ハイジニーナ脱毛するメリット・デメリットは?



女性であれば誰もが気になってしまうムダ毛ですが、夏が近づくにつれて水着や露出のことを考えて脱毛をはじめる方が増えてきます。

大胆な下着やファッションを楽しむためには、デリケートゾーンの脱毛は欠かせません。しかし、普段は見えない部分ですから、うっかり処理を忘れてプールで顔面蒼白になった経験をした人もいることでしょう。

顔や腕は視界に入るので、気がついたらササッと処理しますが、普段人には見せないデリケートゾーンを気にする方はほとんどいないので、処理も適当になってしまいがちです。


そのため、女性の多くは安価な脱毛サロンで脱毛を行いますが、意外とハイジニーナ脱毛の利用者は少ないのです。

理由としては、人に見えないから処理しないという意見もありますが、IラインやOラインを施術する際、人前に晒すのが猛烈に恥ずかしいという意見が、ダントツで多くなっています。

しかしそれでも、露出の多い服や水着を着るのにはムダ毛が気になってしまいます。そういった理由から、最近では少しずつハイジニーナ脱毛を希望する方も増えてきています。


デリケートゾーンは基本的に隠れている部分なので、実際に脱毛を行うことのメリットを知っておきたいですよね。そしてその反対に、デメリットにはどのようなものがあるのかも気になります。

ここでは、ハイジニーナ脱毛を行うメリットとデメリットを紹介していきます。

<関連記事>
全身脱毛のメリットとデメリットについて


ハイジニーナ脱毛のメリット

1.ファッションの幅が広がる



ハイジニーナ脱毛のメリットとして、女性にとって嬉しいことは、身につけられる下着や水着の種類が増え、ファッションの幅が広がるという点にあるでしょう。

ぴったりめのスキニーパンツなどを履く場合、下着のラインが出ることを気にしてTバックを着用する女性も非常に多いですが、脱毛してしまえばムダ毛がはみ出る心配もないので安心して履くことができます。


いままでなら、夏になってプールや海に行く前日や直前、それから着る水着にそなえて念入りに自己処理を行う必要があったと思います。

しかしハイジニーナ脱毛をすれば、そんな自己処理も不要になって、ムダ毛を一切気にせずかわいいデザインの水着を心置きなく着ることができます。

2.肌を清潔に保てる

また、メリットは見た目ばかりではなく、清潔に保てることも理由の一つです。

この部位は常に下着で密閉されており、おりものや生理で湿った状態になることが多く、細菌が発生しやすい状態になっています。

IラインやOラインの毛がなくなることで通気性が良くなり、ムレてしまうこともなく、炎症による痒みや臭いからも解放されます。

さらには、ムダ毛に排泄物が付着することもなくなるので、常に清潔な状態を保つことができます。女性としては衛生面でも安心できるのは大きなメリットとなるのではないでしょうか。

3.自己処理の必要がなくなる

めんどうな自己処理が必要なくなるのも、女性にとっては嬉しいのではないでしょうか。

Vラインはもともと自分で処理する方が多く、下着や水着から出ないように気をつけるために、そこから続くIラインやOラインも一緒に処理するようになります。


ただ、自己処理が危険なのは周知のことで、毛穴が開いてしまったり、肌荒れや色素沈着といったトラブルの原因にもなります。腕や脚でも大変なのに、デリケートゾーンともなれば、想像以上に深刻な事態を引き起こしてしまいます。

大切な部分だからこそプロに任せる価値があり、安全でキレイな仕上がりには非常に高い満足感を得られます。

自己処理で傷つけてしまう心配もなくなり、一度脱毛をはじめてしまえば、うっかり処理を忘れて恥ずかしい思いをすることもありません。

4.男性からも好感が得られる

ハイジニーナ脱毛のメリットには、男性からの好感を得られるという理由もありました。

顔や脚など見える部分のムダ毛が気になるのは分かりますが、意外にも陰毛を気にする男性が多いのも事実です。女性でさえもあまり気にしない部分なのに、男性が気にしているというのは意外ですよね。

しかし男性の中には、そういった見えない部分にまで気を配れる女子力の高さと、本来であれば不潔になってしまいがちな部分に清潔感があるという点に、好感を抱く方が多いようです。


ハイジニーナ脱毛のデメリット

1.周りの視線が気になる

メリットだらけのハイジニーナ脱毛ですが、一方でデメリットも存在します。

まずは、脱毛をしてしまうと、毛が半永久的に生えてこなくなってしまうため、どの程度を残すかというのは事前にしっかり確認する必要があります。

計画性もなしにすべて脱毛してしまって、最初は気にならなくても、あとで温泉などの公の場で恥ずかしいと感じる方もいます。

最近では、脱毛が主流になってきているので、そんなに抵抗のない女性が増えてきているとは思いますが、もしも勇気が出ないようなら、きちんと自分で整えて残しておく分の形を考えておいたほうがよいでしょう。

2.施術を受けるのが恥ずかしい



デリケートゾーンの脱毛を受けるとなるとどうしても施術時の体勢って気になってしまいますよね。

どのような体勢で行うかは脱毛サロンによって若干異なりますが、基本的には紙ショーツを履いた状態でベッドに仰向けになって脚を広げ、見えやすいようにして施術を行います。

恥ずかしさのあまり悲鳴をあげたくなってしまうかもしれませんが、スタッフは全員女性ですし、あくまでも仕事として施術を行ってくれます。自分の中で「綺麗になるためだ」と思って割り切るようにしましょう。

3.施術時の痛みが強い

ワキの脱毛を行った方は分かると思いますが、毛が太い部位の脱毛は、多少の痛みが伴ってしまいます。毛根を光によって照射しているので、毛穴が大きければ大きいほどその痛みは強くなってしまうのです。

そのためデリケートゾーンも例外ではなく、施術時にとても大きな痛みが生じます。

Vラインの毛が密集している部分や、Iラインの皮膚が薄い部分、Oラインは色素沈着を起こしやすい部分なので、それぞれ痛みがなく施術を終えるということは難しいでしょう。

しかし、4回ほど通ってどんどん毛が細くなったり量が減るにつれて、痛みも軽くなっていきます。

ハイジニーナ脱毛は毛の太さや多さから、痛い分効果を他の部位より実感しやすくなっているので、通いがいはあると思います。

しかしながらはじめての施術時の痛みは、自然と声をあげてしまうくらいなので、ある程度の痛みは覚悟しておいたほうがよいでしょう。

<関連記事>
全身脱毛の痛みってどのくらいなの?


繊細な部分だからこそ信頼できるサロン選びを

では、ここまで挙げてきたハイジニーナ脱毛のメリットとデメリットをまとめてみましょう。

    < ハイジニーナ脱毛のメリット >
  • デザインを気にせず洋服や水着が選べる。
  • 常にデリケートゾーンを清潔に保てる。
  • リスクの高い自己処理の必要がなくなる。
  • 男性から好感が得られる。

  • < ハイジニーナ脱毛のデメリット >
  • 周りの視線が気になってしまう
  • 施術を受けるのが恥ずかしい
  • 施術時の痛みが大きい

メリットとデメリットを比べてみると、メリットのほうが多いことが分かります。

たしかに施術時の不安は大きいと思いますが、長い目で見てしまえばいまの自己処理から解放されるというのは、とても大きな魅力なのではないでしょうか。


しかし、ハイジニーナ脱毛はデリケートゾーンなだけにかなり慎重な施術が必要になってきます。

あまり値段ばかりを気にして安いサロンを選ぶのではなく、アフターケアなどもしっかり行き届いた信頼できるサロンを選んだほうがよいでしょう。

下記では、ハイジニーナ脱毛に強いサロンを紹介しています。ぜひサロン選びの参考にしてみてください。


 ハイジニーナ脱毛の脱毛サロン、おすすめは?



ハイジニーナ脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛専門サロンのキレイモでは、Vゾーン全体とI・Oラインの処理が含まれているため、体や顔の脱毛と同時にお手入れできちゃう点が魅力です。脱毛ついでに美肌やスリムアップも期待できる大人気サロンです。

価格:月額制9,500円(VIO含む33か所)
ミュゼ・プラチナム
ミュゼ・プラチナム
「安い、高品質、勧誘なし」の三拍子揃った良心的脱毛エステサロンです。痛みが少なく美容効果のあるS.S.C脱毛を採用しているため、デリケートな部分で不安も多いVIOラインも安心して脱毛できちゃいます。

初回価格:300円(VIO含む4か所)
通常価格:18,000円~(ハイジニーナ7/3回)

ジェイエステ
ジェイエステ
高い脱毛技術に加え、充実したカウンセリングや質の高い接客サービスが受けられることで人気を集めている脱毛サロンです。恥ずかしいハイジニーナ脱毛も熟練スタッフに任せれば安心ですね。

価格:5,000円(デリケート5プラン/2回)