出産後、いつから脱毛は始められる?



脱毛サロンやエステ、クリニックなどでは、妊娠中や出産前後の方に対する施術を行っていません。

では、出産後に脱毛を再開できるタイミングはいつからなのでしょうか?


脱毛サロン、出産後はいつから脱毛を始められる?


出産後はいつ頃から脱毛施術を受けられるの?

出産後に脱毛を再開できるタイミングは、サロンやクリニックによって対応が異なります。大手脱毛サロンでも

・授乳中の施術はNG
・出産後、生理がきたら施術OK
・卒乳や断乳後に生理が規定回数きたら脱毛OK


などなど、脱毛の再開時期は様々です。妊娠を機に脱毛を中断した方にとって、出産後どのタイミングで施術に通えるようになるかという点は、大変気になるところだと思います。

そういった不安や気がかりを解消するためにも、妊娠が判明したら早めに担当スタッフに相談し、再開できるタイミングを確認しておくことをおすすめします。


一応の目安としては、脱毛サロンでは生理が再開したら施術OK、クリニックでは生理再開前からでも検討可というのが一般的なようです。これは、生理が再開する頃になると、ホルモンバランスが正常な状態に向かうと考えられるためです。

いずれにしても、脱毛の再開時期は施術に通うサロンやクリニックに確認し、担当医の指示などを仰ぎながら、自分の身体の状態に適したタイミングで施術をはじめられるよう備えておきましょう。

<関連記事>
全身脱毛をするとホルモンバランスが乱れるって本当?

お店によって脱毛の再開時期に違いがあるのはなぜ?



妊娠中の脱毛はすべての脱毛サロンで不可となっています。これは、妊娠中はホルモンバランスが崩れ、肌が敏感になる、精神的に不安定になる、体毛が濃くなり正しい脱毛施術の効果が得られない、などの理由によるものです。

実は、こういった心身の状態や体毛の変化が出産後もしばらく続くため、脱毛サロンの多くは産後の脱毛に慎重なのです。

また、出産直後に無理に施術を行って肌トラブルや体調不調が起きた場合、医療機関ではない脱毛サロンやエステは適切な処置や対応をすることができません。この点も、産後の脱毛をNGとするお店が多い理由の一つとなっています。

授乳中に施術を断られるケースがあるのはなぜ?

サロンによっては、生理が来ても授乳中は脱毛施術NGとしている場合があります。ここで不安になるのが、脱毛施術は母乳に何か悪影響を与えるのではないか?という点です。母親としては、一番気がかりとなるポイントですよね。

結論からいうと、脱毛施術を受けることによって母乳に悪影響が及ぼされる危険性はありません。

脱毛サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛で使用される可視光線は、メラニン色素に反応する性質を持っています。この施術で照射される可視光線ですが、肌の浅い部分にしか届かないため、母乳に害を与えることはないので安心して下さい。


では、母乳に影響がないのに、何故授乳中の施術を断るお店があるのでしょうか?実は、ここにもホルモンバランスが関わってきます。

授乳中には乳腺の発達を促す「プロラクチン」というホルモンが多く分泌されるのですが、このホルモンによって体毛が濃くなる症状がでる方がいらっしゃいます。


せっかく産後に脱毛を再開しても、プロラクチンの影響によって毛が濃くなっていたのでは、通常通りの脱毛効果は期待できません。このことから、授乳中の施術再開に慎重になるサロンがあるという訳です。

産後や授乳中は、まだまだ身体の消耗が回復していませんし、肌の状態も正常とはいえない時期にあります。授乳中の脱毛を断られた場合は素直に指示に従い、身体をゆっくり休めて身体と心の回復に努めて下さいね。


産後どのくらいで生理がはじまるの?



産後の生理の再開時期は個人差があるため、一概にいつと断言することはできません。しかし、7割~8割の方が産後8ヶ月程度で生理が再開すると言われ、再開時期の目安とされています。

また、生理の再開時期を大きく左右する要因の一つだと考えられているのが、授乳の有無です。

実は、授乳をしていないお母さんは平均すると産後2~4ヶ月程度で生理が再開し、授乳しているお母さんは生理再開まで平均して半年以上かかるとされています。授乳をしているお母さん達の中には、産後1年以上生理が来なかったという方も珍しくありません。


では、なぜ授乳の有無が生理の再開時期に関係しているのでしょうか?それは、授乳中に分泌されるホルモンが大きく関係しています。

授乳中にプロラクチンというホルモンが分泌することを先にご紹介しましたが、このホルモンの分泌量は授乳の有無によって異なってきます。産後、プロラクチンの分泌量は次第に減少するのですが、この減少量を左右するのが授乳回数や授乳時間だとされています。


プロラクチンは母乳の分泌を促す役割が有名ですが、実は他にも「排卵を抑制する」という働きを持っています。さらに、プロラクチンは授乳中は分泌の減少量が少なくなるという特徴もあります。

つまり、授乳中は身体が生理が再開しづらい状態にあるという訳ですね。プロラクチンの分泌量は、断乳することで段々と減少し、1ヶ月程度で出産前の状態に戻ります。そのため、授乳後に生理が再開する方が多く、授乳していない方の方が生理の再開時期が早いと考えられているのです。

<関連記事>
生理中でもVIO脱毛はできるの?


産後はクリニック脱毛のほうが安心?



産後の脱毛に関する対応は、クリニックと脱毛サロン・エステで大きく異なります。まず、クリニックは基本的に授乳中でも、産後に生理が再開していなくても脱毛施術可能という対応をしているケースが多いようです。

これは、脱毛サロンなどの場合は、産後のデリケートになっている肌に対する施術の影響や、ホルモンバランスの乱れによる体毛の変化への対応が難しいとしていますが、医療機関の場合は、これらにも対応可能としているためだとされています。

産後できるだけ早い段階で脱毛を再開したいという場合は、クリニックを検討すると良いでしょう。

<関連記事>
ビキニライン(Vライン)脱毛の脱毛サロン選びは慎重にね!

一方、脱毛サロンやエステの場合、産後でもあっても生理が来るまではホルモンバランスが出産前の状態に戻っていないと判断するため、基本的に施術は不可としています。

また「生理の再開=授乳が終わっている」という考えから、生理の再開と授乳の終了、2つの条件をクリアすることで脱毛可能とするお店もあります。そのため、エステやサロンでは「授乳が終わったら脱毛できる」と考えておくと良いでしょう。


そして、もし出産後の脱毛をエステやサロンで再開することに不安をお持ちの場合は、スタッフに相談するのにあわせて、産婦人科の担当医に脱毛の許可をもらっておくと安心です。

出産を経験したからといって、脱毛サロンやエステでの脱毛が危険になるということはありません。ですので、産後の脱毛に関してはクリニックでも脱毛サロンでも、好きな方を選んで問題ありません。

    < まとめ >

  • 産後の脱毛再開のタイミングは、脱毛サロンによって対応が異なる
  • 脱毛サロンでは基本的に「生理が再開したら施術OK」という対応をしているケースが多い
  • 産後、生理再開まで施術をNGとするサロンが多いのはホルモンバランスが関係している
  • クリニックは生理再開前でも脱毛に対応していることが多いため、産後すぐ脱毛したいという方に向いている
  • 卒乳後、生理が再開すれば脱毛サロンでもクリニックでも好きな方で脱毛できる


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)