家庭用脱毛器で、やけどのトラブルが多いって本当?

やけど

家庭用脱毛器は、脱毛サロンやクリニックに通う時間のない人でも気軽に脱毛できることから、男女問わず人気のあるアイテムです。

しかし脱毛器ユーザーの増加に伴い、やけどをはじめとするトラブルの発生件数も増えてきています。


一体どのような状況で、脱毛器によるトラブルが生じてしまうのでしょうか?

ここでは、やけどの原因やその対処法などについて、紹介していきます。


家庭用脱毛器でやけど…原因は?

やけど,原因

家庭用脱毛器は、私たちのような素人でも安全に使用することができるよう、照射の出力は低めに設計されています。

それにも関わらず、やけどなどのトラブルが後を絶たないのは、なぜなのでしょうか?

やけどの原因1:前処理不足

脱毛器でやけどを負う原因のひとつに、脱毛の前処理がきちんと行えていないことが挙げられます。

ここで言う前処理とは、照射箇所のムダ毛の処理や、照射前のお肌の冷却・保湿などです。


ムダ毛の処理が不十分だと、照射の熱でムダ毛が焦げ、皮膚がやけどを負うリスクが高まります。

また保湿が足りずに乾燥した肌は、バリア機能が弱まり、照射のダメージによる肌トラブルを引き起こしやすくなります。


また、自己処理の前に照射箇所の洗浄を怠ったり、照射前に指定のジェル以外のものを塗ることも、やけどの原因になるので注意しましょう。

やけどの原因2:誤った使い方

照射面を肌に押し付けたり、ほくろやシミの箇所に照射するなど、脱毛器の誤った使い方も、やけどなどを引き起こす要因となります。

取扱説明書にきちんと記載がありますが、しっかりと読まずに使用してしまう人は意外と多くいます。


そして自分の判断で使用した結果、肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

また脱毛効果を追求するあまり、いきなり高いレベルで照射したり、節約の観点から古いカートリッジを使い続けることなども、肌に過剰な負担を掛ける原因となります。


初回の使用時だけでも、しっかりと取扱説明書を読み込むことが大切です。

<関連記事>:脱毛器で失敗!家庭用脱毛器って高い割に効果がイマイチ?


正しく使えば、やけどは防げる!脱毛器の安全な使い方とは?

脱毛器,正しい使い方

安全に脱毛するには、メーカーが推奨する正しい使い方を守ることが基本です。

ここでは多くの脱毛器に共通する、安全に使用するためのポイントを紹介していきます。

冷却や保湿を、しっかりと行う

現在主流となっている光脱毛器やレーザー脱毛器は、ムダ毛のメラニン色素に反応する光を照射し、その時に発生する熱によって毛根にダメージを与える仕組みになっています。

そのため照射によって、ムダ毛だけでなく肌や毛穴も高熱によるダメージを少なからず受けることになります。


この熱によるダメージを予防・鎮静するためにも、照射の前後は肌にたっぷりと潤いを与え、十分に冷却することが大切です。

<関連記事>:脱毛後、痛みが残る・・・原因は?

照射は必ず、低出力から!

脱毛効果は出力レベルに比例します。

とは言え脱毛効果を優先し、初めから高出力で照射するのはとても危険です。


照射レベルが上がれば上がるほど、その分肌が受けるダメージも大きくなります。

特に肌が弱っている状態や、アイシングが十分でない状態で高出力の照射を行うと、跡が残るほどのやけどを負うリスクがあります。


照射するときは必ず低出力で試し打ちを行い、肌の状態を確認しながら、徐々に出力を上げていくようにしましょう。

<関連記事>:家庭用脱毛器でのvio(ハイジニーナ)脱毛:やり方を知らないと危険!

ほくろや傷跡には照射しない

光脱毛器やレーザー脱毛器の光は、黒いメラニン色素に反応するため、ほくろやシミ、傷跡など、色素の濃い箇所にも反応してしまう可能性があります。

そのため、そのような箇所に照射することの無いよう、細心の注意を払うことが大切です。


とは言え、ほくろなどを避けて照射するのは難しいため、絆創膏などを貼り、その上から照射するのがおすすめです。


脱毛器でやけどしてしまった…!そんな時は?

やけど,対処法

ここでは、脱毛器でやけどをしてしまった場合の対処法を紹介します。

万が一のことがあっても、焦らず適切に処置できるよう覚えておきましょう。

皮膚科で受診する

「やけどしたかも」と感じたら、そのままにせず適切に処置を行うことが重要です。

お肌の表面がヒリヒリと痛み、赤く腫れて火照っている場合は、軽度なやけどと判断できます。


これは日焼けした時と同じ状態のため、患部をよく冷やし、まめに保湿するようにしましょう。そうすれば大体3~4日で、自然に治ります。

皮膚の奥までやけどのダメージが及ぶと、水ぶくれができます。


水ぶくれの跡が残る可能性があるため、応急処置として患部の周りを冷やし、速やかに病院で診てもらう方が良いでしょう。

やけどを放っておくと、感染症などのリスクも…!

水ぶくれを伴うやけどを放置してしまうと症状が悪化し、最悪の場合、緑膿菌という微生物によって感染症を引き起こすリスクもあります。

やけど用の市販薬を使う手もありますが、市販薬では痛みを抑えることはできても、皮膚の再生を促すことはできません。


やけどの跡を残したくなければ、自己判断で処置せずに病院へ行くことをおすすめします。

なおサロンやクリニックでは、施術前後のケアが充実しており、家庭用脱毛器を使うよりも安全かつ効果的に脱毛することができます。


やけどなどの肌トラブルが心配な人は、人目に付きやすい部位や、皮膚がデリケートな部位だけでも、プロに脱毛してもらう方が安心です。




ここまで、家庭用脱毛器で肌トラブルが生じる原因や、その対処法について見てきました。

脱毛器は正しく使用すれば、やけどなどを防ぐことができます。


ただし安全性を重視するのであれば、サロンやクリニックでの脱毛も検討してみるのがおすすめです。



    < まとめ >

  • 脱毛器でやけどするのは、前処理不足や誤った使い方が主な原因
  • 正しく使えば、脱毛器でのやけどは防ぐことができる
  • 特に脱毛前後の冷却や保湿は、とても重要
  • 万が一、水ぶくれを伴うやけどを負った場合は、早めに病院へ行くべき
  • 安全性を重視するなら、サロンやクリニックでの脱毛がおすすめ



全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

全身脱毛ランキング