脱毛当日、自己処理忘れたらどうなる?



脱毛施術を受ける場合、事前のカウンセリングなどで「施術予定日の前日までにシェービングを行っておいて下さいね」と指導されます。

この事前処理ですが、ただ単純に自己処理しておけばOKというものではなく、いくつか注意すべきポイントがあります。当日に自己処理を忘れたり、正しい方法でムダ毛を処理していなかったりすると、施術自体が受けられない場合もあります。

そこで今回は、脱毛前の自己処理について考えていきたいと思います。


脱毛、自己処理が必要な理由



「どうせ脱毛してムダ毛が抜けるようにするのに、なぜ自己処理する必要があるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、サロン側から自己処理をするよう求められるのには理由があります。


脱毛サロンやエステで主に行われているフラッシュ脱毛は、体毛に含まれるメラニン色素に反応する波長をもつ光を当て、毛根になる体毛の発生源である毛母細胞を破壊することで、ムダ毛の生え変わりを抑制するという仕組みになっています。

フラッシュ脱毛では、毛母細胞を破壊するのはメラニン色素と光の波長が作用した際に発生する熱エネルギーとなるのですが、メラニン色素の量が多ければ多いほど、理論上熱エネルギーの量も大きくなります。


しかし、このメラニン色素は体毛全体に含まれているため、ムダ毛が長いままフラッシュ脱毛を行ってしまうと、表皮の上に出ている体毛にまで不必要なほどの熱エネルギーが発生してしまい、ムダ毛が焼けてやけどを負う、皮膚や毛穴がダメージを受けるなどの恐れがあります。

また、本来の目的である「毛根部分にある毛母細胞を破壊する」という効果も表れにくくなると言われ、これらのリスクを回避するためにも、適切な事前処理を行っておく必要があるのです。


フラッシュ脱毛で十分な効果を得るためには、施術日当日にムダ毛を2mm以下の状態にしておくことが望ましいとされています。そのため、脱毛サロンで施術を受ける場合には、前日までに自己処理しておくよう指導されるのです。

<関連記事>
Iライン脱毛、施術前に必要な準備って?

自己処理の際の注意点

なお、脱毛サロンのカウンセリング時などに、自己処理は顔用電気シェーバーなどで行うよう勧められると思います。ここで気をつけたいのが、毛抜きなどを使って抜毛するのはNGだということです。

前述の通り、フラッシュ脱毛はムダ毛の中のメラニン色素と光の波長を作用させることで可能となります。つまり、毛を抜いて処理してしまうと、いくらフラッシュを照射しても反応すべきメラニン色素がないため無駄になってしまうという訳です。

事前処理をする場合は、スタッフや施術者から指導された通りのやり方で行うよう心掛けましょう。


脱毛当日、自己処理を忘れたらどうなる?


処理を忘れた場合

自己処理を忘れてサロンに来店してしまった場合、その回の施術を諦めなければならないケースもあります。

自己処理を忘れた場合の対応はお店によって異なりますが、処理自体を忘れていた場合、大半のサロンで施術を断られると考えて間違いありません。ただ断られるだけならまだしも、サロンによっては「施術を受けていないにも関わらず回数を消化されてしまった……」なんてこともあり得ますので、重々気をつけましょう。

<関連記事>
Vライン脱毛、何回コースがおすすめ?

剃り残しがあった場合

また、事前処理をしていた場合も、お店によってはちょっとした剃り残しでも施術NGとされてしまうことがあります。剃り残しに対する施術可否の線引きはサロンによって異なりますので、初回カウンセリング時などに確認しておく方が良いでしょう。


脱毛サロンに出かけたにもかかわらず、事前処理に問題があるからと施術を断られてしまうなんて、想像しただけで悲しい気持ちになってしまいますよね。

お店を訪れたのに何もせずに帰宅するなんて最悪の事態を防ぐためにも、事前処理は丁寧かつ慎重に行っておくようにしましょう。

シェーバー持参するのが安心!

また、おすすめなのが脱毛施術当日にサロンへ顔用シェーバーを持参しておくということです。顔用シェーバーはエステやサロンのスタッフが事前処理に推奨するツールですし、小型のものが多いので携帯するのも楽です。

顔用シェーバーを持参しておけば「事前処理を忘れていた」「処理をしていたけれどそり残しを指摘された」なんて時も、焦らずに対処することができますよ。

<関連記事>
全身脱毛の料金と回数について


シェービングサービスがあるサロンも



実は、一昔前までは脱毛施術前のシェービングはお店側で行うのが普通とされていました。しかし、最近はこれらの事前処理を顧客に任せて省くことで、料金を下げてサービスを提供しているお店がほとんどです。

加えて、現在は刃物を使用した除毛は、理容免許を所持するスタッフでなければ行ってはならないとされているため、事前処理自体を一切行っていないというサロンも増えてきています。


こういったお店の場合は、少しの剃り残しがあるだけでも施術を断られることが多いため注意が必要です。

ただ、サロンによっては有料のシェービングサービスを行っている場合もあります。自己処理に自信がない方などは、こういったサービスを提供しているお店を選ぶのも一つの手かもしれませんね。


しかしながら、シェービングサービスがあるサロンの多くは、背中など自己処理が難しい部位のみ対応可能としていたり、剃り残しがあった場合のみ有料でシェービングを行うといったスタンスとなっています。

事前処理については、どんなサロンでも意外に融通が利かない場合が多いので、不安な方はカウンセリング時などにしっかりと確認しておくことをおすすめします。

■【各サロン別】シェービングサービス・剃り残しの対応について

シェービングサービス 剃り残しの対応
ミュゼ 部位による 自己処理が難しい背中、襟足、ヒップ奥のみ、
無料で対応してくれます。
このほか、剃り残しがあった場合は、
その部位を避けるか、お手入れNGとなります。
キレイモ あり 剃り残しがあった場合、
パックプランの場合は無料ですが、
月額プランの場合はシェービング代1,000円がかかります。
ジェイエステ あり(基本は無し) 剃り残しがあった場合は無料で対応してくれます。
脱毛ラボ 有料 剃り残しがある場合は
シェービング代1,000円がかかります。
顔・VIOの場合はさらに500円がかかります。
エピレ なし 剃り残しがあっても店側でシェービングは
してくれません。シェーバー(3,000円)を購入して
自分で処理する形になります。
シースリー 無料 剃り残しがある場合は無料で行ってくれます。
ただし、襟足、背中、IOラインはシェーバーを
持参する必要があります。

ちなみに、悪質なお店になるとしっかりと自己処理できているにもかかわらず「剃り残しがありますね」と勝手にシェービングをはじめ、不必要なシェービング料金を請求するというケースもあるようです。

こういった手口に引っかからないためにも、事前処理は丁寧に行い、施術を受けるのに万全な状態を整えておくことが大切です。

    < まとめ >

  • ムダ毛が長いまま脱毛施術を受けると、火傷などの肌トラブルに遭う危険性がある
  • 脱毛前の事前処理では、ムダ毛を2mm程度にしておくことが望ましい
  • 事前処理が十分でない場合、脱毛施術自体を断られるケースが多いので要注意
  • 施術当日は万が一に備え、顔用シェーバーを持参しておくと安心
  • 自己処理に自信がない場合は、シェービングサービスのあるお店を選ぶのも一つの手


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)