クリニック脱毛、医師ではなく看護師が施術するの?



脱毛を始める際に、脱毛効果の確実性や安全性を考え、医療レーザーや電気針脱毛といったクリニック脱毛を検討する方は多いと思います。

クリニック脱毛は、サロンやエステで主流となっている光脱毛よりも高い脱毛効果が期待できますし、なんといっても医師がカウンセリングや施術を担当してくれるという点が安心できるポイントですよね。

しかし、実際にサロン脱毛の口コミや評判を集めてみると、医師以外の看護師などが施術を行っているケースが多く見られます。ここで「医療レーザー脱毛や絶縁針脱毛を、医師以外が行っても大丈夫なの?」といった不安を抱く方も少なくないと思います。

そこで今回は、クリニック脱毛の施術者について考えて行きたいと思います。


クリニックの脱毛について



皮膚科や美容外科などで実施されているクリニック脱毛には、主に次の2つがあります。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、その名の通り医療用レーザーを活用して体毛を脱毛する施術です。


・医療レーザーのメカニズム

医療レーザー脱毛で使用されるレーザー光線は、体毛内のメラニン色素に作用して熱を発生させることができます。医療レーザーを肌に照射すると、皮膚の下にあるむだ毛の中に熱が生じ、その毛を電動線として、毛包や毛母細胞に熱が伝わります。この熱で、体毛の製造工場とも言われる毛母細胞にダメージを与えるのが、医療レーザー脱毛の目的です。

医療レーザーで脱毛施術を重ねると、毛母細胞にダメージが蓄積されていき、脱毛が完了するとむだ毛の再生力はほぼゼロになります。結果、体毛が生えてこなくなるというわけです。

医療レーザーのこのメカニズムは、実はエステや脱毛サロンで行われている光脱毛(フラッシュ脱毛)と原理は同じものです。違いは、レーザーを照射するマシンの出力にあり、医療レーザーのマシンはフラッシュ脱毛のマシンよりも高い出力での施術が可能となっています。

<関連記事>
Vライン脱毛でありがちな悩みにお答えします!

電気針脱毛

電気針脱毛は、毛穴一つ一つに極細の針を挿入して通電させる脱毛施術です。


・電気針脱毛のメカニズム

電気針脱毛で使用される針は、毛穴に挿入できるほど細く繊細なものです。この針は電気が通電できるよう設計されており、施術の際は針を一つ一つの毛穴に挿して電気を通し、毛穴の奥にある毛包や毛母細胞を破壊します。

医療レーザーは光の作用によって熱を発生させ、その熱で毛の発生源にダメージを与えますが、電気針脱毛はよりダイレクトに毛包や毛母細胞を破壊できる施術となっています。


電気針脱毛は数ある脱毛施術の中でも特に難易度が高く、施術者に高い技術が求められます。また、皮膚に電気熱が伝わらないよう開発された絶縁針を使用する「(小林・山田式)絶縁針脱毛」という、より安全性の高い施術がありますが、こちらは日本医学脱毛学会加盟し、かつ、学会が認定した認定脱毛士が所属する医療機関でのみ受けることができます。

電気針脱毛を希望する場合は、この絶縁針脱毛を行っているかどうか確認することをオススメします。

■【医療脱毛】レーザー脱毛と電気針脱毛の特徴・まとめ

レーザー脱毛 電気針脱毛
特徴 メラニン色素に反応するレーザーが、体毛の元である毛母細胞にダメージを与え、抑毛・脱毛効果が得られる方法 電気が通る細い針を用い、毛穴の毛母細胞を一つ一つダイレクトに破壊していく方法
効果 フラッシュ脱毛よりも高い レーザー脱毛よりも高い(永久脱毛が可能)
痛み 輪ゴムでパチッと弾かれる痛みでフラッシュ脱毛よりも強い 現在ある脱毛方法の中で最も痛い
1回の施術時間(両脇) 5~10分 20~30分

医療レーザー脱毛や電気針脱毛は医療行為

医療レーザー脱毛や電気針脱毛は、エステや脱毛サロンでは実施されていません。これは、この2つの脱毛施術が医療行為にあたるからです。そのため、医師や看護師の資格を持たないエステ・サロンスタッフは施術を行うことを許されていません。


医師ではなく看護師による施術、違法じゃないの?



医療レーザーや電気針脱毛は医療行為とご説明しましたが、ここで「医療行為であるのならば、看護師が施術をするのも問題では?」と疑問に思われるかもしれません。

確かに、厚生労働省は2013年11月、全国の都道府県に対して「医師免許を有しない者による脱毛行為は医師法第17条に違反する」という旨の通達を行っています。(参考【厚生省健康政策局医事課長より警察庁生活安全局生活環境課長宛への通達】


しかしながら、実際には医療脱毛に関しては医師の監督下にある看護師が施術を行うことを禁止・制限する法律はなく、看護師が医療レーザーなどの施術を行っても医師法違反となることはないとされています。

実際、先にご紹介した絶縁針脱毛の認定脱毛士には看護師の方が多く、現場でも看護師の方が施術を担当するケースは少なくありません。

但し、脱毛施術に携わることができる看護師は国家資格をクリアした所謂「正看護師」のみとされています。そのため、知事試験に合格して資格を得た「准看護師」が脱毛施術を行った場合は違法となるため注意が必要です。

<関連記事>
全身脱毛を契約する際の注意点!


クリニックだから安全とは限らない?



医療レーザー脱毛や電気針脱毛のようなクリニック脱毛は、医師または看護師のみが行える施術です。ここで注目したいのが「医師や看護師の資格があれば、誰でも脱毛施術をすることが可能」ということです。

つまり、医師または看護師の資格さえあれば、医療レーザーや電気針の専門知識や実績・経験、技術がなくても施術することができてしまうのです。これは、よく考えると大きな不安要素ですよね。


現在、クリニック脱毛に専門の資格はありません。そのため、脱毛を受ける医療機関を選ぶ場合は、その医療機関にどの程度の脱毛実績があるのか、施術を担当するのは医師か看護師か、施術者は熟練した技術を持っているかどうか、自分自身で情報を集め判断する必要があります。

クリニック脱毛というと「医師が施術を担当するから安全」と考えがちですが、そうとは限りません。実際、准看護師が施術を行っていたクリニックが摘発されたり、医師がずさんな脱毛を行って健康被害がでてしまい、裁判で争われたりするケースも多く見られます。

<関連記事>
脱毛サロンとクリニック、VIO脱毛するならどっちがいい?

「クリニック脱毛=安全」という思い込みは危険です。医療脱毛や電気針脱毛を検討する場合は、医療機関の情報をしっかりと集め、実際にカウンセリングなどを受けるなどでして、その安全性や信頼性を自分で確かめることが重要です。

    < まとめ >

  • 医療レーザーや電気針脱毛といったクリニック脱毛は、医療行為である
  • クリニック脱毛は医師、または医師の監督下にある正看護師のみが施術を行える
  • 医療機関が違法行為を行い摘発されるケースも少なくない
  • クリニック脱毛=安全という思い込みは危険


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)