医療レーザー脱毛、痛みに弱い人は途中でギブアップしちゃうって本当?



最近は脱毛サロンには一歩及ばないものの、比較的手ごろな料金でレーザー脱毛を行っているクリニックなども増えてきましたね。とは言え、まだまだサロン派が多い理由は、レーザー脱毛ならではのある欠点が問題だと言えます。

それが「痛み」です。脱毛の施術に対する不安の中でも、痛みはかなり気になる部分ですよね。


脱毛のように完了まで長い期間が必要な施術の場合、痛みが強い施術だと、途中で耐え切れずに中断せざるを得ない可能性も出てきます。せっかくキレイになろうと頑張る決心をして脱毛に臨んだというのに、途中で辞めざるを得なくなっては無念ですよね。

そこで今回は、医療用レーザーの痛み、その実態について考えてみたいと思います。


レーザー脱毛の痛みってどのくらい?



医療用レーザー脱毛の痛みは、よく「輪ゴムでパチンと弾かれた程度の痛み」だと例えられますが、正直曖昧で分かりづらいですよね。輪ゴムで弾いた程度といっても、輪ゴムの種類や太さ、弾き具合によって痛さはまったく変わってきます。

しかし、実際のところレーザー脱毛の痛みの感じ方は個人差が非常に大きく、コレ!といった例えがしづらいのも事実なのです。

痛みの度合いは、使用されるレ医療用レーザー照射機器の種類や出力、施術者の技術力、施術を受ける人の肌質や体質、痛みに対する耐性などによって異なります。

光(フラッシュ)脱毛より痛みが強いのは確かである

ただ確かなのは、医療用レーザー脱毛のレーザー照射は、光脱毛のフラッシュ照射よりも高い出力で行われるため、肌に対する負担や刺激は強くなるということです。その分、脱毛効果が高い反面、痛みが出やすいということです。

一概に「レーザー脱毛の痛みはこの程度です」といった目安はありませんが、少なくともレーザー脱毛はその仕様上、光脱毛より痛みを感じやすいものであるのは確かだと言えるでしょう。

脱毛が進めば痛みは和らいでくる

ちなみに、レーザー脱毛の痛みは、主にレーザーの光が体毛のメラニンと作用して熱エネルギーが生じる際に起こるものです。そのため、脱毛が進んでムダ毛の量が減るにつれて痛みを感じることが少なくなると考えられます。

実際、初めは歯を食いしばるほどの痛みを感じていた人でも、脱毛完了の少し前にはほぼ無痛で施術を終えることができた、なんて話もよく聞かれます。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛の痛みはどのくらいなの?


【一番痛いのはどこ?】レーザー脱毛で痛みを感じやすい部位はこちら



脱毛の場合、痛みが強く出やすい部位というものが存在します。例えば、太くてしっかりとしたムダ毛が密集している部位や、粘膜に近く皮膚が薄い部位、色素沈着が起きている部位などは、他の部分と比較して痛みが強い傾向にあります。

では、レーザー脱毛で痛みを感じやすい部位を具体的にご説明していきましょう。

1.デリケートゾーン

VIOラインのレーザー脱毛を経験したことのある方であれば、その痛みの強さを納得していただけるのではないでしょうか?

デリケートゾーンは、

  • 色素沈着が起きているケースが多い
  • 硬毛(太く濃い体毛)が密集している
  • 皮膚が薄く敏感
  • 粘膜に近い

などなど、レーザー脱毛で強い痛みが出やすい特徴をいくつも兼ね備えた部分です。これだけ条件が揃っていれば、痛みが出ない方が不思議ですよね。

VIOラインのレーザー脱毛中に痛みに耐えきれず、途中でサロンの光脱毛へ乗り換えるという方も少なくないようです。

2.ワキ

ワキもデリケートゾーンと同様に硬毛が密集していますし、皮膚が薄く敏感な部分のため、痛みが出やすい部分です。ただ、ムダ毛が生えている範囲が狭いことが幸いし、多くの方が「短い施術の時間の間だけなら……」と、なんとか痛みに耐えることができるようです。

3.ひざ、指、足の甲

意外に思われるかもしれませんが、ひざや手の指、足の甲などはレーザー脱毛による痛みを感じやすい部位です。これらの部分には、筋肉や脂肪などがついていないため、痛みを感じやすい傾向にあるようです。

同じような理由で、眉や鼻下、うなじなども痛みが強くでることがあります。

4.ひざ下、ひじ下

ひざ下やひじ下は特にムダ毛が気になる部位ですが、自己処理を重ねたことによる肌ダメージが蓄積していることが多く、レーザー脱毛による痛みが強く出てしまう可能性があります。

他の部位と異なり、太く濃い体毛が生えている、皮膚が薄くて敏感という理由から痛みが強くでている訳ではないため、保湿ケアなどを十分に行って肌の状態を改善させることで、痛みを緩和できる場合があります。

<関連記事>
Vライン脱毛でありがちな悩みにお答えします!


【こんな人は要注意!】痛みを感じやすいのはどういう人?


脱毛の痛みは、肌の状態や毛量によって大きく左右されます。

乾燥肌の人

乾燥肌の方の場合は、肌のバリア機能が落ちている所にさらに熱エネルギーを加えて脱毛することになるため、ダメージが痛みとして現れてきますし、元々毛質が濃く太い方は、体毛内に発生する熱が想定以上の高熱となりやすいため、痛みだけでなく火傷を負ってしまう可能性もあります。

肌トラブルがある人

また、自己処理を繰り返すことで起きやすい色素沈着がある方、カミソリや毛抜きで処理をし続けて肌ダメージが蓄積している方なども、痛みが強く出やすい傾向にあります。

体調が優れない時

そもそも体調不良の時は脱毛が受けられませんが、ちょっとくらい大丈夫かな?と施術を受けてしまう方もいるかと思います。体調が優れない時は肌に異常を来しやすく、レーザーの痛みを感じやすい敏感な状態となっています。

また、生理前もホルモンの関係で肌がデリケートになっていますので、痛みを感じやすくなります。痛みが心配な方は、生理前後を避け、万全な体調で受けるようにしましょう。


痛みの感じ方は個人差があるため、実際にレーザー脱毛の施術を受けるまでは、どの程度の痛みが生じるのか分からないというのが実情です。もし、施術を受けてみて、我慢できないほどの痛みを感じた時は、耐える前に痛みを訴えるようにして下さい。


それでも痛みが心配・・・というあなたに!!


レーザー脱毛の痛みは麻酔で対処する場合も!

皮膚科やクリニックでは痛みを緩和するための対策を講じていますし、どうしても我慢できない痛みが生じる場合には、麻酔などで対処してくれることもあります。

また、医療用レーザーの痛みに限界を感じた場合には、出力が低く肌ダメージが少ない光脱毛へ切り替えるのも良いでしょう。

脱毛サロンへの乗りかえもアリ!

脱毛サロンで主流となっているフラッシュ脱毛は、レーザー脱毛よりも出力が弱く脱毛効果が低い反面、痛みはほとんどありません。

脱毛効果が低いことを気にされる方もいらっしゃるかもしれませんが、医療用レーザーよりも一回あたりの費用が安いため、同じ金額で施術を多く重ねられるという一面もあります。


痛みに耐性がない、医療用レーザー脱毛の痛みが不安という方は、脱毛サロンの光脱毛も選択肢に入れておくことをおすすめします。

<関連記事>
全身脱毛するなら脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?

    < まとめ >

  • 医療用レーザー脱毛は光脱毛よりも出力が高い分、痛みが強く出やすい
  • レーザー脱毛の痛みの出方には個人差がある
  • 太く濃いムダ毛が密集している、皮膚が薄く敏感といった特徴のある部位は強い痛みが出やすい
  • レーザー脱毛の痛みに不安がある方は、脱毛サロンの利用を一考するのがおすすめ


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円