脱毛できないお肌って?



エステや脱毛サロンで主流となっている光脱毛は、肌ダメージや刺激が少ないため、老若男女問わず施術が受けられると言われています。また、医療用レーザー脱毛も、専門医が担当することで小学生からでも脱毛可能とするケースが多いようですね。

しかし、妊娠中など施術を行うことができない状態、状況というものは少なからず存在します。今回は特にお肌の状態に絞って、脱毛ができないケースについてご紹介していきたいと思います。


脱毛ができないお肌とは



敏感肌や乾燥肌の方でもフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は可能だとされています。しかし、乾燥肌や敏感肌のようなバリア機能が低下した肌でも対応可能な脱毛施術でも、対応することができない肌状態というものが存在します。

1.日焼けをしている肌

大手脱毛サロンの公式HPなどを確認すると、そのほとんどで「日焼けしている方に対する施術は行わない」という方針がとられています。

エステやサロンなどでは、カウンセリングを受ける時や予約時に「最近日焼けをしましたか?」と訊ねられますが、これは日焼けした肌に対して脱毛施術を行うことができないからです。


意外に知られていませんが、日焼けは脱毛後に肌トラブルを引き起こす要因として最も大きなものの一つです。

日焼けをすると、肌のバリア機能に働きによってメラニン色素の生成が促されますが、これが光による脱毛効果を減退されます。それだけならばまだしも、施術後に肌に熱がこもりやすくなる、炎症や化膿を起こしやすくなる、色素沈着が起きる危険性があるなど、肌トラブルのリスクが上がってしまうのも大きな問題となります。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、自己処理のリスクとは?

「日焼けをした」という感覚には個人差がありますが、脱毛施術における日焼けNGの目安・基準は次のようなものが一般的だとされています。

・春と冬の場合:2ヶ月以内に日焼けをしていたら、要相談
・夏と秋の場合:3ヶ月以内に日焼けをしていたら、要相談

特に夏場に積極的に日焼けをしていた場合は、肌ダメージのことを考えて4ヶ月は空けて施術すべきという声もあります。

2.脱毛箇所にシミや黒子がある



光脱毛やレーザー脱毛は、体毛内のメラニン色素に作用する波長を持つ光を照射し、体毛内に高熱を発生させて脱毛を行います。ここで重要となるのが、フラッシュやレーザーは「体毛」ではなく「体毛内のメラニン色素」に作用して熱を発生させるということです。

つまり、皮膚にシミや黒子がある場合は、そこにあるメラニン色素に光が反応してしまい、火傷や色素沈着などが引き起こされる危険性があるのです。そのため、シミや黒子がある場合はその部分の施術を断られることがあるので注意が必要です。

<関連記事>
Vライン脱毛、何回コースがおすすめ?

3.刺青(タトゥー)が入っている

シミや黒子と同じ理屈で、刺青(タトゥー)が入った肌も脱毛ができません。刺青が入った部分は当然ですが、その周囲についても火傷や肌トラブルの危険性があるため、多くのサロンやエステ、クリニックで施術は行われていません。

刺青から離れた部分であれば大丈夫なのでは?とお考えの方もいらっしゃると思いますが、対応している所であっても、刺青から5cm以上離れた部位でなければ対応不可、というサロンやクリニックがほとんどとなっています。

4.傷やアザがある



傷やアザがある場合も脱毛不可となるケースがあります。傷は新しいもの、古いものを問わず対応を断られることが多いのですが、傷を避けて施術を行うことは可能となっています。

傷やアザのある部位に関しては、専用のシールなどで保護をして、その周辺に光を照射するという方法などが採られることが多いようです。

5.生理中

ほとんどのエステや脱毛サロンで生理中の脱毛はNGとなっていますが、これは肌の状態が敏感になっていることが関係しています。

生理中はホルモンバランスの乱れによって肌が過敏になっているケースが多く、痛みを感じやすい、刺激による反応が大きく出やすい、肌荒れを起こす安いなどの問題が生じがちです。そのため、トラブルを事前に防ぐために施術を断るお店やクリニックが多いとされています。

<関連記事>
全身脱毛をするとホルモンバランスが乱れるって本当?

6.アトピー体質、ケロイド体質の方



アトピー体質やケロイド体質の方の場合、施術による刺激や負担に肌が耐えられない、思いがけない反応や症状がでる可能性があるため、施術不可と判断されることが多くなっています。

ただし、アトピー体質やケロイド体質の方が必ず脱毛NGという訳ではありません。クリニックであれば、治療と同時に施術を行うことで脱毛が可能な場合がありますし、エステやサロンでも、治療を行う医師の許可や承諾が得られれば施術に対応してもらえることがあります。


サロンやエステ、クリニックが脱毛の施術を行う際に重視するのは、脱毛を受ける人の心身に、施術が重大な影響を及ぼさないかという点です。

脱毛は、その人の肌状態や健康状態によっては、重篤な肌トラブルや健康被害を引き起こす原因ともなりかねないものです。それだけに、施術時の肌状態に関しては厳しくチェックされ、少しでも危険性があると判断されれば、脱毛自体を断る、中止するという姿勢が徹底されているのです。

    < まとめ >

  • 脱毛は身体に多少負担がかかるため、肌状態によっては施術が断られる
  • 日焼けが脱毛に及ぼす影響は一般のイメージよりも深刻
  • 黒子やシミ、刺青など、(メラニン)色素が集まった部分の脱毛はNG
  • アトピーやケロイドなど体質によっては施術を断られる場合がある
  • サロンやエステが重視するのは、施術が肌や身体に重大な影響を与えないかどうかという点



全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)