脱毛サロンに通う女性の年齢層とは?



この数年で脱毛サロンの数は驚くほど増えました。全国津々浦々脱毛サロンを見かけない都市は存在しないほどで、駅近の利便性の高い場所には必ずといって良いほど大手脱毛サロンが支店を出店しています。

このような状況のため、脱毛業界は未だかつてないほどの激戦状態にあり、価格競争が激化しています。その結果、一昔前と比較すると脱毛料金はかなり安くなり、誰でもリーズナブルな価格で脱毛を経験できるようになってきました。

それに伴って、脱毛施術を受ける女性の年齢層も広がりを見せ、年齢・年代を問わず多くの女性がサロンやエステを訪れるようになっています。今回は、脱毛サロンに通う女性の年齢層について考えてみたいと思います。


脱毛サロンの利用者 最も多い年代は?


やはり20代女性が多い

脱毛サロンの利用者というと、皆さんはどんな年齢の方をイメージされますか?20代前半、大学生や新人社会人くらいの女性を想像する方が多いかもしれませんね。確かに、大手脱毛サロンの広告やCMを見ても、この年代の女性がモデルに起用されていることって多いですよね。

実際、数年前までは社会人デビューをきっかけに脱毛を始める方が多く、全体的にみても20代の女性の割合が高かったのは事実です。しかし、現状、脱毛人口が最も多いのも20代であることも確かなのですが、実は割合的には少しずつ下がってきているようです。

では、なぜ20代の割合が減ってきているのか。それは、脱毛人口が増加傾向にあり、様々な年代の女性が脱毛をはじめるようになったからです。例えば、一昔前まで脱毛は高額の費用がかかるもので、誰でも気軽に試すことができるものではありませんでした。

<関連記事>
Vラインのお手入れどうしてる?

低年齢化が進みつつある

脱毛の料金がかなり下がったこと、大手サロンが駅近など利便性の良い場所にお店を出店し続けたことなどがきっかけとなり、エステデビューの低年齢化が進んでいます。

それを裏付けるように脱毛サロンに足を運ぶと制服を着た高校生の姿を目にすることも多いですし、小学生でも脱毛OKと謳うサロンなども出てくるようになってきました。

30~40代女性も増加中

また、30代40代に入ってから脱毛をスタートするという方の割合もこの数年で大きくなっています。ワキ脱毛などは数百円から数千円で受けられるようになり、脱毛を開始するハードルはかなり下がってきましたが、全身脱毛などになるとやはり数十万円といった高いプランとなります。

そのため、金銭的な余裕ができてくる30代40代から脱毛を開始する方が増えてきているんですね。

<関連記事>
全身脱毛の料金と回数について

このように、脱毛を始める年齢の幅が広がりを見せ、それぞれの年齢層で脱毛人口が増えていることから、相対的に20代の割合が減少しているという訳です。

現段階では脱毛人口が最も多いのは20代となっていますが、30代40代との差はそれほど大きなものではありません。今後、さらにこの差は狭まり、さらに年齢層の幅は広がりを見せるかもしれませんね。


脱毛するのに年齢制限はあるの?


未成年でも脱毛はできる?

脱毛に通う女性の年齢層が幅広くなってきていることをご紹介しましたが、ここで気になるのが「脱毛に年齢制限はあるの?」ということではないでしょうか?

以前は、脱毛に使用する業務用機器の性能はお世辞にも良いものとは言えず、炎症や火傷、色素沈着などの肌トラブルを頻発していました。そのため、ホルモンバランスが安定していない敏感な肌を持つ10代の脱毛は、非常識なものとされていました。


しかし、現在は脱毛器の性能が飛躍的に向上し、サロンやエステのスタッフや施術者の技術力も高い水準で安定するようになったため、未成年でも施術OKのお店が増えてきています。

ただし、未成年者が脱毛をする場合、すべてのサロンで契約時に親の同意書が必要となり、施術時に親の同伴が求められるケースもあります。


また、脱毛施術の契約ができるようになる年齢に関しては、各サロンやエステによって設定が異なります。大半の大手脱毛サロンでは「年齢制限なし」としていますが、お店によっては「16歳以上」など設定しているケースがあります。

未成年で脱毛をお考えの方やそのご家族の方は、無料カウンセリングを申し込む前に、お店独自の年齢制限がないかどうか確認しておくことをおすすめします。

脱毛可能な年齢に上限はある?



最近は50代60代に入ってから脱毛を始めたいと考える方も多く、実際お店にも脱毛が可能かどうか、よく問い合わせが入ると言われています

結論からいうと、脱毛施術を受けられる年齢に上限はありません。ご本人に脱毛の意思があり、カウンセリングや診断の際に問題がなければ、お店側も丁寧にお手入れを行ってくれます。

ただし、すべてのケースで脱毛可能である訳ではなく、体質や持病などによって脱毛不可と判断されるケースもあります。


・脱毛不可と判断される可能性1 更年期障害の治療を受けている
更年期障害の治療の際、抗うつ薬や女性ホルモン製剤を処方されることがあります。この時、処方された薬の種類によっては脱毛を受ける際「光過敏症」という副作用が出てしまう場合があります。そのため、カウンセリング時に薬を確認し、お店側が施術不可と判断するケースがあります。

・脱毛不可と判断される可能性2 体質・肌質的に施術が難しい
50代60代の肌は、乾燥肌になりやすく抵抗力も落ちていることが多いため、脱毛施術に耐えられない場合があります。無理をして施術を受けた場合、皮膚が強ばる、乾燥肌が進む、色素沈着や炎症が起こるなど、様々な肌トラブルが引き起こされる危険性があります。

・脱毛不可と判断される可能性3 白髪の脱毛を希望する
脱毛サロンで主流となっている光脱毛は、残念ながら白髪の脱毛ができない脱毛法となっています。現状、白髪の脱毛は医療用レーザーでも難しいため、サロンでは対応できないと断られることになると考えられます。

<関連記事>
脱毛サロンとクリニック、VIO脱毛するならどっちがいい?

脱毛には基本的に年齢制限はありません。しかし、50代以降は脱毛に関する制約や制限がやはり多くなってくるのも事実です。

とはいえ、最近はフェイシャルエステなどを併用し、肌質を改善した上で脱毛を行うなどの対策を行っているお店もありますので、不安を感じる方はまず、無料カウンセリングなどで相談してみると良いでしょう。

    < まとめ >

  • 脱毛サロンへ通う女性の年齢層は近年広がりをみせている
  • 脱毛に通う女性の割合は20代が最も多いが、世代間の差は縮まってきている
  • 基本的に脱毛に年齢制限はないが、サロンが独自の制限をかけている場合がある
  • 脱毛可能な年齢に上限はないが、年齢が上がれば上がるほど制限や制約がでてくる
  • 脱毛の制限にかかった場合でも、サロン側で対策を行ってくれる可能性があるので、まずは相談してみよう!


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円