安全な脱毛法とは?



脱毛施術には、光脱毛やレーザー脱毛など様々な種類や方式があり、求める効果や受ける方の体質・毛質などによって、それぞれ適したものを選ぶことが大切とされています。

しかし、これから脱毛を始める方の多くは「自分にどんな脱毛法があっているかなんて、とても判断できない!」と感じられるはずです。そもそも、脱毛の種類や特徴なんて、一般にはあまり知られていませんよね。

そこで、今回は日本で実施されている主要な脱毛方法として、光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーザー脱毛、電気針脱毛の特徴と安全性について、できるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。


3つの脱毛方法の仕組みと特徴

脱毛の痛みや安全性についてご説明する前に、まずフラッシュ脱毛・レーザー脱毛・電気針脱毛の特徴を簡単にご紹介しましょう。


光脱毛



光脱毛(フラッシュ脱毛)は、脱毛サロンやエステで主流となっている脱毛方法です。脱毛の仕組みは、体毛内の光に作用する特殊な光を照射し、熱エネルギーを発生させ、その熱でむだ毛の発生と成長を司る毛包・毛母細胞にダメージを与えて抑毛するというものです。


医療機関で実施されているレーザー脱毛や電気針脱毛との大きな違いは、

・医療機関でなくても施術が受けられる
・医療用マシンより出力の低い、業務用脱毛マシンを使用して施術を行う
・医師や、医師の監督下にある医療従事者でなくとも施術ができる
・永久脱毛ができない

という点にあります。


光脱毛のメリット・デメリット

■メリット
・施術中の痛みや肌ダメージが少ない
・医療レーザーや電気針脱毛よりも費用が安いケースが多い
・一度に広範囲の光照射が可能
・実施している店舗数が多いため、脱毛に通いやすい

■デメリット
・他の2つに比べて出力が低いため、脱毛効果が弱い
・納得がいく効果が得られるまで時間がかかる傾向にある
・施術者によって効果の出方に差がある場合が多い
・歴史が浅く実績が少ないため、安全性や永久性の実証がなされていない


医療レーザー脱毛



医療レーザーは、その名の示すとおり医療機関で実施されている、レーザーを用いた脱毛方法です。脱毛の仕組みは光脱毛と基本的に同じですが、出力が高い分、毛包や毛母細胞に与えるダメージが大きいため、確実性や永続性の点で優位となっています。

施術は、医師または医師の監督下にある技術者が行うため、高い脱毛効果と安全性を期待することができます。

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

■メリット
・施術1回あたりの脱毛効果が、光脱毛より高い
・医療従事者による施術を受けられるので、安心・安全
・医療機関での施術となるため、肌トラブルなどがでた場合もすぐ診断・治療をしてもらえる

■デメリット
・光脱毛と比較して費用が高い場合が多い
・出力が強い分、施術中の痛みが強くでる傾向にある
・色素の薄いうぶげや白髪は処理できない可能性がある
・光脱毛よりも照射範囲が狭い

<関連記事>
脱毛サロンとクリニック、VIO脱毛するならどっちがいい?


電気針(ニードル)脱毛



電気針脱毛は、その名の通り針を用いた脱毛方法を指します。施術方法は他の2つと大きく異なり、極細の針を毛穴に挿入し、針に電気を通して毛母細胞を直接破壊するものとなっています。

従来の電気針脱毛は、針が直接毛穴の皮膚と接していたため、非常に強い痛みが伴う、肌トラブルを引き起こしやすいという問題がありましたが、現在は皮膚に当たる部分を絶縁させた絶縁針が使用されているため、痛みは多少緩和されています。

3つの脱毛法の中ではもっとも脱毛効果が高く、信頼性があります。

電気針脱毛のメリット・デメリット

■メリット
・脱毛効果が高いため、3つの脱毛方法の中で最も体毛の再生率が低く、確実性が高い
・白髪や産毛、色素沈着のある部分への施術が可能

■デメリット
・他の2つの脱毛法と比較して、とても強い痛みを伴うことがある
・施術者の技術力・熟練度によって、効果や痛みに大きな差がある
・高い技術を要するため、安全な施術を行える施術者が少ない
・手間がかかり、施術を実施できる技術者が少ないため、脱毛費用が高額

【3つの脱毛法・まとめ】

光脱毛 医療用レーザー脱毛 電気針脱毛
特徴
  • もっとも主流の脱毛方法
  • メラニン色素に反応する光が毛母細胞に働きかけ、抑毛効果を高める
  • 光と同様にメラニン色素に反応するレーザーを用いる脱毛方法
  • 光脱毛よりも脱毛機の出力が高く、脱毛効果が高い
  • 電気の通う細い針を毛穴に刺して、直接毛母細胞を破壊する脱毛方法
  • レーザー脱毛よりも高い効果が得られる。
  • メリット
  • 痛みが少なく肌への負担も少ない
  • 脱毛費用が安い…etc
  • 光脱毛に比べて脱毛効果が高い
  • 医療機関なので安心感がある…etc
  • 永久脱毛である
  • 白髪や産毛でも脱毛可能…etc
  • デメリット 永久性はまだ認められていない 火傷のリスクなど肌へのダメージが気になる
  • 非常に痛みが強い
  • 費用が高い
  • このように、一口で脱毛といっても方法や方式によって、メリットやデメリットに大きな違いが見られます。これを踏まえ、それぞれの安全性などについて考えてみましょう。

    <関連記事>
    ビキニライン(Vライン)脱毛の脱毛サロン選びは慎重にね!


    3つの中で「痛みがない」「肌に優しい」脱毛方法はどれ?


    痛みが少ない脱毛方法は?

    脱毛施術の痛みを左右するのは、使用するマシンの出力や施術に用いる機器の種類です。当然、マシンの出力が強ければ強いほど、肌に与えるダメージや刺激が大きくなりますし、針であれば絶縁しているかどうかで痛みに差がでてきます。

    この点を考えると、やはり3つの中で最も痛みが少ない脱毛方法は、低い出力で施術回数を重ねて脱毛を行う、光脱毛となります。光脱毛は、痛みが出やすいとされるVIOラインなどを施術する場合にも、ピリッとした刺激が走る程度とされ、使用するマシンや方式によってはほぼ無痛で施術を完了させることもできます。

    光脱毛の中でも、S.S.C方式は特に肌に対するダメージが少なく、痛みもほとんどでないという特徴があり、多くの女性に支持されています。

    <関連記事>
    全身脱毛、どこの部位が一番痛い?


    肌に優しい脱毛法とは?

    肌に対する優しさも、やはり施術に使用するマシンの出力によって異なってきます。出力が強ければ強いほど、毛母細胞や毛包に与えるダメージは大きくなりますが、その分、肌や毛穴にもダメージが及びます。

    また、電気針脱毛はレーザー脱毛や光脱毛と比較して、毛穴の奥により直接的なダメージを与える脱毛方法のため、適切な施術を行った場合でも、ある程度の肌ダメージを覚悟する必要があります。

    そのため、肌に最も優しい脱毛方法は、やはり低い出力で少しずつ処理を行っていく光脱毛だと言えるでしょう。


    総合して安全な脱毛法とは?



    光脱毛・レーザー脱毛・電気針脱毛は、そのどれもが脱毛方法として確立しているため、施術自体の安全性に問題はないと言えます。

    レーザー脱毛も電気針脱毛も、肌や毛穴に与えるダメージや刺激は大きいものの、医師や医療従事者による施術となるため、安全性や確実性の面では安心できるものとなっています。また、肌トラブルが起きた場合などに、迅速に適切な対応を受けられるという点も見逃せません。


    また、光脱毛の場合は機器の出力が低く抑えられており、もともと皮膚や毛穴に与えるダメージが少ないこともあって、肌トラブルがでにくいという特徴があります。そのため、光脱毛は「施術方法自体の安全性が高い」と判断しても差し支えないかもしれません。

    とはいえ、これらは施術を担当する技術者やスタッフが誠実な対応を行い、適切な施術を行っているという前提があってこそのものです。


    そのため、脱毛の安全性を考える場合は、もともと肌トラブルリスクが低い光脱毛を選択する、または、施術者の技術力やお店・クリニックの質を見極めることが大切だと言えるでしょう。

      < まとめ >

    • 安全な脱毛を判断するには、脱毛の種類や方式を確認しておく必要がある・光脱毛は使用するマシンの出力が弱い分、肌に与えるダメージが少ない
    • レーザー脱毛は高い出力で施術ができる反面、肌ダメージや刺激が大きい・電気針脱毛は、最も高い脱毛効果が期待できるが、肌ダメージが大きく、強い痛みを伴う
    • 光脱毛が最も肌に与えるダメージは少ないが、安全性は施術者の技術力やサロン・クリニックの質によって左右される


    全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

    キレイモ
    キレイモ
    全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

    価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
    シースリー
    脱毛ラボ
    全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

    価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
    ストラッシュ
    ストラッシュ
    SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

    全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
      【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円