?

1回の施術で脱毛効果を得られるのは、全体のムダ毛の10%程度だと言われています。

これでも十分に少なく感じますが、肌が乾燥していると、これが2~5%まで減少します。

これは肌の水分量が少なく、照射時の光が毛根に伝わりにくいためです。


また肌が乾燥してバリア機能が落ちると、肌には炎症などのトラブルが起きやすくなります。

そのためスタッフに施術の照射出力を弱められてしまい、脱毛効果が薄くなる可能性もあります。



脱毛効果を最大化!保湿ケアのポイントは?

脱毛,効果,保湿

先ほどにもあったように、肌の乾燥は脱毛効果を半減させてしまいます。

脱毛1回あたりの効果が弱まると、その分施術に掛かる回数が多くなり、もったいないですよね。


そのため脱毛効果をしっかり出したいなら、保湿が肝心です。

保湿する際のポイントは、以下の通りです。

「顔だけ保湿」から卒業しよう

顔の保湿はバッチリでも、他の部位の保湿ケアはつい後回しにしていませんか?

顔は一番人に見られやすいパーツのため、つい顔のケアにばかり気を遣いがちですが、肌を露出する機会が多い腕や脚なども乾燥しやすい部位でもあります。


十分な脱毛効果を得たいのであれば、顔と同じくらい全身もしっかり保湿をしましょう。

具体的には、顔だけでなく脱毛箇所にも保湿効果の高い化粧水・美容液を使う、その後肌に乳液やクリームを塗る、入浴時に美容成分を含む入浴剤を使うといった方法があります。


日頃から全身の保湿ケアをすることで肌の潤いを感じられ、脱毛の効果もより実感しやすくなります。

<関連記事>:脱毛中は保湿ケアが大事!

脱毛当日の保湿ケアは要注意

毎日の保湿ケアは大切ですが、サロンによっては「脱毛当日は肌に何もつけないでください」という指示がある場合もあります。

実は日焼け止めや油分多めのクリーム、パウダーなどを使って肌ケアをすると、それらが毛穴に詰まる場合があるのです。

毛穴が詰まると脱毛時の光が毛根に届きづらくなり、十分な脱毛効果が得られなくなります。


そのため脱毛当日は制汗剤・日焼け止め・保湿剤の使用は控えましょう。

さっぱりした化粧水などであれば、脱毛に影響が出ない可能性もありますが、脱毛当日の使用は避けた方が無難です。


心配であれば肌の保湿ケアについて、事前にサロンのスタッフに確認して下さい。

保湿ケアをしてくれる脱毛サロンも!

肌のコンディションが脱毛効果に影響を及ぼすため、脱毛だけでなく肌の保湿にも力を入れているサロンが増えています。

たとえば施術時に美白・美容成分が含まれているローションを使っていたり、施術後にミストシャワーを受けられたりと、サロンごとに保湿のサービスがあるのです。


脱毛しながら保湿ケアもできるなんて、得をした気分になりますね。

セルフケアも大事ですが、脱毛による肌の乾燥が心配であれば、保湿ケアをしてくれる脱毛サロンを選ぶのもオススメです。



以上、乾燥肌と脱毛の関係や、脱毛効果を発揮するための保湿ケアについて見ていきました。

しっかり保湿をして乾燥を防ぎ、十分な脱毛効果を得られるツルスベ肌を目指しましょう。

    < まとめ >

  • 誤った自己処理は、肌の乾燥につながる
  • 乾燥した肌は、外部の刺激によるダメージを受けやすい
  • 乾燥肌は肌トラブルが起きやすいため、脱毛を断られる場合がある
  • 肌が乾燥していると、施術の照射出力を弱められる可能性もある
  • 十分な脱毛効果を得るには、全身の保湿ケアを心がけること


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング