背中の産毛を綺麗に処理するなら脱毛サロンがおすすめ!



女性であれば、普段あまり目につかない背中のムダ毛にまで気を配るべき!とは良く聞かれる台詞です。

とはいえ、背中は自分の目で直接見ることができない部位ですし、手が届きづらい部分のため、自己処理するのも困難です。そんな難しい場所である背中を、丁寧かつ小まめに処理することができる方というのはそういらっしゃらないことでしょう。


そこで検討したいのが、背中の産毛の脱毛です。脱毛をすれば自己処理をする回数を一気に減らすことができますし、脱毛が完了すれば、ほとんど処理をする必要もなくなります。

このページでは、背中の産毛対策となる脱毛について考えてみたいと思います。


【セルフ派に質問!】背中のムダ毛、どうやって処理してるの?



背中のムダ毛を自己処理している方々に、どのように処理しているかうかがったところ、以下のような方法が挙げられました。

1.カミソリを使った自己処理

カミソリはコストパフォーマンスが良く、誰でも扱えることから全身のムダ毛処理に活用されています。そのため、背中の処理でも使われることが多いようです。

しかし、背中は手が届きにくく鏡を使ってもうまく処理できる部位ではないため、カミソリを使用した処理は肌に多大なダメージを与えたり、傷をつけたりするリスクが非常に高く、絶対にNGにしたい方法と言えます。

2.電気シェーバーを使った自己処理

電気シェーバーはカミソリよりも肌ダメージが小さいと言われますが、やはり背中の自己処理には不向きです。

カミソリと同様、背中には手が回しにくいためシェーバーを適切に動かすことは困難ですし、場合によってはシェーバーの刃を肌に押しつけるなどして、出血を伴うケガを負ってしまう可能性などもあります。

3.除毛クリームを使った自己処理



除毛クリームは、手の感覚でクリームを背中に広げていけるため、カミソリや電気シェーバーと比較すると、危険度の少ない処理方法だと言えます。

しかし、除毛クリームは体毛を溶かして処理をするため、肌もある程度のダメージを負います。背中という広い範囲がダメージを受けることになる点も懸念材料です。

4.家庭用脱毛器による自己処理

最近は家庭用脱毛器も性能が上がり、エステで使用されている業務用機器と同程度の効果が得られると謳う商品まで登場しています。それほど高性能な機器であれば、背中も安全に処理できるのでは?と期待されるかもしれませんが、そうはいきません。

その理由は、家庭用脱毛器を使用する前にはシェービングが必要だからです。一般的な脱毛器の場合、処理の前にムダ毛をシェービングして1mm程度以下に揃えておく必要があります。このシェービングの際、電気シェーバーやカミソリを使うのであれば、本末転倒とも言えますよね。


また、いくら家庭用脱毛器が使いやすくなりつつあるとは言っても、背中にもれなく光を照射するのは至難の業です。さらに、出力や照射の時間を誤ってしまうと炎症ややけど、色素沈着などを起こす危険性があることも忘れてはいけません。

このように、背中の自己処理の方法はいくつかあるものの、どれもそれなりに大きな問題をはらんだものばかりとなっています。この危険性が分かっているからこそ自己処理をしていないという声も少なくなく、背中のムダ毛を放置している女性が多く存在する理由ともなっているようです。

<関連記事>
全身脱毛、どこの部位が一番痛い?


【背中の自己処理は絶対NG!】セルフ処理は危険がいっぱい!



背中のムダ毛のセルフケアは、全身のどの部位を処理するよりも難しいとされています。手が届きづらい、目で直接見ながら処理できない、鏡でも確認がしづらいなど、難易度を上げる条件が目白押しです。

ムダ毛以上に厄介な肌トラブルに襲われる・・・!

どのような道具を使用しても手元が狂うことによるケガのリスク、力加減を誤ることによる皮膚の削りすぎリスク、広い範囲を処理することによる処理漏れなどが起きやすくなるでしょう。

苦労の割に得られる成果が乏しいどころか、場合によっては肌トラブルしか残らなかったという事態にも陥る危険性があります。

ニキビや吹き出物の発生を促してしまう可能性も・・・!

背中にはニキビや吹き出物が出やすいという問題もあり、自己処理をすることでこの問題を助長していしまう可能性もあります。


背中にニキビができる原因としては、

  • 衣服による摩擦
  • 皮脂や汗の過剰分泌
  • 洗い残しのシャンプーやトリートメントの付着
  • 乾燥
  • 肌ストレス

などが挙げられますが、自己処理時に背中の表皮をカミソリなどで削ってしまうと、これらの原因によってニキビが発生・悪化する可能性を高めてしまいます。

また、背中にニキビや吹き出物がある状態で自己処理をした場合、誤って削り取って出血したり、大きく傷つけて化膿してしまったりと、肌にこれ以上ないダメージを与えてしまう危険性もあります。


背中の産毛を処理しようという意識は女性として大切にすべきですが、自己処理という方法は極力選択しない方が良いと言えるでしょう。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、家庭用脱毛器は使えるの?


【背中美人を目指すなら!】脱毛サロンでの背中脱毛がおすすめ!!



背中の自己処理のリスクを考慮すると、安全性や確実性の面から、やはり専門家による脱毛施術が一番良いと考えられます。

脱毛サロンで背中脱毛をするメリットは?

背中脱毛をすることで自己処理のわずらわしさや肌リスクから解放されるというメリットが得られますし、他にも徐々にムダ毛が減っていき肌がツルツルスベスベになる、体毛が減ることでニキビや吹き出物が発生しづらくなるなど、嬉しい効果を実感する方もいらっしゃいます。


・痛みが少なく処理時間も短い!

脱毛サロンならではのメリットで言うと、痛みが少なく短時間での処理が可能なことです。

脱毛はわずかながら痛みを伴うものです。クリニックなど医療機関で行うレーザー脱毛は、脱毛サロンで主流のフラッシュ脱毛よりも威力が高く、加えて一点に集中する光であるため、熱エネルギーが大きくなり強い痛みを伴います。


対してフラッシュ脱毛は、レーザーよりも脱毛効果は低くなりますが、拡散する光であるため、痛みが少なく背中など広範囲の部位でも素早く処理することが可能になります。


・S.S.C脱毛なら、産毛にも効果的!

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、黒い色のメラニン色素に反応する光の性質を活かして脱毛処理するため、背中にみっちり生える薄い産毛にはあまり効果がないと言われています。

しかし、フラッシュ脱毛の一種であるS.S.C脱毛であれば、抑毛成分を含むジェルを光によって毛穴に浸透させることで毛を生えてこなくする方法であるため、背中の色素の薄い産毛にも効果的です。

脱毛サロンの背中脱毛はデメリットもある!

背中脱毛は他の部位と比べて少々料金が高い傾向にあり、脱毛が完了するまでの期間も長くなりがちです。しかし、それだけの費用と時間をかけてもなお、納得できる効果が得られたという女性の声は多く聞かれます。

背中脱毛はワキや手足の脱毛とは異なる点も多いため、ちょっとハードルが高いという点は否めません。しかし、無料カウンセリングなどを活用して、事前に疑問点を解消することも可能です。


背中脱毛に興味がある方や検討中の方は、まず気軽な気持ちで脱毛サロンに足を運んでみることをおすすめします。

<関連記事>
ビキニライン(Vライン)脱毛の脱毛サロン選びは慎重にね!

    < まとめ >

  • 背中の自己処理は、どのような方法を用いるにしてもリスクが非常に高い
  • 背中はニキビや吹き出物が出やすい部位のため、自己処理は極力行わない方が無難
  • 脱毛サロンで背中の脱毛を行うことで、様々な自己処理のリスクから解放される
  • 背中脱毛を受けると、肌がツルツルになる・ニキビができにくくなるなどのメリットが得られることがある
  • 背中脱毛は他の部位の脱毛とは異なる点が多いので、無料カウンセリングなどで内容を確認することが大切


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)