ハイジニーナ脱毛、家庭用脱毛器は使えるの?



この数年でデリケートゾーンのヘアの処理、特にVIO脱毛やハイジニーナに対して女性からの注目が集まっています。

Vラインに関しては下着や水着を着用する際、はみ出したり透けたりするのが恥ずかしいという想いが強く、以前からお手入れする方の割合が高い部位でした。

一方、I・Oラインに関しては人に見せる機会がない分、処理の必要性を感じない女性が多く、処理をしている方は少ないというのが実情です。


しかし、最近は大胆なデザインの水着や下着が増えたことや、ハイジニーナが衛生面に優れた脱毛法であることが広く知られるようになったことから、VIOラインの処理に興味を抱く女性が増えてきました。

とはいえ、デリケートゾーンは他人に見せるには恥ずかしい部位であることから、クリニックやエステで脱毛することに抵抗を感じてしまいがちです。そこで、なんとか自己処理できないかと試みる方も多いと思いますが、家庭でのデリケートゾーンの処理にはリスクがつきものです。

以下では、家庭用脱毛器を含めたアンダーヘアの自己処理にはどんな方法があるのか、またそれぞれの自己処理の注意点について説明していきます。


アンダーヘアの自己処理 カミソリ・シェーバー編

VIOラインの自己処理を経験したことがある方であれば、その処理が非常に難しいことを実感されているのではないでしょうか?

Vラインであれば、まだなんとか目で直接見ながら処理をすることが可能ですが、Iライン・Oラインともなると、鏡などを利用しないことには状態すら確認することができません。

ただでさえVIOラインは皮膚が薄く非常にデリケートな部位です。そういった部分を、鏡を見ながらといった不安定な状態で処理するのは大変危険です。特に、カミソリなどを利用する場合はちょっと手が滑っただけで、デリケートゾーンに大きなダメージを与える危険性があります。


では、美容用(顔用など)のシェーバーを利用すれば良いのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれませんね。確かに、顔用シェーバーは脱毛サロンやエステでも、施術前のプレ処理で使用を推奨しているだけあって、肌ダメージは少なめです。

ですが、ムダ毛と一緒に肌表面を薄く削ってしまうことには変わりがないので、肌ダメージがゼロになることはありません。

顔や腕、わき程度の処理であれば問題ありませんが、粘膜に近く皮膚が非常に薄いVIOラインを頻繁に処理するには、やはり適しません。


また、カミソリは肌の角質までそり落とすことから、乾燥肌になりやすいだけでなく、色素沈着を引き起こす原因にもなります。ただでさえ黒ずみが気になる部分であるだけに、さらなる色素沈着のリスクは回避したいものです。

カミソリや美容用シェーバーなどは、ランニングコストが少額ですみ、手軽に処理できるというメリットがありますが、肌ダメージのことを考えると、やはりデリケートゾーンへの利用は避けた方が無難でしょう。

アンダーヘアの自己処理 毛抜き編



アンダーヘアをカミソリやシェーバーで処理すると、2~3日で短い毛が生え、デリケートゾーンがチクチクしてしまいます。この不快なチクチク感がいや!という方が好んで使用するのが毛抜きです。

毛抜きは1本1本処理しなければならないので面倒ですが、一度処理するとムダ毛がなかなか生えてこないので、チクチク感がなく、しばらくの間ツルツルの状態を保つことができます。

しかし、実は毛抜きでの処理はシェーバーやカミソリよりもダメージが深く、大きな肌トラブルを招きかねません。


毛抜きで毛を抜く際、毛穴よりも大きな毛根も無理矢理抜き去ることになりますが、この時毛穴は大きなダメージを受けてしまいます。結果、毛穴が炎症を起こしたり、広がったまま閉じられなくなったりという問題が生じてしまうのです。

毛穴が痛むことで起きる肌トラブルには、炎症や埋没毛、化膿などがあり、カミソリやシェーバー使用時よりもより深刻な症状が出やすい傾向にあります。

アンダーヘアを毛抜きで処理している方は、リスクが高いことを理解し、早急に中止されることをおすすめします。

<関連記事>
全身脱毛のメリットとデメリットについて

アンダーヘアの自己処理 家庭用脱毛器編

カミソリやシェーバー、毛抜きでセルフケアが駄目!となると、やはり注目するのが家庭用脱毛器です。

以前は家庭用脱毛器の性能はそれほど高くなく、アンダーヘアのような濃く太いムダ毛を処理するのは不可能と考えられていました。

また、非常に高価だったこともあり、デリケートゾーン処理のために購入しようという方は少ないというのが実情でした。


しかし、家庭用脱毛器の性能はこの数年で飛躍的に向上し、現在販売されている脱毛器の多くが、エステで使用されている業務用脱毛機器に近い性能を備えていると言われています。

価格的にも手頃になりつつあり、10万円を超えるような高額な商品は少なくなり、数万円でエステ並の効果が得られると謳う人気商品も登場しています。そのため、こういった機器を使えば、家庭でもVIO脱毛が可能では?と考える女性が増えてきています。

確かに、家庭用脱毛器はシェーバーやカミソリ、毛抜きなどと比較すると肌トラブルを引き起こすリスクは低めです。


ですが、家庭用脱毛器で採用されている「光脱毛」は、肌に黒ずみなどがあると十分な効果が得られない、アンダーヘアなどの太い体毛に過剰反応して、やけどを起こす危険性などがあります。

また、家庭用脱毛器であってもIラインやOラインの処理は難しく、鏡を見ながら手探りのような状態で脱毛器を操作するのは危険です。狙った部位でないところに照射を続けてしまうと、I・Oラインをきれいに処理できないばかりか、粘膜などに深刻なトラブルをまねきかねません。

家庭用脱毛器は安全性が高いとされていますが、それはカミソリやシェーバー、毛抜きと比較してのことです。与えるダメージがゼロというわけではありませんので、デリケートゾーンへの使用は避けた方が良いでしょう。


家庭用脱毛器は本当にVIO脱毛に使えない?



インターネットで「家庭用脱毛器+ハイジニーナ」「家庭用脱毛器+デリケートゾーン」といったキーワードで検索をすると「家庭用脱毛を使ってVIO脱毛が可能です!」といったホームページが沢山ヒットします。

これらのホームページの情報から「家庭用脱毛器でVIO脱毛ができるんだ」と考える女性も多いと思います。ですが、これらのホームページの情報に反して、家庭用脱毛器の製造メーカーの多くが、デリケートゾーンへの使用を推奨していません。

人気の家庭用脱毛器として有名なものには以下のようなものがありますが、公式にデリケートゾーンへの使用OKとしているのは、ケノンのみです。

デリケートゾーンへの使用OK:ケノン
デリケートゾーンへの使用NG:no!no!hair、トリア、センスエピ


肌ダメージの少なさで定評のあるケノンのみ、デリケートゾーンOKとしていますが、実は使用を想定されているのはVラインのみで、I・Oラインは使用可能とは明記されていません。

そのため、メーカー側はVIO脱毛に関しては推奨していないというのが実情です。

もし家庭用脱毛器を使用してVIOラインの脱毛を行う場合は自己責任となります。使用の際にはご注意下さい。

<関連記事>
全身脱毛が身体に与える影響とは?


どうしても家庭用脱毛器でVIO脱毛がしたい場合は?

家庭用脱毛器は、自分が好きな時・好きな時間に脱毛ができる利便性があります。そのため、他人にデリケートゾーンを見せることができない方、ハイジニーナのためにサロンやクリニックに通う時間がない方にとっては、とても便利な機械だと言えます。

しかし、前述の通りデリケートゾーンの脱毛をする場合にはリスクがあり、使用方法を誤ると肌トラブルを招く可能性があります。それでも家庭用脱毛器でVIO脱毛をしたい!と強く考える方は、以下の点に気をつけて処理されることをおすすめします。

  • 事前にムダ毛を剃っておく
  • VIOラインには体毛が密集して生えているので、毛が生えた状態で照射をすると熱が集中して発生し、火傷を負う危険性があります。事前にムダ毛をそり落とし、過剰な発熱が起こるリスクを避けましょう

  • 照射レベルは最低から
  • VIOラインは非常に敏感な部分です。肌ダメージを軽減するためにも、照射レベルは最低から始めましょう。最近の家庭用脱毛器は照射レベルを細かく設定できる商品も多いので、最小レベルから始め、痛みや肌ダメージの度合いを確認しながら、徐々にレベルを上げていくのがポイントです。

  • 処理前・処理後にしっかりとアイシングする
  • 脱毛前後にしっかりと肌を冷やしておくと、痛みを感じにくくなるだけでなく、脱毛後の腫れや炎症が起きづらくなります。事前に保冷剤を準備し、十分にアイシングできる状況と整えて処理に入りましょう。

この他にも、色素沈着がある部分、シミ・アザなどにはフラッシュを照射しないなど、注意点は多々あります。非常にデリケートな部分であるVIOラインの処理は、注意に注意を重ねても過ぎることはありません。

また、どんなに十分な準備を行って処理に入っても、思わぬアクシデントが起きないとも限りません。そんな時にも、メーカーが推奨しない使用法を行っている時点で、すべて自己責任だということを覚えておいて下さい。


VIO脱毛の自己処理のまとめ

デリケートゾーンのセルフケアの危険性や注意点についてご説明してきましたが、いかがでしたか?

それぞれの自己処理方法のメリットやリスクを以下でまとめました。

痛み メリット リスクやデメリット
カミソリ・シェーバー ほぼ無痛 処理が楽チン 深剃りやカミソリ負けのリスク
すぐに毛が生えてくる
毛抜き かなり痛い 毛が生えてきにくい 炎症や埋没毛のリスク
肌へのダメージが大きい
家庭用脱毛器 痛い 確実な脱毛効果が得られる 火傷のリスク
脱毛器自体の値段が高い

この3つの中だと、1番肌へのダメージが少なく効率が良いと考えられるのは、やはり家庭用脱毛器になります。

では、家庭用脱毛器によるVIO脱毛について、以下でまとめてみましょう。

    < VIO脱毛の自己処理のまとめ >

  • カミソリやシェーバーでの自己処理は色素沈着の原因になる。
  • 家庭用脱毛器でのVIO脱毛はやけどなどのリスクが高い。
  • デリケートゾーンへの使用が可能なものもあるが、メーカーでは推奨されていない。

VIOラインのセルフケアは非常に難しく、メリットに対するデメリットが非常に大きいという特徴があります。これは、最も肌ダメージが低いとされる家庭用脱毛器でも例外ではありません。

家庭用脱毛器はとても便利な機械ですが、やはり設計上、腕や脚、わきなどの処理には向いていますが、デリケートゾーンの処理には不向きです。


確実性や安全性を考えれば、やはりVIOラインの脱毛についてはプロの施術を受けるのが一番です。最近はエステでもVIO脱毛もかなり一般的になってきていますし、以前と比べるとずっと施術に通いやすい環境が整っています。

不安な方はエステで無料カウンセリングを利用することもできますので、まずは気軽に相談されることをオススメします。

下記では、VIO脱毛でオススメの脱毛サロンを紹介しているので、サロン選びの参考にしてみてください。


 ハイジニーナ脱毛の脱毛サロン、おすすめは?

 脱毛サロン、部位別の人気ランキング!



ハイジニーナ脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛専門サロンのキレイモでは、Vゾーン全体とI・Oラインの処理が含まれているため、体や顔の脱毛と同時にお手入れできちゃう点が魅力です。脱毛ついでに美肌やスリムアップも期待できる大人気サロンです。

価格:月額制9,500円(VIO含む33か所)
ミュゼ・プラチナム
ミュゼ・プラチナム
「安い、高品質、勧誘なし」の三拍子揃った良心的脱毛エステサロンです。痛みが少なく美容効果のあるS.S.C脱毛を採用しているため、デリケートな部分で不安も多いVIOラインも安心して脱毛できちゃいます。

初回価格:300円(VIO含む4か所)
通常価格:18,000円~(ハイジニーナ7/3回)

ジェイエステ
ジェイエステ
高い脱毛技術に加え、充実したカウンセリングや質の高い接客サービスが受けられることで人気を集めている脱毛サロンです。恥ずかしいハイジニーナ脱毛も熟練スタッフに任せれば安心ですね。

価格:5,000円(デリケート5プラン/2回)