はじめての脱毛!知っておきたい基礎知識とは?

脱毛,知識

初めて脱毛サロンに行く時は、分からない事だらけで心配になりますよね。

カウンセリングや実際の施術について事前に把握しておけば、少しは気が楽になるはずです。


今回は、脱毛する時に知っておきたい基礎知識を紹介します。



脱毛サロンのカウンセリングはどんな感じ?

脱毛,カウンセリング

脱毛サロンに通うにあたって最初に受けるカウンセリングは、どんな流れで何を説明されるのでしょうか?

カウンセリングの流れや、当日の注意点について見ていきます。

カウンセリングの流れは?

初回カウンセリングを受ける時は、まずネットか電話で予約をしてサロンに行きます。

カルテに氏名や住所などの個人情報、肌の状態、脱毛したい部位などを記入してから、カウンセリングを受けます。


カウンセリングは1時間~1時間半ほどで、以下のような内容です。

  • 脱毛のしくみ、施術方法の説明
  • 脱毛したい部位の確認
  • コースやプランの説明
  • 肌や健康状態の確認
  • アレルギーや持病、服用中の薬の確認
  • 脱毛についての質問への回答
  • パッチテスト(希望者のみ)

ヒアリングの内容から、その人に適したコースやプランの説明があります。

プランの詳細や通い方など、疑問に思うことがあればカウンセリング時に聞いておきましょう。


イメージと違った場合には、もちろん契約をしなくても構いません。

カウンセリングの日も自己処理は必要?

カウンセリング当日には、基本的には脱毛しません。

そのためムダ毛の自己処理は、必要ない事がほとんどです。


中にはカウンセリング時に手の甲など、狭い範囲の照射を体験できるサロンもあります。

このテスト照射を受ける場合は、ムダ毛処理をしておきましょう。


ただし予約が空いている時だけ対応可能だったりと、必ずしも受けられるとは限りません。

照射の体験を受けたい場合は、カウンセリングを予約する際に、「テスト照射を行っているか」「照射できる場合、ムダ毛の処理をしておいた方が良いか」を確認して下さい。

 全身脱毛の脱毛サロン、おすすめは?

勧誘がしつこい時の対処法は?

サロンと聞くとノルマ達成のために、契約するまでしつこく勧誘されるイメージがある人もいるでしょう。

しかし近年ではインターネットで口コミが広まる事もあり、悪質な勧誘は徐々に少なくなっています。


ただし契約を検討するためにカウンセリングに来ている訳なので、多少の勧誘は普通にあるものと考えておきましょう。

もし希望と合わずに契約を見送る場合は、返事を曖昧にせず、はっきり断るようにします。


断る時は、「他の脱毛サロンと比較したい」「自分には決定権がない」「高額なので家族に相談したい」などの理由が効果的です。

不安に思う点がある時は契約を即決せずに、いったん検討する時間を設けたり、周りの人に相談してみましょう。

 ワキ脱毛の脱毛サロン、おすすめは?



はじめての脱毛サロン!どんな準備が必要?

脱毛サロン,準備

脱毛サロンに通う際、必要な持ち物はあるのでしょうか?

また自己処理を忘れてしまった場合でも、脱毛を受けられるのでしょうか?


詳しく見ていきましょう。

予約から施術までの流れを教えて!

脱毛の流れは、以下の通りです。

1.脱毛部位の状態を確認
2.シェービング
3.脱毛部位の消毒
4.脱毛部位にジェルを塗る
5.光を照射
6.クールダウン


施術前に肌の状態をチェックし、脱毛する部位を清潔にして、冷却作用のあるジェルを塗ります。

その後タオルやゴーグルで目を保護してから、脱毛する部位に光を照射します。


サロンでの脱毛であれば、施術時間は1部位10分程度ですし、痛みもほぼありません。

照射が終わったらジェルを拭き取り、肌を冷却したら施術は完了です。

脱毛サロンに通うときの持ち物は?

初回カウンセリングでは、契約するにあたって免許証や保険証などの身分証明書と、印鑑が必要になります。

それ以降でサロンに通う時に持参が必須なのは、会員カードくらいです。


持っていると便利なのは整髪料やヘアピン、化粧品、電気シェーバーなどです。

横になって施術を受ける際に髪が乱れるため、施術後に髪を整えるための整髪料やピンがあると便利です。

髪型は横になった時に邪魔にならないように、そして崩れても直しやすいように、シンプルな髪型にしておきましょう。


顔の脱毛をする人はメイクを拭き取るため、後で直すためのメイク道具があった方が良いです。

化粧水などはサロンに備え付けがある場合もありますが、肌に合わない可能性もあるため、日頃から使っている日焼け止めや基礎化粧品を持っていくと尚良いでしょう。


またムダ毛の剃り忘れ・剃り残しがあると、サロンによっては施術を断られる場合があるため、電気シェーバーがあると安心です。


施術の際はガウンなどに着替えるため、脱ぎ着しやすい服装を選びましょう。

また脱毛直後は肌が紫外線によるダメージを受けやすいため、なるべく露出が少ない服装を心がけて下さい。


アクセサリー類は施術の時に外すことになり、着替える際の時間が余計に掛かりますし、外した後に紛失する可能性もあるため、あまり身に着けない方が無難です。

 Vライン脱毛の脱毛サロン、おすすめは?

当日に自己処理を忘れた!どうすればいい?

脱毛当日の自己処理を忘れると、シェービング代やカミソリ代が別料金で掛かったり、施術が受けられない可能性があります。

脱毛前の自己処理は必須ですが、うなじや背中など、自分での処理が難しい部位については、スタッフがシェービングしてくれるサロンが多いです。


それ以外の部位は、しっかりムダ毛の処理を行って下さい。

事前に、当日はどの部位までシェービングして貰えるのか、自己処理を忘れた場合に別料金が掛かるのかを、確認しておくと良いでしょう。



下記では、はじめて脱毛サロンに通う時の不安や疑問を記事にして紹介していますので、良かったら参考にして下さい。

初めての脱毛の関連ページ




もっと知りたい!脱毛に関するQ&A

脱毛,知識

脱毛サロンに通うにあたって、毛周期や自己処理のポイントについても把握しておきましょう。

「毛周期」ってどんなもの?

毛周期とは毛が生えかわるサイクルのことで、成長初期→成長後期→退行期→休止期という4段階を繰り返します。

このサイクルに掛かる期間は部位によって違うものの、大体1~3か月ほどかけて1周します。


脱毛効果が出やすいのは、肌表面に出てきている成長期の毛です。

そのためサロンでの脱毛は、毛周期とタイミングを合わせて2~3か月に一回の頻度で行われます。

脱毛中の自己処理、ポイントは?

脱毛中に自己処理をする場合は、電気シェーバーがオススメです。

電気シェーバーは肌への負担が少ないため、多くの脱毛サロンで推奨されています。


逆に毛抜き、カミソリ、除毛クリームなどを使ったムダ毛処理はNGです。

毛抜きを使うと毛根から抜けるため、照射時の光が反応しにくく、脱毛効果が得づらくなります。


毛を抜くと毛周期が変わる可能性もありますし、引っ張るため毛穴や肌へのダメージが大きく、肌トラブルに繋がりやすいのです。

カミソリや除毛クリームも、肌を傷めやすいため使用しないで下さい。


肌トラブルがある箇所は脱毛できない可能性があるため、自己処理の回数は最低限に控えましょう。

また肌が乾燥するとバリア機能が低下し、脱毛によって火傷などの肌トラブルが起きる可能性が高まります。


そのためムダ毛の処理をした後は、しっかりお肌の保湿をして下さい。

肌の水分量が多い方が、光が浸透しやすいため脱毛効果が出やすいです。

 ハイジニーナ脱毛の脱毛サロン、おすすめは?

施術当日はここに注意!

脱毛当日は飲酒や激しい運動、入浴などの体温が上がることはNGです。

脱毛すると肌にも照射の熱が伝わり、乾燥しやすくなります。


そんな状態の時に体温が上昇すると、さらに肌の水分が失われて肌トラブルの原因になるのです。

脱毛前日も、飲酒は避けて下さい。施術中の肌に熱がこもりやすくなり、光による痛みが強くなる場合があります。


「飲酒の前後12時間以内は施術できない」としているサロンもあり、施術を受けられなくなる可能性もあるのです。


脱毛当日は制汗剤や日焼け止め、ボディクリームなども使わないようにしましょう。

脱毛の妨げになったり肌トラブルの原因になる場合があるため、これらを施術箇所に使用している場合は、脱毛不可としているサロンもあります。



以上、脱毛する時に知っておきたい基礎知識を見てきました。

脱毛について知っておくことで、安心して施術を受けられますね。


下記ではオススメの脱毛サロンを紹介していますので、こちらもぜひチェックしてみて下さい。

 脱毛サロンの人気ランキング