脱毛の光は、安全なの?



光脱毛はレーザー脱毛と比較して傷みや肌へのダメージが少ないことで人気の脱毛方法です。しかし、カウンセリングなどで光脱毛のメカニズムの説明を受け「照射される光は本当に安全なの?」と不安を感じる方も少なくないようです。

そこで今回は、そんな不安を解消すべく光脱毛の光の安全性についてご説明していきましょう。


光脱毛のメカニズム



光脱毛(フラッシュ脱毛)の原理は、医療用レーザー脱毛と同じです。

光脱毛では、メラニン色素と作用して熱エネルギーを生じさせる波長を持つ光を体毛に照射します。この時、体毛には高熱が生じるのですが、この熱がムダ毛を通じて毛根に届き、毛根内にある発生や成長を司る毛母細胞にダメージを与えるという仕組みとなっています。


この説明を聞き「細胞を壊すほどの熱エネルギーを発生させる光って、本当に安全なの!?」と不安を抱く方がいらっしゃるのは当然のことです。確かに、細胞にダメージを与えるなんてちょっと怖いですよね。

しかし、光脱毛の施術で生じる熱エネルギーの働きは、毛根のタンパク質を熱変化させる程度のものとなっているため、人体に与える影響は軽微となっています。


とはいえ、施術による熱が肌に与えるダメージが全くゼロかというとそうではなく、肌の奥に熱をこもらせて乾燥を招いたり、肌や毛穴に軽い炎症を起こしたりする場合があります。

ただし、これらの影響は施術後のアイシングや保湿で症状を改善することができ、適切なアフターケアを行えば回避できる程度のものですので安心して下さい。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛するメリット・デメリットは?


光脱毛の光自体の安全性はどうなっているの?



サロンなどで光脱毛の光の安全性について質問すると、大抵の場合「可視光線なので心配はいりませんよ」と回答されます。その場では「専門家の言うことだから問題ないんだろうな」と納得してしまいがちですが、実際には可視光線だから大丈夫だと言われても、なんの解決にもなっていませんよね。

そこで、可視光線だとなぜ安全なのか簡単にご説明したいと思います。


波長の種類と特徴

光は電磁波の一種で、波長の長さによって大きく「ガンマ線、X線、紫外線、可視光線、赤外線、マイクロ波」の6種類に分けられます。

『波長短』ガンマ線-X線-紫外線-可視光線-赤外線-マイクロ波『波長長』

1.ガンマ線
ガンマ線は、コバルト照射などのがん治療で用いられることで有名です。X線よりも透過力が強く電離作用が小さいため、材質検査などでも利用されています。

2.X線
X線はドイツの物理学者レントゲンが発見したことから、レントゲン線とも呼ばれます。こちらの名称の方が有名かもしれませんね。医療分野ではCTやレントゲンに用いられています。

3.紫外線
紫外線は、女性であれば「美容の大敵!」という認識を持つ方が多いのではないでしょうか?その認識通り、紫外線は人体に与える影響がとても大きな光で、肌に強いダメージを与えるだけでなく、皮膚癌や白内障、老化現象を引き起こす要因ともなる恐ろしい存在です。

4.可視光線
光脱毛で使用される光は、この可視光線に該当します。可視光線は目に見える光で、虹色(7色)のスペクトルを持つことで有名です。紫外線と紫外線より短い波長を持つX線、ガンマ線は人体にとって有害な存在ですが、可視光線の波長は人体に悪影響を及ぼすものではありません。

5.赤外線
赤外線は可視光線よりも波長が長く、目に見えない光線です。熱作用が大きく透過性が強いため、医療現場で多く活用されています。また、赤外線写真やリモコン、携帯電話のデータ転送などの近距離データ通信などにも使われています。

6.マイクロ波
マイクロ波は6つの中で最も波長が長い光線で、大容量のデータ伝送や携帯電話、無線LANなどに使用されています。電子レンジに使われている光線というと分かりやすいかもしれませんね。人体に悪影響を与えるとする説もありますが、現時点で科学的根拠はないとされています。

光の種類をご紹介しましたが、光脱毛で使用される光は4番の可視光線です。可視光線は浴びすぎるとある程度の刺激を受けますが、人体に大きな悪影響を与えるレベルの光ではありません。

<関連記事>
Vライン脱毛でありがちな悩みにお答えします!

そのため、サロンなどでは「可視光線なので安心ですよ」といった説明が行われているのです。そもそも、可視光線は私たちが日頃から目にし、全身に浴びている光ですので有害であるはずはないですよね。

光脱毛をすることで毛母細胞がダメージを受けるからといって、施術で使われている光が人体に甚大な悪影響を与えることはありませんので、安心して施術に臨んで下さい。

しかしながら、光脱毛では注意すべき点もあります。

フラッシュ脱毛の光の注意点



第一に、施術で照射される光を直視しないということです。光脱毛で照射される光はメラニン色素に作用しますので、直視すると眼球に多大な影響を受ける可能性があります。

最悪失明する恐れもありますので、スタッフの支持に従って眼球の保護に努めましょう。


第二に、光自体は人体に対して強い影響を与えませんが、熱エネルギーによる火傷のリスクがあるということです。

光脱毛の場合、出力が低めに設定されているため火傷の危険性は低いのですが、色素沈着を起こしている部位や体毛が濃い部分などを施術する場合、想定外の熱が生じるケースがあります。

もし施術後にひどい炎症や痛みを感じた場合は、自己判断は避け、速やかに施術を受けたサロンや医療機関に相談するようにして下さい。

<関連記事>
全身脱毛を契約する際の注意点!

    < まとめ >

  • 光脱毛で使われる光は、人体に与える影響が軽微な可視光線である
  • 可視光線は日頃から浴びている目に見える光のため、光脱毛は安全性が高い
  • 光脱毛の光は安全性が高いが、眼球への影響や火傷のリスクを理解して施術を受けることが大切
  • 施術後に何かしらの異変を感じた際は、速やかにサロンや医療機関に相談することが大切

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円