脱毛器で失敗、高い割に効果が薄い?



自己処理に比べて安全度が高く、サロンやクリニックに通うよりは安く手軽なことから、家庭用脱毛器を購入する人が増えています。以前より格段に性能もアップしていますし、好きな時間にできるのがメリットです。

しかし、意外にも家庭用脱毛器の失敗例も多く、高い割に思うような効果が得られないという体験も多く耳にします。

ここでは、脱毛器で失敗する理由や、実際の効果についてお話ししたいと思います。


家庭用脱毛器も種類は様々

家庭用脱毛器と一口にいっても種類は様々あります。ここでは、主要な3つの脱毛器について簡単に説明いたします。

抜くタイプの脱毛器

ピンセットで毛を抜くのと同じ原始的な方法であり、機械が毛を絡めとって一気に抜いてくれるタイプの脱毛器です。以前は脱毛器と言ったらこの抜くタイプがスタンダードでした。効率良くスピーディに処理できるため、自分で1本1本抜くよりも利便性は高いと言えます。

家庭用フラッシュ脱毛器

脱毛サロンで主流のフラッシュ脱毛が可能な脱毛器です。フラッシュ脱毛とは、黒い色素に反応する光線を利用し、毛の根から処理していくものです。照射範囲が広く、痛みが少ない点が魅力です。

家庭用レーザー脱毛器

医療機関で行われるレーザー脱毛が可能な脱毛器です。レーザー脱毛も、フラッシュ脱毛と同様に、黒い色素に反応させて脱毛処理します。照射面積が狭く、パワーが集中する性質を持つため、フラッシュ脱毛よりも痛みは大きくなりますが、そのぶん脱毛効果が高いのが特徴です。


このうち、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は、毛根にダメージを与えることができるため、永久性の高い脱毛ができるとされています。ただし、これらはあくまでも家庭用に作られているため、脱毛サロンや医療機関で体験するような高い脱毛効果は得られません。

この点を踏まえ、脱毛器で失敗する理由と原因について掘り下げて見ていきましょう。


脱毛器で失敗する理由と原因は?


口コミを信用しすぎる

まず問題なのが口コミサイトで、意図的な印象操作のコメントには特に注意が必要です。信頼のおける口コミも多く存在する中、販売メーカーが有利になるコメントばかりを掲載しているところも少なくありません。

また、モニター・プレゼントと称して商品を希望者に送り、口コミの投稿を促す業者もあります。商品を多くの人に広めてもらう方法として有効だと言えますが、無料で商品がもらえたという嬉しい心理状態が働くため、実際の評価よりも高くつけてしまう傾向が多く見られます。

脱毛器を買う際は、モニター・プレゼントによる使用者の口コミではなく、ちゃんと購入している人の口コミをチェックするようにしたいものです。

想像以上に痛みが大きかった

これには個人差もありますが、痛みは少ないと書いてあるのに、実際に使用したら激痛に我慢できなかったという感想も少なくありません。脱毛器は種類によって痛み度合は変わってきますが、特に痛みを感じやすいのは「抜く」タイプだと言えます。

また、家庭用レーザー脱毛器も、脇や男性のヒゲなど毛が濃い部分に関しては強い痛みが出やすいとされており、あまりの痛みに泣く泣く使用を諦めたと嘆く声もあります。

想像以上に効果が薄い

抜くタイプや熱処理するタイプのものは、あくまでも今ある毛に対する処置であり、効果はピンセットやカミソリを使った時と同じになります。そのため、一定期間過ぎると再び元気なムダ毛が生えてくるでしょう。

そして、家庭用のフラッシュ脱毛器・レーザー脱毛器は、業務用に比べて出力が弱く設定されているため、効果が現れにくく、処理に想定外の時間がかかります。

家庭で使用できるよう安全性を考慮されてのことですが、費やするお金や時間を考えると、最初から医療機関や専門サロンへ行って脱毛した方が良かった…と後悔する方は少なくありません。

背中は自分ではできない

脱毛器は、簡単操作という触れ込みなのに、実際にやってみると意外に大変なものです。全て自分が操作することになるため、腕や脚は問題ないとしても、背中や見えない部位の処理は不可能に近いといえます。

誰か処理を手伝ってくれる人がいれば良いですが、一人で無理にやろうとしたら危険が伴いますし、綺麗に仕上がるどころか傷を負いかねません。背中は範囲も広く、他人に見られやすい部位ですので、できればこうしたリスクは避けたいものです。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、自己処理のリスクとは?

トラブルの可能性も

説明書には詳しい使用方法がありますが、所詮は素人が操作するのですから、何らかの間違いでトラブルの恐れもあります。家庭用のフラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器は、熱源を肌に照射しますが、この前後には肌を十分に冷却する必要があります。この作業を怠ってしまい、やけどを引き起こしたケースもあります。

もちろん、この場合は自己責任となりますが、注意が甘くなる家庭用ならではのトラブルだと言えます。

デリケートゾーンは脱毛不可

V・I・Oといったデリケートゾーンの脱毛は、恥ずかしいから自宅で行いたいと考えている女性も多いと思いますが、家庭用脱毛器の場合、使用がNGだったり使用を推奨していないものがほとんどです。

デリケートゾーンは、毛質がしっかりとしていますし密度が高いため、抜くタイプであれば激痛が走ったり、後々「毛嚢炎」といったトラブルを招く危険性があります。特にI・Oラインは粘膜に近い部位ですので、手軽なカミソリやシェーバーも控えたほうが良いでしょう。

<関連記事>
Vライン脱毛、満足度が高い理由とは?


脱毛器でムダ毛処理してみたものの、結局のところ・・・



最近は手が届きやすい価格になったとはいえ、結構な値段であることには変わりません。意を決して購入する人も多いだけに、期待とかけ離れた効果の薄さに愕然となりますし、逆に損をした気持ちになってしまいます。

脱毛器にかかるコストで勘違いも多く、本体価格だけで飛びつくと後悔してしまいます。カートリッジなど消耗品も必要ですから、機種によっては本体より消耗品が高くついて、安く購入したつもりが、最終的に割高となってしまうケースもあります。

こうした理由から、結局はサロンに通う人が続出している状態なのです。

今や脱毛サロンは気軽に通えるところ!

かつてのサロンは高額な費用がかかり、かなり痛いというイメージも強かったのですが、その不安も今では完全に解消されています。

以前は激痛のニードル脱毛が主流でしたが、最近では痛みや肌への負担も最小限で済む、フラッシュ脱毛がメインになっています。ターゲットに光を直接照射することで、毛母細胞や毛乳頭が死滅してムダ毛が抜けます。

<関連記事>
全身脱毛するなら脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?

家庭用脱毛器にもフラッシュ式はありますが、サロンが使用する機種の出力は強力なので効果の差も歴然といえます。セルフでは難しかった背中やV・I・Oラインも、サロンなら完璧に処理できますし、的確な施術で効果が目に見えて実感できます。

敷居が高かった原因の高額な料金も、信じられないほどリーズナブルになりました。さらに多くのサロンでは、お得な脇脱毛などの「お試しプラン」を用意しているので、実際に体験して雰囲気や効果をチェックできます。

    < まとめ >

  • 脱毛器の中ではフラッシュ脱毛が人気
  • 家庭用脱毛器の最大のデメリットは、効果が薄く、使用NGな箇所や背中など自分ではできない箇所がある点
  • 安全性や確実さ、スピーディさを求めるなら断然「脱毛サロン」
  • サロンのフラッシュ脱毛は痛みが少なく綺麗に仕上がる




全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)