2016年、今夏流行る水着は?



女性にとって夏の水着選びはウキウキと胸躍る一大イベントの一つですよね。自分にピッタリの素敵な水着を手に入れることができれば、夏の思い出を色鮮やかに彩ることができる!といっても過言ではないかもしれません。

今回は、そんな夏のファッションにおける最重要アイテムの一つである水着の2016年最新トレンドをご紹介したいと思います。


【2016年最新版】今夏流行る水着はどんなの?



毎年、新しいデザインやカラーで女性の心を沸き立たせてくれる水着トレンドですが、今年はどういったものになるのでしょうか?

この数年、露出度が比較的抑えめなデザインが主流となっていますが、2016年もこの流れは継続し、さらに落ち着いたデザインの水着やアイテムが増えることが予想されると言われています。


去年2015年を振りかえると、コルセット風のビスチェやチュニック、クロシェハイネックなどを組み合わせたスタイルが数多く登場する一方で、サロペットやバンドゥビキニのような溌剌とした印象の水着も人気を集めました。

今年2016年はこの流れを受け継ぎ踏襲しながら、トレンドキーワードとして「洋服感覚」や「スポーティ」「70年代レトロ」などが追加されているそうです。素材的にも新素材を採用した水着が多くなる予定だそうで、軽くて柔らかい水着用のナイロンや、デニム風のマテリアルなどが広く用いられ、デザインの幅を広げてくれそうです。

<関連記事>
Vライン脱毛でありがちな悩みにお答えします!


今年流行る水着って具体的にどんなもの?


1.バンドゥビキニ

水着のブラがチューブトップタイプになっているバンドゥビキニは、今年も人気を集めそうです。

バンドゥビキニは2013年頃から注目を集めていましたが、ワイヤの素材やデザインが改良されて着用しやすくなり人気が爆発したという経緯があります。ただ、去年までは「健全なセクシーさが演出できるけど、やっぱりホールド力が不安」という声も多く、なかなか挑戦できないという女性も少なくなかったようです。

しかし、今年は胸元でクロスするタイプのデザインが展開される予定で、ホールド力もUPすることから、さらに多くの女性に受け入れられそうです。また、シンプルなバンドゥだけでなく、フリンジバンドゥやフレアバンドゥ、リボンバンドゥなども注目ですね。

2.アメリカンスリーブ

アメリカンスリーブも2015年に引き続き注目を集めそうです。今年のトレンドワードに「洋服感覚」が入っていますが、アメリカンスリーブ(通称アメスリ)はそのワードにピッタリですよね。

今年はこのアメスリにハイネックデザインも登場するとのこと、見逃せないですよね。ちなみに、バンドゥもアメスリも元々70年代に流行ったスタイルの一つだそうです。70年代レトロというワードにも当てはまっているという訳ですね。

3.レトロモチーフのビスチェ

2015年はビスチェスタイルの水着も人気を集めましたが、2016年には美しいデコルテラインを演出してくれるオフショルダータイプが展開されると言われています。

洋服っぽい着こなしが可能なペプラムビスチェなどは、デザイン的に体型をふわっとほどよくカバーしてくれる点も魅力ですし、前身頃と後身頃の長さが異なるペプラムビスチェなどはウエストを細く見せる効果なども期待できるのが嬉しいところです。

ビスチェスタイルのトップスはハイウエストタイプのパンツとの相性も良いため、去年に続き注目のアイテムとなりそうです。今年は水着にレトロモダンな要素が多く取り入れられる傾向にありますが、その影響を最も受けそうなのがビスチェスタイルだと言えるでしょう。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、どのくらいの回数通えばいい?


水着の歴史を振り返ってみよう!



今年の水着の最新トレンドを見ると「70年代リバイダル」が色濃いことが伺えます。ここで気になるのが「洋服のように水着も流行を繰り返すの?」ということです。そこで、ここでは水着の歴史を振り返ってみましょう。

年代別に流行った水着を大公開!!

見本人が水着を着用するようになったのは、明治の中期頃からとされています。この頃の水着はシュミーズ型で、まるで部屋着のようなデザインだったそうです。

時代が進み大正昭和時代になると、現在のワンピース型水着が主流となり、現代人が目にしても「水着」だと認識できるデザインのものが多くなってきます。

では、時代がグッと下って70年以降を駆け足でみていきましょう。

・70年代
70年代の水着は、ワンピース型の水着が多く、シンプルなデザインのビキニがちらほらといった感じだったようです。「あれ?70年代なのに、バンドゥビキニやビスチェは流行っていなかったの?」という声が聞こえてきそうですが、これらのデザインは洋服で流行しており、水着として採用されていなかったんですね。

・80年代
80年代はアイドル全盛期ということもあり、アイドルがグラビアなどで披露する健康的な雰囲気を醸し出す、シンプルなビキニスタイルが目立ち始めました。とはいえ、種類的にはビキニよりもワンピース型が大流行していた時代と言えます。

・90年代
90年代バブル期に入ると、服装だけでなく水着も大胆なデザインのものが増え、脚を長く魅せる効果が高いハイレグという種類の水着が大変流行しました。

・2000年以降
2000年以降ともなるとハイレグはすっかりなりを潜め、ビキニブームが到来します。素材やデザインの進化によって、色やデザインが一気に豊富になり、セクシーさよりもキュートさを重視したデザインが人気を集めました。


こうして年代別に流行した水着の特徴をみてみると、水着の歴史はまだまだ「繰り返す」という所までは来ていないことが分かりますね。

とはいえ、この数年は懐かしさを感じさせるレトロなデザインの水着が人気を集めているのも事実です。この先、水着の歴史が続くにしたがって、リバイバルが起こることは十分考えられますね。

<関連記事>
全身脱毛のメリットとデメリットについて

2016年の水着のトレンドを参考に、皆さんも自分にピッタリの水着をぜひGETして下さいね。そして、肝に銘じたいのが「どんな水着を身に付けることになっても、上手に着こなすにはムダ毛処理をしっかり行うことが大切!」だということ。

いざ水着を身に付けることになった時に慌てずに済むように、今から脱毛など開始するなど、思いっきり夏を楽しめるよう準備を始めておきましょう。

    < まとめ >

  • 今年の水着のトレンドは2015年を踏襲したものとなると見られる
  • 2016年に流行する水着のキーワードは「洋服感覚」「スポーティ」「70年代レトロ」など
  • 2016年も2015年に引き続き、バンドゥビキニやビスチェ、アメリカンスリーブなどが人気を集めるとみられている
  • どのような水着であっても、キレイに着こなすためにはムダ毛処理が必須


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円