Vライン脱毛でありがちな悩みにお答えします!



最近では、日本でもハイジニーナ脱毛が浸透してきて、サロンなどで処理を行う女性が増えています。ハイジニーナ脱毛とは、Vラインと股下のIライン、お尻のOラインを含めたアンダーヘアを処理する脱毛のことをいいます。

しかし、まだまだ日本人の女性の中には、完全に毛を無くすことに抵抗があり、少しはVラインを残したいと考えている人が多いです。たしかにツルツルの状態では不自然ですし、そこまでするのには相当な勇気が必要になります。

そもそも、あまり自分でも処理をしないアンダーヘアを脱毛するとなると、自己処理の方法や脱毛の流れ、どれくらい毛がなくなってしまうのかと、色々と心配な点があると思います。

ここでは、そんな中でもVラインの脱毛でありがちな悩みや疑問について、詳しく紹介していきたいと思います。


毛量が多くてVラインの形が気になる!

女性の中には、アンダーヘアの毛量が多いことで悩んでいる方が結構いるのではないでしょうか?

海やプールでいざ水着に着替えたら、太ももの付け根あたりからムダ毛がはみ出してしまう…。

そんなガサツな一面を気になる彼に見られてしまったら…。考えただけで夏がくるのが憂鬱になってしまいますよね。


また、可愛い下着やセクシーな下着など、普段は挑めないような下着を買ったときも、いざ履いてみたらアンダーヘアとのバランスがおかしくて、「思っていたのと違う!」なんてガッカリする体験をしたことがある方も多いと思います。

普段はあまり気になりませんが、Vラインの毛量が多いことは意外とファッションの妨げになってしまうことがあります。

しかしVIO脱毛なら、徐々に照射をして少しずつ毛量を減らしていくことができるので、自分の理想の薄さに近づけることができます。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、悩みがあっても施術はできる?

Vラインのデザイン、人気なのは?



欧米ではアンダーヘアを完全に脱毛するスタイルが浸透していますが、日本では少数派であるため、抵抗を感じてしまうのも当然だといえます。

そこで多くのサロンでは、カウンセリングの際にVラインの形や処理する範囲をしっかり決めてから施術を行うシステムが主流になっています。

「形やデザインを決める」というだけでは、いまいちイメージできない方もいるかもしれません。


もっとも一般的とされているのが逆三角形に残すタイプで、とても自然な仕上がりになるため、温泉などで見られてもあまり恥ずかしさがなく、人気の形となっています。

自然な形を求める方には、逆タマゴ形やスクエア形にするのも人気で、周囲のムダ毛を処理して形を整えるだけという手軽さです。

海外で人気のものには、Iラインの形に沿って細く縦長に残したり、ハート形に整えて可愛さをアピールするタイプもあります。セレブ女優やモデルを中心に、アンダーヘアを完全に処理してしまうハイジニーナスタイルが浸透してきています。


際どいファッションを好む女性は別として、多少はVラインを残しておきたいと考えている女性が大半なので、どのように残すかは人それぞれの好みによります。

自分では良いと思ったデザインでも、ご主人や彼氏がいる方の場合は意見が異なる可能性もあるため、施術を受ける前にきちんと相談したほうがいいかもしれません。


一度少なくしたVライン、元に戻せるの?

練りに練ってデザインを決めたはいいものの、施術を進めていくうちにVラインの形がいまいち気に食わなくなってしまう方も少なくありません。

全体的に毛量を減らしすぎてしまったり、形が思っていたものと違う感じになってしまったり、自分の理想にぴったりと近付けることは至難の業です。

それこそ、2回目や3回目の施術であればまだ毛が生えてくるので、デザインの変更など色々と融通が利きますが、5回目を超えたあたりから毛の生える範囲もスピードもグンと減るため、なかなかやり直しがきかなくなってしまいます。


IラインやOラインの脱毛は、生理の不快感から解放されたり常に清潔を保てるなど、衛生面のメリットがとても大きいですが、正面に位置するVラインは見た目がもっとも重要となります。

回数を重ねれば重ねるだけ取り返しがつかなくなってしまうので、あとで「デザインが気に入らない!」とならないように、Vラインのデザインや毛量については、スタッフとしっかり相談を重ねて施術を進めていくようにしましょう。

<関連記事>
全身脱毛が身体に与える影響とは?

脱毛をはじめてからの自己処理はどうすればいいの?



女性のほとんどは思春期を迎えた頃からムダ毛に違和感を抱きはじめ、カミソリなどで腕や脚の自己処理を行いますが、アンダーヘアのムダ毛処理に関しては、脱毛に通い始めるまで手をつけたことがないという方が多くなっています。

もともと人目に晒される部分ではない上に、デリケートな部位であるため、カミソリをあてることに抵抗を感じてしまうという意見もよく見られます。

では、いざ脱毛を始めたら、そのあとの自己処理はどう行っていけばよいのでしょうか?


これはVIOの自己処理だけに言えることではないですが、一番危険な処理方法として、毛抜きでの自己処理が挙げられます。

ただでさえ皮膚が薄くデリケートな部位なのに、その毛を毛抜きで無理やり引っ張って抜いてしまうことは、とてもリスクの高い行為となります。

もしも毛を抜いたところから雑菌が入ってしまうと、炎症を起こしたり、最悪性病を引き起こす原因にもなりかねません。


デリケートゾーンの自己処理はもともとあまり勧められていませんが、施術の前日には自分の理想のデザインに整えてから行かなくてはいけません。

そういった際の処理方法には、もっとも一般的なカミソリを使うのがよいでしょう。なるべく安全設計のものを選び、肌へのダメージを最小限におさえられるように配慮しましょう。

Vラインの毛が長い場合は、ある程度の長さまでハサミでカットしてから剃り、深剃りにならないように優しく刃をあて滑らせるように剃るようにすると、カミソリ負けなどの心配もなくなります。

IラインやOラインはとても見えにくい部分となっているので、股下に鏡を置くなどして、きちんと自分の目で確認をしながら処理するようにしましょう。


悩みや不安は事前のカウンセリングで解決しよう!

Vライン脱毛でありがちな悩みや疑問について、以下でまとめました。

    < Vライン脱毛についてのまとめ >

  • 毛量が多い場合は少しずつ施術を重ねて全体を薄くすることができる。
  • 一般的な逆三角形だけではなく自分の好きなデザインに整えることができる。
  • 回数を重ねるほど元に戻せなくなるのでデザインは計画的に決める。
  • 自己処理はなるべく控えて、する場合はカミソリで浅く剃る。

アンダーヘアは普段見えない部分だからこそ、自分なりにこだわりを持って処理していきたいところだと思います。

色々悩んでみてもどうしたらいいか分からない場合は、自分のライフスタイルやファッションの傾向から考えるのもひとつの方法ですが、事前のカウンセリングで相談してみるのが確実です。

たくさんの女性の相談を聞いているスタッフであれば、あなたのデザインに対する考えや理想を聞いた上で、適切なアドバイスをくれるでしょう。


下記では、Vライン脱毛におすすめの脱毛サロンを紹介しているので、ぜひサロン選びの参考にしてみてください。


 Vライン脱毛の脱毛サロン、おすすめは?



Vライン脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

ミュゼ・プラチナム
ミュゼ・プラチナム
Vラインとワキの美容脱毛完了コースがワンコインで受けられる、という破格の安さを実現した脱毛サロンです。店舗数が多く接客も丁寧なので、初めての方でも通いやすい点も魅力です。

価格:300円(Vライン+両ワキ美容脱毛完了コース+お好きな部位2か所)
ジェイエステ
ジェイエステ
創業37年と長い歴史と実績を誇る老舗脱毛サロンです。カウンセリングに力を入れており、一人一人の肌質に適した脱毛を実現してくれます。店舗数が少ないのがデメリット。

価格:300円(Vライン+両わき+お好きな部位2か所)
TBC
TBC
TBCでは現在主流の光脱毛はもちろん、白髪にも効果的なスーパー脱毛が受けられます。濃いムダ毛や白髪混じりのVラインを完璧に処理したい、という方におすすめの脱毛エステサロンです。

初回価格:1,000円(ライト脱毛2回、スーパー脱毛40本))