脇脱毛、フェロモンが減少するって本当?



脇脱毛をするとフェロモンの分泌量が減るため、異性にモテなくなる。そんな噂を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

自己処理の肌ダメージや面倒さを考えて脱毛を検討しているものの、フェロモンが減って女性的な魅力が損なわれるのは困る……。そんな戸惑いを抱く女性も少なくないようです。

そこで今回は、脇脱毛とフェロモンの関係について考えていきたいと思います。


脇脱毛でフェロモンが減少すると言われる理由は?

そもそもフェロモンってなに?

フェロモンとは、動物がメスや雄を惹きつけたり、仲間を引き寄せるために発散している化学物質のことです。私たちも、いい香りや美味しそうな匂いを感じると、その発生源に近づきたくなりますよね。そういった香りや匂いと同じ効果を持つものがフェロモンです。

人間のフェロモンは、異性を引き寄せる役割を持ち、女性は女性、男性は男性特有のフェロモンを発散させています。この特徴は、フェロモンがホルモンから生成されていることによるもので、フェロモンの生成量・発散量を増やすためには、女性ホルモンの分泌を活発にさせる、生成量を増やすことが重要とされています。

脇脱毛をすると本当にフェロモンの量が減るの?



「脇脱毛をするとフェロモンの発散量が減る」この噂の出所がどこであるかはハッキリとしません。

しかし、結論から言えば、脇脱毛をすることによってフェロモンが減るとは考えにくいことです。なぜならば、脱毛がフェロモンの元となる女性ホルモンの生成や分泌に影響することがないからです。


また、フェロモンは脇にある「アポクリン汗腺」という器官から発散されるとされますが、このアポクリン汗腺は人間の進化と共に退化し、現代人、特に日本人などのアジア系の人種はそう多く残っているものではありません。

これらのことを元にすると、やはり脱毛前後でフェロモンの量が著しく変化するとは考えられませんし、フェロモンが減ったからといって異性にモテなくなるという懸念も必要ないと言えるでしょう。


事実、現代人が異性に魅力を感じる際には、嗅覚だけでなく視覚や聴覚からの情報に大きく気持ちを左右されます。見た目や声が好み、といった理由から異性に興味を持つ方は多いですよね。

実際、フェロモンに異性を惹きつける力があることに違いはありませんが、今の人間はそのフェロモンを発散する機能も感じる機能も低下しているという現実があります。


脇脱毛を行っても「脱毛によってフェロモンが減る→異性にモテなくなる」こういった流れになることはまずありませんので、安心して脱毛にチャレンジしてみて下さいね。

<関連記事>
Vライン脱毛、気になる男性側の反応は?


男性にモテるにはワキ脱毛が必須!



フェロモンに異性を惹きつける作用があることに間違いはありません。しかし、その機能や役割が減退している現代においては、視覚や聴覚などによる情報がより重要になります。実際、見た目の良さや清潔感が第一印象に与える影響はとても大きいですよね。このことを考えると、脇の処理も大切さも実感できると思います。

例えば、ある大手脱毛サロンが行った、男性を対象とした「ワキの処理がずさんな女性、許せる?許せない?」というアンケートによると、許せると答えた男性の割合はわずか15%未満、大多数の男性がワキ処理を行わない女性にNOをつきつけています。


つまり、フェロモンを気にしてワキの脱毛や処理をためらうことは「モテる」ことにとって、逆効果以外の何ものでもないということになります。

また、男性・女性を問わず、異性に良い印象を与えるには「清潔感」が重要になります。ワキの処理が行き届いている女性は、それだけで清潔感がありますし、その他の部分もしっかり手入れしているんだろうな、というイメージを与えますよね。

男性に良い印象を与え、女性としての魅力を感じさせるためには、脇脱毛がマストだと言えるでしょう。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、気になる周りの反応は?


フェロモンをアップさせる方法



現代人は、フェロモンを発散させる機能も、フェロモンをキャッチする機能も退化しているとされています。しかし、全くのゼロになったわけではありません。

実際、現在でもフェロモンに関する研究は行われており、女性の発散するフェロモンの一種「オスモフェリン」には、男性を惹きつけ興奮させる効果があるとされています。


こういったフェロモンの発散量や分泌量が多い方は、特になのもしていないのに異性にモテる、いつも周りに人が集まってくる、という特徴があるという説もあります。

こういったフェロモンの特性を知れば「私もフェロモンをアップさせたい!」と願うのが当然ですよね。そこで、ここでフェロモンの発散量をUPさせる方法をいくつかご紹介したいと思います。

1.恋をする

人間は恋をするとPEAと呼ばれるホルモンの分泌量が増えるとされています。PEAは厳密に言うとフェロモンではないのですが、このホルモンにはフェロモンと同じような効果があることで知られます。

PEAの分泌量が増えると、緊張感が増し、精神的に不安定になるのですが、これが恋のドキドキ感や不安感に繋がっているのだとか。

さらに、PEAが分泌されると脳が快感を感じる物質の生成量も上がる、全身の代謝が向上し、心身ともに女性として潤いのある状態になると言われています。

2.好きな香りや匂いをかぐ

人は、好きな香りや匂いに接すると性ホルモンの分泌量がアップします。ホルモンの分泌がフェロモンの生成に深い関わりがありますので、フェロモンの発散量を増やしたい方は、日ごろから意識して好きな香りや匂いを嗅ぐようにするとよいでしょう。

3.常に人目を意識する

出かける時や家で過ごす時、誰に会っても大丈夫なような恥ずかしくない服装やメイクをしていますか?

いつ誰に会っても大丈夫なような姿を保っている人は、どんな時も堂々と人目に自分をさらす自信にあふれています。この自信が、実はフェロモンの分泌を促すのに役立っています。


人目につくことを怖がってビクビクしたり、ずさんな服装やメイクをしていることでコソコソしてしまったりしていると、どんどんフェロモンの発散量が減ってしまいます。

常に人目につくことを意識して、自身を持てる自分を作り上げましょう。

4.十分な睡眠をとる

性ホルモンの生成と分泌を活発にするためには、質の高い睡眠をしっかりとることが大切になります。毎日決まった時間に就寝し、十分に睡眠をとり、早朝朝日を浴びて目を覚ます。こんな当たり前のことが、フェロモンUPには大変効果的です。

さらに、午後22時から午前2時のゴールデンタイムにしっかり睡眠を取れれば、より高い効果も期待できます。フェロモンの発散量を増やしたい方は、睡眠の質や時間を見直してみてください。

<関連記事>
全身脱毛をするとホルモンバランスが乱れるって本当?

    < まとめ >

  • 脇脱毛するとフェロモンが減少するという噂には根拠がない
  • 現代人は、フェロモンを発散する機能も感知する機能も退化している
  • 男性は脇の処理が甘い女性に対して厳しいため、フェロモンを気にして脇脱毛をしないというのはナンセンス
  • フェロモンUPには、好きな匂いを意識的に嗅ぐ、人目を意識する、睡眠を見直すなどの対策が効果的

ワキ脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

ミュゼ・プラチナム
ミュゼ・プラチナム
ワンコインでワキ+Vラインの脱毛完了コースが受けられるとあって、幅広い世代の女性から絶大な支持を得ている人気脱毛サロンです。お得になる様々なキャンペーンも魅力ですよ。

価格:300円(両ワキ+Vライン+好きな部位2か所)※Web予約限定
ジェイエステ
ジェイエステ
創業37年と老舗脱毛サロンならではの技術力や信頼度の高さは業界随一。両ワキ脱毛は5年間無料保証つき。ツルツルすべすべになる美肌脱毛コースが人気です。

価格:300円(両ワキ+Vライン+好きなパーツ2か所)
TBC
TBC
TBCでは、光脱毛に加え、脱毛効果の高いTBCスーパー脱毛を取り入れています。悩みの種だったワキのムダ毛を徹底的に処理したい!という方におすすめです。

お試し価格:1,000円(1回)
ライト脱毛価格:6,000円~(1回)
スーパー脱毛価格:130円~(1本)