ハイジニーナ脱毛で気になるデリケートゾーンの悩み!



文字通り、身体の中でも特に過敏で繊細な部位となるのが、デリケートゾーンです。

最近の脱毛は安全性が向上し、痛みなども少なくなってきてはいますが、全くノーダメージで施術を行うことはできません。

そのため、デリケートゾーンに悩みや問題があっても施術ができるかどうかは、とても気になるところですよね。

ここでは、ハイジニーナ脱毛を行うときに女性が抱えがちな悩みについて、ご紹介していきます。


悩みその1 アンダーヘアが太く濃い

体毛の中でも、特に剛毛とされるアンダーヘアですが、太くてしっかり生えている上に、下着を突き抜けるほど硬い!と悩む女性も少なくありません。

そんな太く濃いアンダーヘア、「脱毛処理の効果が出にくいのでは?」と考えがちですが、意外にそうでもありません。

その理由は、現在脱毛サロンで主流となっている脱毛法が「フラッシュ脱毛」であることに関係あります。

太い毛のほうが脱毛効果を実感できる?

フラッシュ脱毛は、毛穴のメラニン色素に光を照射するという脱毛方法ですが、仕組みは次のようになっています。

    1.特殊な波長をもったフラッシュ光をムダ毛に照射する。

    2.光の波長が体毛内のメラニン色素と反応して熱を発生する。

    3.体毛内に発生した熱が毛根にある毛母細胞に伝わる。

    4.熱によって毛母細胞が破壊され、体毛が生えにくくなる。


熱によって破壊され毛母細胞は再生をするため、一度の照射では高い効果は見込めませんが、施術を重ねることで脱毛効果を高めることが可能です。


ここで重要なのが、光の波長と体毛のメラニン色素を反応させるという点です。つまり、メラニン色素が多い体毛ほどよく反応する、ということです。

濃く太いアンダーヘアほど光が反応しやすく、脱毛効果を高めてくれることに繋がるのです。

むしろ、照射する光の強さによっては、効果が出すぎて必要以上の高熱が発生してしまう可能性もあるので、念のため事前にスタッフに相談しておいたほうがよいでしょう。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛の痛みはどのくらいなの?


悩みその2 Iラインに色素沈着がある



ハイジニーナ脱毛をする時、なんといっても気になるのがIラインに見られる色素沈着です。

「脱毛前にどの程度黒ずみができているか確認し、気持ちが沈んでしまった…。」なんて声も少なくありません。

とはいっても日本人の場合、どんな方でも多かれ少なかれIラインに色素沈着は見られます。

色素沈着で考えられるリスクとは?

本当に気にするべきなのは、黒ずみがある部分にフラッシュ脱毛やレーザー脱毛施術を行うと、やけどや痛みのリスクがあることです。

「悩みその1」でも述べた通り、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で照射される光は、メラニン色素と反応して熱を発生させます。

この作用は体毛だけはでなく皮膚にも見られるもので、色素沈着がある部分に光を照射すると、必要以上の高温が発生する危険性があるのです。


そのため、脱毛サロンの中には色素沈着を理由に施術を断るところもあり、希望していたサロンで脱毛ができないといったケースも多く見られます。

しかし、近年では色素沈着がみられるデリケートゾーンも安全に脱毛できる、医療用・業務用機器の開発が進み、やけどや痛みのリスクを軽減したハイジニーナ脱毛も提供されるようになってきました。

最近では、ほとんどのサロンで無料カウンセリングを行っているので、色素沈着と脱毛に関係した悩みがある方は気軽に相談してみると良いでしょう。

<関連記事>
全身脱毛のメリットとデメリットについて


悩みその3 Oライン脱毛をしたいけど痔がある



痔というと男性に多い病気といったイメージがありますが、痔で通院する人の男女差は現在「男性6:女性4」となっているそうです。

痔の予防・改善のためにはOライン(肛門周り)を清潔な状態に保つことがとても大切です。

そのため、汚れの蓄積やムレなどの原因となるOラインのムダ毛を、きれいさっぱり脱毛したい!と考える方も多いのですか、ここで問題となるのが「処理と治療、どちらが先か」ということです。

まずは自分の痔をきちんと知ることから

エステやクリニックで使用されている脱毛機器は、レーザーやフラッシュ光を照射し、発生した熱の力で脱毛する方式になっています。

そのため、どんなに痛みの少なさを売りにした施術であっても、照射を受けた部分は熱や刺激を受けます。

痔には切れ痔など肛門に外傷ができるタイプと、いぼ痔のように鬱血が原因のものがありますが、どちらの場合も、症状を悪化させるのは熱や摩擦などの刺激です。

そういった意味でも、脱毛は痔にとって非常にリスクの高いものだということを覚えておきましょう。

まずは、自分の痔の種類や症状をきちんと理解した上で、脱毛したい旨を医師に伝えて、施術を行っていいのかどうかの許可をもらうようにしましょう。


悩みは恥ずかしがらずにしっかり相談しよう!

デリケートゾーンについての悩みとハイジニーナ脱毛について、以下でまとめてみました。

    < まとめ >

  • Vラインの毛が太い場合、逆に脱毛効果が出やすいというメリットがある。
  • Iライン脱毛の色素沈着は程度によっては火傷のリスクがあるので注意が必要。
  • Oライン周りに痔がある場合は、必ず医師と相談した上で施術を受ける。

ひとりひとり違った悩みがあるのは当然のことですが、どれも黙っていては、相手に伝わるはずがありません。

安心して確実に脱毛の施術を続けていくためにも、悩みや不安はきちんとスタッフに相談するようにしましょう。

しっかり相談を重ねた上で施術をはじめれば、サロン側としても適切な処置を行うことができるため、安全な状態で無理なく脱毛を続けていくことができるはずです。


下記では、ハイジニーナ脱毛でオススメの脱毛サロンを紹介しています。まずは無料カウンセリングから試してみてはいかがでしょうか。


 ハイジニーナ脱毛の脱毛サロン、おすすめは?



ハイジニーナ脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛専門サロンのキレイモでは、Vゾーン全体とI・Oラインの処理が含まれているため、体や顔の脱毛と同時にお手入れできちゃう点が魅力です。脱毛ついでに美肌やスリムアップも期待できる大人気サロンです。

価格:月額制9,500円(VIO含む33か所)
ミュゼ・プラチナム
ミュゼ・プラチナム
「安い、高品質、勧誘なし」の三拍子揃った良心的脱毛エステサロンです。痛みが少なく美容効果のあるS.S.C脱毛を採用しているため、デリケートな部分で不安も多いVIOラインも安心して脱毛できちゃいます。

初回価格:300円(VIO含む4か所)
通常価格:18,000円~(ハイジニーナ7/3回)

ジェイエステ
ジェイエステ
高い脱毛技術に加え、充実したカウンセリングや質の高い接客サービスが受けられることで人気を集めている脱毛サロンです。恥ずかしいハイジニーナ脱毛も熟練スタッフに任せれば安心ですね。

価格:5,000円(デリケート5プラン/2回)