色素沈着がひどいと脱毛できない?!



日焼けしていると脱毛施術を断られることがある、これは女性にとって今や常識ともいえる事柄ですが、色素沈着を理由に施術不可と判断されるケースがあることを皆さんはご存じですか?

日焼けの場合は、肌の色が落ち着いた後に施術可能となることがほとんどですが、色素沈着は改善が困難なため断られた時のショックは大きなものとなりがちです。

そこで今回は、なぜ色素沈着が脱毛に影響してしまうのか、色素沈着している部位の脱毛は不可能なのかどうかについて考えていきたいと思います。


色素沈着があると脱毛できない?

実は「色素沈着があると脱毛できない」というのは事実ではありません。正しくは「色素沈着がひどい場合は脱毛施術が不可能なケースがある」ということになります。これは、色素沈着のひどい部分に施術を施すと、肌トラブルを招いたり、適切な脱毛効果が得られなかったりすることによります。

光脱毛・レーザー脱毛の仕組み



現在、脱毛の分野では光脱毛とレーザー脱毛が主流となっていますが、このどちらも特殊な光線をメラニンに反応させて抑毛・脱毛を行います。

簡単に仕組みをご紹介すると、光脱毛・レーザー脱毛は共にメラニン色素に作用する光をムダ毛に照射して熱エネルギーを発生させ、体毛の製造工場といえる毛根内の毛母細胞にダメージを与えます。


この方法のメリットは、通常メラニン色素がごく少ない肌に対してダメージを与えにくいという点にあるのですが、肌が色素沈着を起こしている場合、皮膚の中のメラニンに光の波長が作用してしまいます。結果、脱毛効果が思うように出なかったり、色素沈着をしている肌に熱エネルギーが生じて火傷してしまったりというトラブルが生じる危険性が出てきてしまうのです。

色素沈着が薄い場合は、マシンの出力を弱めるなどして対処することが可能ですが、色素沈着が濃く深い場合には、出力調節のみでは対応できないケースがでてきてしまうという訳です。


とはいえ、軽度の色素沈着であれば施術可能な場合もありますし、施術できないと判断された場合も、色素沈着を改善できればOKというケースがほとんどです。

色素沈着の度合いや程度は人によって異なりますので「色素沈着がある=脱毛不可」と諦める前に、まずは脱毛サロンでカウンセリングを受け、施術可能かどうかの判断をしてもらうことをおすすめします。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、自己処理のリスクとは?


注意したい色素沈着は?



女性の肌に現れる色素沈着には次のようなものがあります。

1.炎症後色素沈着
皮膚の炎症や損傷が原因となって起こる色素沈着。VIOラインやワキなどによく見られる

2.摩擦黒皮症
下着や洋服、アンダーヘアなどの摩擦によって起こる色素沈着

3.老人性色素斑
紫外線の影響や肌老化が原因で引き起こされる色素沈着。一般的にシミと呼ばれるもの

4.脂漏性角化症
年齢を重ねることでできる小さな良性腫瘍で、淡い褐色から濃い黒褐色の色素沈着が見られる


この中で特に注意したいのは、4の脂漏性角化症です。

その他の色素沈着は、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが配合された美白化粧品でケアをすれば薄くなる可能性が高いのですが、脂漏性角化症の場合は良性腫瘍であることもあり、キレイに取り除くには医学的治療(炭酸ガスレーザーや切除・縫合)が必要となります。


但し、脂漏性角化症は広範囲にわたってできるものではないため、テープを貼るなどして光が当たらないよう保護をすれば、施術することが可能な場合があります。

色素沈着の種類を問わず、施術の是非については施術者の判断による部分が大きいので、悩む前にまずサロンやクリニックに相談するのが一番だと言えるでしょう。

<関連記事>
全身脱毛するなら脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?


脱毛NGな色素沈着の程度はどのくらい?

光脱毛の場合、確実に施術を断られる色素沈着の度合いは「体毛と同等程度に肌が黒ずんでいる場合」だとされています。一般的に、体毛と同じ色のレベルの色素沈着はそう見られないと考えられますので、それほど神経質にならなくて良いかもしれませんね。

一方、レーザー脱毛の場合は光脱毛よりも機器の出力が高いこともあり、色素測定の規定は光脱毛よりもシビアとなっています。そのため、脱毛サロンではOKとされる色素沈着も、クリニックではNGとなることも少なくないので注意が必要です。

<関連記事>
ビキニライン(Vライン)脱毛の脱毛サロン選びは慎重にね!

いずれにしても、色素沈着のある部分に対する施術が可能かそうでないかは、施術者による判断となります。また、一度施術NGと言われたとしても、肌の状態が変化・改善した後であればOKがでる場合がほとんどです。

色素沈着で脱毛を諦めているという方は、まず脱毛サロンの無料カウンセリングを利用するなどして、ご自分の肌状態を確認されてみてはいかがでしょうか?

    < まとめ >

  • 色素沈着で施術を断られる理由は、火傷などの危険性があるため
  • 色素沈着があっても、状態によっては施術を受けることが可能
  • 色素沈着にはいくつか種類があるが、多くは美白化粧水などでケアできるため施術ができる場合が多い
  • 施術ができるかどうかはスタッフや医師による判断となるため、まずはカウンセリングを受けることが大切


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円