ムダ毛が濃い・・・せめて薄くする方法が知りたい!



誰にも相談できない悩みを抱えていると言う女性も多いと思います。例えばムダ毛に関する悩みです。「私、女なのに濃いムダ毛が生えているの…」なんて、仲の良い友達にも打ち明けるすら難しい、とってもデリケートな問題ですよね。

毎日自己処理やスキンケアに力を入れても、ムダ毛は次々生えてきます。一生懸命処理を頑張っているのに、際限なく生えてくるムダ毛を目にすると、やる気が削がれて空しくなってしまいます。


「ムダ毛がないツルスベ美肌なんて贅沢は言わないから、せめて自己処理が楽になる程度にムダ毛が薄くなって欲しい」なんて、ささやかな願いを心に秘めている方も少なくないはずです。

そこでこのページでは、濃いムダ毛でお悩みの方のために、今生えているムダ毛を薄くする方法について考えていきたいと思います。


ムダ毛の基本 ホルモンと毛の濃さの関係



ムダ毛を薄くするためには、なぜ体毛が濃くなるのかを知っておく必要があります。特に、体毛とホルモンバランスの関係は覚えておいて損はありません。

体毛とホルモンの関係

ムダ毛の濃さや太さには個人差がありますが、体毛の種類はどんな方でも共通しており「性毛」「無性毛」の2つに分けられます。

性毛 無性毛
特徴 第二次性徴期に生えてくる太く濃い体毛 第二次性徴以前から生えている細く薄い体毛
影響 男性ホルモンの影響を強く受ける ホルモンの影響を受けにくい
生える部位 わき毛、陰毛など 手足の細い毛、まゆげ、まつげ、頭髪など

これを見ていただくと分かる通り、ムダ毛として厄介なわき毛や陰毛などといった濃く太い体毛は男性ホルモンの影響を強く受けており、すね毛や腕毛といった細めのムダ毛は、男性ホルモンだけでなく、女性ホルモンの影響も受けにくいという特徴があります。

また、ここで覚えておきたいのが、男性ホルモンと女性ホルモンが体毛に与える影響です。男性ホルモンは毛母細胞に働きかけて、体毛の発生と成長を促進させる作用がありますが、女性ホルモンには体毛の発生・育成を抑制する作用があります。


これらことを踏まえて考えると、次のことが分かります。

・わき毛やアンダーヘアのような性毛は、男性ホルモンの分泌量が過剰だと濃くなる

・手足のムダ毛のような細く薄い体毛も、女性ホルモンより男性ホルモン優位の状態にあると濃くなる可能性がある

つまり、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが過剰に分泌している状態だと、ムダ毛が濃くなる危険性が高い!という訳ですね。

実際、ストレスが溜まることでムダ毛が濃くなる女性は少なくなく、この理由もストレスによって自律神経の働きが悪くなり、ホルモンバランスが崩れることによると考えられています。

<関連記事>
全身脱毛をするとホルモンバランスが乱れるって本当?

ムダ毛を薄くするには女性ホルモンを安定させると良い?



男性ホルモンが優位の状態だと体毛が濃くなるということは、裏を返せば、女性ホルモン優位になれば体毛が薄くなるということでもあります。


特にヒゲや胸毛が生えない女性の場合、女性ホルモンの分泌が安定すれば、体毛の大半が細く薄い無性毛となります。さらに、女性ホルモンの割合が高くなれば、男性ホルモンの働きが抑制されて、わき毛やアンダーヘアなどの性毛が薄くなる可能性も考えられます。

ムダ毛を薄くしたい場合は、自己処理方法をあれこれ考える前に、まず女性ホルモンの安定化を目指すのが良いでしょう。


【今から簡単に始められる!】濃いムダ毛を薄くする4つの方法!



女性ホルモンの分泌をを安定化することでムダ毛を薄くできる可能性があることが分かったところで、ムダ毛を薄くする具体的な方法を見ていきましょう。

(1)ゴールデンタイムに睡眠をとる

夜22時~深夜2時までの4時間がゴールデンタイムとされるのは有名ですよね。この時間の睡眠は美肌作りに役立つと言われますが、女性ホルモンの分泌にも良い効果を与えてくれます。

なぜならば、ゴールデンタイムに睡眠を取ると女性ホルモンの働きが活発になるからです。逆に、この時間に起きていると男性ホルモンの分泌量が増えてしまいます。生活習慣を見直して、ゴールデンタイムに十分睡眠がとれるようしっかり調整を行いましょう。

<関連記事>
Vライン脱毛でV全体の毛を薄くすることはできる?

(2)大豆製品を意識して摂取する



大豆成分に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲン様作用があることが分かっており、加えて抗菌作用や酸化防止作用などもあるとされています。

エストロゲン様作用とは簡単に言うと「体内で女性ホルモンと同じような働きをしますよ」ということですので、大豆製品を積極的に食べることで、ムダ毛を薄くする効果が期待できると考えられます。


ただ、残念なのが大豆イソフラボンは万人に効く訳ではなく、特定の腸内細菌(乳酸菌ラクトコッカス20-92)を持つ方にのみ有効だということが、最近の研究で分かっています。なお、この細菌を持つ日本人の割合は2人に1人とされています。

とはいえ、大豆製品はタンパク質を初めとした栄養素が豊富な食材ですので、毎日の食生活に摂り入れるメリットが大きいのも事実。是非、意識して食べ続けて下さいね。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、生理中の不快な悩みを改善したい!

(3)男性ホルモンの分泌を抑制する

ストレスは男性ホルモンの分泌に深い関わりがあります。ストレスを感じると、アンドロゲンという男性ホルモンの分泌量が増え体毛が濃くなることが分かっています。ストレスは溜め込まず、毎日適度に発散することを心がけましょう。

また、男性ホルモンの分泌を促す食品を控えるのも大切です。

  • 塩分の多い食事
  • 亜鉛を多く含む食材(牡蠣など)
  • 動物性タンパク質が豊富な牛肉や豚肉の赤身
  • 長ネギ、ニンニク、ニラなどの野菜

これらの食品・食材の摂りすぎは男性ホルモンの過剰分泌を引き起こす危険性があるので気をつけましょう。

(4)脱毛サロンのフラッシュ脱毛を受ける



安全そして確実に体毛を薄くできる方法とくれば、脱毛に勝るものはありません。

脱毛サロンは、1回の施術でムダ毛が全てなくなるわけではありません。回を追うごとに段々とムダ毛が減少していくもので、全てのムダ毛を処理するには、個人差はありますが平均的に見ても12回ほど必要になります。


気になるのは脱毛にかかる費用ですよね。脇やVラインであれば、回数無制限コースが数千円で受けられると言うサロンもありますが、全身のムダ毛となると、どこのサロンも最低でも数十万はかかってしまいます。

ただし、毛を薄くする目的であれば、その半分程度の回数でも効果を実感することができますので、全てのムダ毛を処理することに比べて費用の面で負担は少なくなるでしょう。


毛深かったり、濃いムダ毛だと脱毛効果が現れにくいんじゃないの?と不安な方もいるかと思いますが、フラッシュ脱毛は黒い色素に反応する光を当てることによって毛根にダメージを与えるという仕組みですので、濃いムダ毛ほどその効果を実感しやすいと言えます。

また、フラッシュ脱毛は肌に強い刺激やダメージを与えることなくムダ毛を処理できるため、男性ホルモンの分泌を促すストレスを感じにくいというメリットもあります。敏感肌であったり、痛みが心配だという方は、脱毛サロンのフラッシュ脱毛がおすすめですよ。


女性ホルモンの正常化を目指した食生活や睡眠習慣を実践しながら、並行して脱毛することができれば、確実にムダ毛を薄くすることができるでしょう。

    < まとめ >

  • ムダ毛が濃くなる原因の一つに男性ホルモンの過剰分泌がある
  • 女性ホルモンには体毛の発生・育成を抑制する働きがある
  • ムダ毛を薄くしたいならば、女性ホルモンの働きを活性化すればよい
  • 女性ホルモンを正常化させるのと並行して、フラッシュ脱毛を行うとさらに効果的

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円