クリニックレーザー脱毛のメリットやデメリット・リスク



これから脱毛を始めようと考える女性が、まず悩むのが「脱毛サロンやエステの光脱毛」「皮膚科やクリニックの医療レーザー脱毛」どちらが良いのかという点だと思います。

最近は、ネット上でもそれぞれのメリット・デメリットを説明するサイトなどが多数ありますが「情報が多すぎてかえって混乱してしまう」なんて声もよく聞かれます。

そこで、今回はレーザー脱毛の特徴やリスクなどに絞って解説していきたいと思います。脱毛先選びの参考にしてみて下さいね。


レーザー脱毛の仕組みとは?



レーザー脱毛は、体毛中の黒い色素(メラニン色素)に反応するレーザーを活用した施術です。

メラニンに作用するレーザーを照射すると、肌の表面に出ている体毛のメラニン色素が反応し、毛の中に熱エネルギーが発生します。この時発生する熱は高熱で、体毛を通じて毛穴の奥にある毛乳頭に届き、体毛の発生と成長を司る毛乳頭を破壊します。


毛乳頭には毛母細胞という体毛に栄養素を供給する細胞があるのですが、毛乳頭が破壊されることでこの細胞の働きが阻害され、新しい体毛が生まれなくなるため、結果としてムダ毛が生えてこなくなるというわけです。

実はサロンの光脱毛と同じ原理!

実は、クリニックで行われているレーザー脱毛とサロンやエステで主流となっている光脱毛は、同じ原理・メカニズムを持っています。違いは使用される光がレーザーであるかそうでないか、出力が強いか弱いかという点にあります。

レーザー脱毛は医師や医師の管理下にある医療従事者のみ施術が許されていることから、光脱毛よりも高い出力で脱毛を行うことができ、脱毛効果も高くなっています。


なお、光脱毛と同様に、レーザー脱毛も毛周期に合わせて施術を行う必要があり、何度も照射をくりかえすことで、徐々にムダ毛を減らしていくことができます。

<関連記事>
全身脱毛するなら脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?


レーザー脱毛のメリットを教えて!


メリット1 脱毛効果が高い

医療機関で受けることができるレーザー脱毛は、エステや脱毛サロンの光脱毛と比較して、高い出力で施術を行うことができます。基本的に、脱毛の効果は出力に高さに比例するため、脱毛効果は光脱毛よりもレーザー脱毛の方が上となります。

メリット2 永久脱毛が可能

日本では永久脱毛の規定は現在存在しませんが、米国電気脱毛協会(American Electrology Association)による「最終脱毛から1ヶ月経過後の体毛の再生率が20%以下」という定義を満たす脱毛方法を永久脱毛とする、という考え方が一般的となっています。

この定義をクリアする脱毛方法は、国内では現状、医療用レーザーとニードル脱毛のみとなっています。

ちなみに、アメリカでは他にも日本の厚生労働省に相当するアメリカ食品医薬品局(FDA)が、永久脱毛について「レーザー脱毛を3回照射し6ヶ月経過後、67%以上の減毛が見られる状態」という基準を設けていて、この基準をクリアした医療用レーザー機器に対して認可を与えています。

メリット3 安全性が高い

レーザー脱毛は光脱毛よりも高い出力で施術を行いますが、医師や看護師といった医療従事者のみに許可された脱毛方法であるため、安全性が高いというメリットがあります。

事前に医師による診察を行った上で施術が開始されるため、敏感肌・乾燥肌・アトピー体質などを理由に脱毛サロンなどで断られた方でも、脱毛を行うことが可能なケースがほとんどとなっています。

また、万が一炎症や火傷などの肌トラブルなどが起きた時にも、迅速な診察と処置を受けられるというのも大きなポイントです。

<関連記事>
実は後悔しがち!?ハイジニーナ脱毛の落とし穴とは?


レーザー脱毛のデメリット・リスクはあるの?


デメリット・リスク1 痛みが強くでる場合がある

レーザー脱毛では高熱を用いて毛根にダメージを与えていくことになるため、人によっては強い痛みを感じる場合があります。総じて、光脱毛よりも痛みが強いと考えておいて間違いありません。

痛みに弱い方の場合、施術に耐えきることができず脱毛を断念するケースもありますので、施術前のカウンセリングの段階で、医師と十分に話し合いを行っておくことをおすすめします。痛み対策として麻酔対応をする場合もあります。

<関連記事>
Vライン脱毛、痛みはどのくらい?

デメリット・リスク2 体調や身体の状態によっては施術が行えない

レーザー脱毛ではメラニン色素に作用する光を照射するため、日焼けをした肌や色素沈着が起きている部分へはレーザー照射を行えない場合があります。また、産毛や白髪などのメラニン色素が薄い体毛に対しては脱毛効果が得られないというデメリットもあります。

とはいえ、最近はレーザー脱毛機の性能も向上し、最新マシンであれば色素の薄い体毛の脱毛も可能であるケースもあるようです。レーザー脱毛を行っているクリニックを選ぶ場合は、導入されている医療用レーザー機器についてもチェックしておくことをおすすめします。

デメリット・リスク3 脱毛サロンやエステと比べ料金が高い

現在、脱毛業界は過当競争の時代に突入しており、エステやサロンでは破格のキャンペーンなどが年間を通してリリースされています。さらに、お得な料金で利用できるコースを用意したり、都度払いに対応したりする大手脱毛サロンも増加傾向にあります。

クリニックレーザー脱毛 サロン・エステ脱毛
両ワキ脱毛の料金 1,000~13,500円(5回) 100~1,280円(12回~回数無制限)
※変動あり
全身脱毛の料金 300,000円~(5回) 11,000円~(6回)

最近は、レーザー脱毛の料金相場も下がってきてはいますが、やはりサロンやエステと比較すると費用が高くつく場合が多く、脱毛初心者にとってはハードルが高い脱毛方法となっています。

    < まとめ >

  • レーザー脱毛はムダ毛の中のメラニン色素に反応するレーザーを活用した脱毛方法
  • レーザー脱毛と光脱毛のメカニズムは共通している
  • レーザー脱毛と光脱毛の大きな違いは出力にある
  • レーザー脱毛のメリットは、脱毛効果の高さ、安全性、永久脱毛が可能といった点にある
  • レーザー脱毛のデメリットには、痛みの強さ、施術不可の場合がある点、料金の高さなどがある

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)