50代女性におすすめの脱毛サロンの選び方と注意点



脱毛サロンのCMや広告を見てみると、10代20代の若い女性向けの作りとなっていることもあり、中高年の女性が通うのはちょっと気が引ける、なんて声もよく聞かれます。

しかし実際のところ、エステやサロンで脱毛をする女性の年齢層は年々幅広くなっており、50代の方の来店は珍しいものではありません。エステティシャンの方にお話をうかがっても、40代50代の女性の来店は増えており、母娘で通っている方もいらっしゃるとのことです。

とはいえ、いくら他の人が通っているからといって、実際に自分がサロンに足を踏み入れるのは勇気がいるという方もいらっしゃいますよね。

そこで、今回は50代女性におすすめの脱毛サロンの選び方や注意点について考えていきたいと思います。


50代女性のムダ毛の悩み



最近、50代から脱毛を始める女性の割合が徐々に高まってきていると言われています。これは、脱毛の料金が下がり誰でも気軽に始められるようになったことに加え、50代特有のムダ毛の悩みが関係していると推測されます。

女性は40代後半50代にかけて、女性ホルモンの分泌量が急激に減少する更年期を迎えます。この更年期に、女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れによって体毛が濃くなるという悩みを抱く女性が少なくなく、このタイミングで脱毛を検討するケースが増えてきているようです。

まだ、女性の肌は年齢を重ねるごとに抵抗力が落ち弱くなるため、肌負担の大きなムダ毛の自己処理によって、炎症や化膿、色素沈着を起こしやすくなります。この悩みから解放されるめに、サロンやエステでの脱毛を検討するという方も増加中だとか。

50代のムダ毛の悩みは、体毛自体だけに留まらず、肌の健康状態にまで及びます。だからこそ、自己処理よりも肌リスクが低く、処理の回数を抑えることができる脱毛を検討する方が増えてきているのです。

<関連記事>
Vライン脱毛、何回コースがおすすめ?

50代でも脱毛サロンは通える?



意外に思われる方が多いかもしれませんが、実は脱毛サロンで主流の光脱毛には年齢制限はありません。そのため、当然50代でもサロンに通って脱毛することが可能です。

中には、発毛に深い関わりがある女性ホルモンが減少する更年期や閉経後は脱毛が難しいのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、脱毛する意思があれば、閉経後の女性に対しても脱毛サロン側もしっかりと対応してお手入れをしてくれます。


ただし、年齢を重ねた肌は乾燥肌になりやすく、抵抗力も弱くなっている場合があります。また、光脱毛の光線が皮膚を強ばらせる、乾燥を進めてしまうといった危険性があり、カウンセリングの結果によっては脱毛をお断りされるケースもあります。

加えて、更年期障害の治療で女性ホルモン製剤や抗うつ薬を処方されている場合、薬の種類によっては光脱毛の副作用で「光過敏症」の症状が出てしまうこともあります。そのため、服用している薬を確認した上で、お店側が脱毛施術は不可と判断することもあります。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、自己処理のリスクとは?

更年期障害を治療している方は、サロンでカウンセリングをしっかり受けると同時に、担当医に相談しておかれることをおすすめします。場合によっては、医師の承諾書を提出することで脱毛が可能になることもありますよ。

50代は若い世代と比較すると、脱毛関する制約が多くなっています。しかし、一度お店に施術を断られても、日常的に保湿ケアを行って肌状態を改善する、医師に相談して許可をもらうなどすることで、脱毛の許可が下りることも少なくありません。


まずはお店に足を運び、無料カウンセリングでスタッフに疑問点や不安点をぶつけてみることから始めてみることをおすすめします。


50代女性、脱毛サロンの選び方



50代女性に適した脱毛サロンを選ぶポイントは、40代までと大きく違ってきます。次に見ていきたいポイントをまとめましたので参考にしてみて下さい。

ポイント1 技術力が高く、肌に優しい施術をしているサロンを選ぶ

50代の肌は、年齢を重ねた分抵抗力が落ちており、脱毛施術の刺激に過敏に反応してしまう可能性があります。また「皮膚の糖化」といわれる老化現象や強い乾燥肌なども見られることが多いため、ただ光脱毛の光線を照射しても毛根まで光が届かない場合もあります。

そのため、肌の状態を見極めながら、その人の肌の状態に合わせた施術ができるスタッフがいるお店や、肌に優しい施術ができる機器を導入しているサロンを選ぶことが大切です。


また、肌に強い乾燥がみられる時に脱毛を行うと、脱毛効果が想定通りに出ないだけでなく、肌に大きな負担をかけてしまう危険性があります。

この問題は、肌の保湿を丁寧に行い肌質の改善を行うことで避けられる場合がありますが、そういった点もしっかりアドバイスしてくれるスタッフがいるかどうかもお店を見極めるポイントとなります。

ポイント2 使用機器や店内が常に清潔に保たれているかどうか



現在、脱毛業界は過当競争の状態にあるため、お店の中には無理なコストカットを進めている所も見受けられます。

しかし、コストカットにこだわるあまり、店内の清掃にかかる費用や、機器の洗浄・消毒にかかる費用を削ったり、使い捨てすべき器具を使い回していたりする店舗もあると言われています。


50代のお肌は加齢による乾燥や老化が進んでいるため、不衛生な環境で脱毛を受けてしまうと、思いもよらない肌トラブルや健康被害を被りかねません。

これを避けるためにも、お店選びの際には実際に店舗に足を運び、お店の清潔度や衛生面をしっかりチェックしておきましょう。

ポイント3 娘さんと同じ脱毛サロンもあり!

50代は年頃の娘さんがいる方も多いのではないでしょうか。娘さんが通っているからと、一緒に脱毛を始めるお母さんも少なくないんですよ。紹介サービスもありますし、娘さんと一緒なら抵抗感なく通えて、帰りに買い物なんて親子水入らずを楽しむこともできますね。

50代の脱毛、注意点について



50代の脱毛で一つ注意しておきたいのが「白髪」の問題です。サロンで主流の光脱毛は更年期でも問題なく行うことができるのですが、メラニン色素の抜けた体毛に対しては効果が出ないという特性があります。

これは、光脱毛やレーザー脱毛で使用されている光の波長が、メラニン色素に反応することで脱毛効果を発揮することによります。つまり、メラニン色素がない白髪にたいしては、光の波長は反応を示さない、という訳ですね。

<関連記事>
全身脱毛するなら脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?

もし白髪をどうしても脱毛したいとなると、クリニックで行われている電気脱毛(電気針脱毛/ニードル脱毛)を受ける他ありません。とはいえ、電気脱毛は肌や毛穴にかかる負担が大きな脱毛法ですので、検討する場合は医師にしっかり相談することが大前提となります。

    <まとめ>

  • 40代後半から50代の更年期にムダ毛が濃くなる人は多い
  • 更年期でも光脱毛は問題なく受けることができる
  • 更年期障害の治療を受けている場合、サロンで脱毛を断られることがあるので注意
  • 脱毛サロンを選ぶポイントは、衛生的な環境で肌に優しい施術を行っているかどうか
  • 脱毛サロンで主流の光脱毛は白髪に対して効果がないので要注意

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円